異邦人になってみた~~上海生活写真ブログ

中国上海市在住です。休日は星空(天の川)撮影やポートレート撮影等、連休時はカメラを持って中国各地を旅行してます。最近は内モンゴル自治区によく行っています。

 このブログについて(about)
  中国旅行/観光/写真記事一覧(省別)

ようやく写真の4K,10Bit表示ができました。10Bitになったことによる問題点

2019-12-20
週末です。ようやく4K&10bit階調の表示環境が整いました。

PCで4K&10bit階調

10bitカラーを表示するためにはハード側とソフト側両方の対応が必要です。
・PCとDisplayの接続方式が10Bit対応している
・Displayが10bitカラーに対応している。
・GPUが10bitカラーに対応している。
・Softwareが10bitカラーに対応している。

一応全ての環境が整ったので、早速表示してみました。

PCとディスプレイの接続

HDMIは1.3以降だったり1.4以降だったり、ハード側で対応しているか見る必要があります。PC、ディスプレイ側を調べる必要があります。
私の4KディスプレイViewSonicVP2785-4Kは10Bit対応しています。
また説明書では4K表示は以下の接続でできるとあります。
・USB-C コネクターまたは Mini DisplayPort コネクター 最大 3840 x 2160 ピクセル/60 Hz
・HDMI コネクター 最大 3840 x 2160 ピクセル/60 Hz

とりあえず一番無難なDisplayPortでPCとディスプレイを接続します。

Nvidia グラフィックカード

GeforceGTX1050以上は10Bitカラーに対応しています。
私のはGeforceGTX1650、安めのグラボですが、標準のドライバではなくStdioドライバをダウンロード、インストールします。
その後にNvidiaのコントロールパネルから出力色の深度を10bitに設定します。

※これを8bitのままにすると、10Bit階調で表示されません。

そして実際に10Bitカラー表示するにはアプリ側の対応も必要で、対応アプリで開く必要があります。

ちなみに既存のJPGを開いても多分だめです。

Photo shop設定画面

続いてはPhotoshopの設定画面で、30bitディスプレイにチェックを入れます。
f:id:shan1tian2:20191215231737p:plain



これで設定上は10Bit階調表示になったと思います。


10bit階調表示を試す。

まずは8bit階調、僅かではありますが、グラデーションのぐるぐるが見えています。


続いては10bit階調完全なグラデーションになりました。



最後は実際に写真を見てみました。27インチのディスプレイはなかなか良いですね。でもちょっと大きいかも。。


8Bitの時との違いですが、8-10の表示を切り替えると、変わったと分かりますが、そのままだとわからないですねw.


10Bitになったことによる問題点

その後、この環境を使っていくうちにいくつか問題点というか困ったことが発生しました。

JPGと色表現の違いに悩まされる。

Photoshopでレタッチした写真ですが、PS自体は16Bitモードで編集しています。そしてこのディスプレイでレタッチした感じは良い感じでしたが、JPGにすると暗い部分が真っ暗に。。。
こういうことが頻繁に起きてしまいます。これ調整難しいですよね。
後は色領域も違うので普通のPCでみたら、なんか暗くて、地味めな写真になったり。。それを考慮すると逆にきつすぎたり。。。。
なんか知らなければ幸せなままでいられたのに。。。

100%表示だとものすごく字が小さい。

100%表示にすると字が小さすぎて、視力が悪い私にはちょっと字が読目ません。ということでディスプレイの拡大と縮小で200%にすると今度はPhotoshopなどの画像が。。。なんかとても荒くて逆に劣化したように見えます。
このせいもあってか、階調のカブリなんかがものすごく露骨に見えてしまってます。やっぱレタッチは100%でやったほうが良いみたいですね。



ということで、とりあえず書きましたが、また何かあったら追加していこうと思います。