異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

星空撮影の場所考察・横になった天の川をパノラマで撮影したい。

1月24日今日は除夕です。日本で言うところの大晦日というやつです。ということで今日から春節休みです。
そして明日は春節です。
ということで。。。。

春节年年过,年年都热闹,年岁月月增,岁岁都精彩
年年好运常相伴,岁岁平安喜事漆;
祝您鼠年,幸福美满!健健康康!开开心心!快愉快乐!

ととりあえず書いておきます。

2020-01-20

さて、話は少し戻ります。この時はまだ武漢の肺炎の件はそこまでパンデミックしてなかったので。。。。
中国で知り合った撮影仲間が春節に富士山に行って星を撮ると話していたので、わたしも平年より少し早いですが、動くことにします。
私はその日は曇りだから止めておけと言ったのですが、まあ天気はわかりませんからね。
どうしてもいくというので、私もその情熱にちょっと当てられました。


星が見れるか見れないかはわかりませんが、まずは行かないと絶対見られませんからね。


この時期天の川は明け方に出てくる感じですね。日本だと日の出の後ぐらいから出てくる感じでしょうか???
夏の天の川、夏は暗くなるのも遅い時間ですが、その時間帯になると天の川自体が既に少し立った感じになっています。
今回は横になっている天の川を撮影したいと考えています。
申し込んだのはこれ↓



滝は完全に凍っている可能性があるそうです。

撮影場所の考察

春節の大移動は避けたいので最初近間を考えていましたが、近間で晴れの予想がある場所が皆無です。
仕方ないので、晴れそうな場所を探します。
西にいけば行くほど日の出時間は遅くなります。南に行けば天の川が出る時間が早くなります。
ということで西南に行けばよいということになるのですが、最初雲南を考えていました。でもここ何回か行ったことあるんですよね。
また肝心な天気がいまいちな感じです。
内モンゴルは、北すぎです。そして寒い。。。
なかなか良い場所が見つからない(晴れそうな場所がない)中。。。寧夏、陕西ぐらいならなんとか行けそうな感じでした。
ということで調べてみました。


実際の場所で微調整が必要かと思いますが、イベントとしては以下のような感じになります。
PlanitProアプリで調べたところ日の出時間はだいたい以下になります。
上海=6:51
西安=7:48
上海と西安でだいたい日の出時間が一時間違いますね。ただ日の出前大体一時間ぐらいから明るくなり始めますので、その分を考慮に入れル必要があります。
確認してみました

2020-01-28 朝方のイベント

雨岔大峡谷=陕西省延安市甘泉县盆
36°16'40" 109°20'59"

5:36分;銀河の中心出
6:18分;夜終了
7:20~7:32;ブルーアワー
7:49分;日の出

2020-01-29 朝方のイベント

波浪谷=陕西省榆林市靖边县
37°35’46” 108°48‘20“

5:32分;銀河の中心出
6:17分;銀河の中心が20度
6:17分;夜終了
7:09~7:31;ブルーアワー
7:48分;日の出

確認してみた結果。。。。天の川中心が出てからだいたい30分~40分で夜終了になってしまいます。
30分の勝負になってしまいますがこれだけあればなんとか。。。いけますかね。。
時間があればオリオン座、ちゃんと撮りたいかなとも思います。


申込みはしましたが、武漢の肺炎の件があって、直前までちょっとどうなるかわかりません。突然中止とかもあり得るかもしれませんね。