異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

青海省西寧でツアーは解散。ここからは一人旅。中国西北一網打尽旅行(20)

2017-08-25
游侠客の西北撮影ツアー6泊7日に参加しました。
蘭州-張掖-祁连-青海湖-茶卡盐湖-西宁と撮影しながら旅をするツアーです。
前回まででツアーは終了してここからは単独で行動です。

www.sonnagaya.com


ツアーは西寧解散しましたが、私はここから蘭州に行かなければなりません。
なんでそうしたからかといいますと、西寧-上海便の飛行機が高いからです。
一緒に降りた上海から来ている若めのおばさん2人と近くの蘭州ラーメンを食べます。

ここでこの二人とは別れます。この二人は明日西寧のタール寺に行くようですが、私は観光した事があるので。。。。

2017年の西寧駅からの景色

一年前の西寧の記事です。(2015-05)

www.sonnagaya.com
www.sonnagaya.com

青海省西寧(Xining )

中国語を無理やりカタカナにすると「シーニン」と呼びます。
青海省の省都というだけあってとても都会です。人口は2016年の時点で230万人だそうです。


時間はまだ3時間弱ありますが、どうしようかと思いつつ、とりあえず蘭州の予約したホテルに電話して、空港まで迎えに来てくれるかを確認します。
ホテル側は空港に着いてから出発5番出口に着いたら連絡してくれとのことです。


西寧から蘭州西のチケットは取ってありましたが、蘭州西から中川空港までのチケットをCtrip(携程)で取得します。
Ctrip(携程)で取得すると10元余計に取られます。18.5元のチケットが28.5元になります。
100元以上のチケットならまだしも、なんかとても損した感じがします。

西寧火車駅


1年前はここからチベットのラサに青藏鉄道で行きましたが、今回は蘭州までの戻りです。
ちなみに2月に张掖から蘭州までの高速鉄道でも西寧駅で停車、通過しています。いろいろと中継地点になっていますね。
西寧火車駅の售票区へ行き、チケットを取得します。中国人であれば身分証だけで自動取得できますが、
外国人は窓口に並ぶ必要があります。これがまた長い。この日はめっちゃ混んでいました。
大体40分ぐらい並びました。というのもチケットを買う人もいるので一人ひとりが長いです。
今日が無かったら、違う時間、違う日。。。違う場所と。。。永遠と問い合わせしている人がいます。。。
自分で事前に調べろよと思ってしまいますが。。。。というか私は事前に調べていたのでこの時間チケットは皆売り切れているよと思いつつ。。


そうこうしていると、私のところに変なおっさんが紙を見せてきます。どういう事か聞いてみると。。
前に入れてほしいという事のようです。

あほか。。。

どうやら私の手前までは入れてくれたようですが、私は拒否しました。皆並んでいるんだから。。。
無事にチケットは手に入りましたが、蘭州西から中川空港までの切符はこの駅ではないので5元手数料がかかります。
でも蘭州西でもう一度並ぶのが嫌だったので仕方ありませんね。。


結局駅に入れたのは5時過ぎです。結構時間がかかりました。
とりあえず会社にお土産を買います。
そして

西寧から蘭州西までは約1時間強です。
蘭州西に到着して、乗り継ぎ出来るのかと思いましたが、どうも一端外に出るしかないようです。

外に出てもう一度入場します。
蘭州西駅というか西寧の駅もそうでしたが、中国の駅ってみんな形が同じですね。。
蘭州西駅から中川空港までは約一時間かかります。

到着したのは大体21:00です。
ホテルに電話して迎えに来るように連絡します。ナンバーの末尾148の来るまで迎えに来るそうです。
今回のホテルは以前、1カ月宿泊したことがある泰华宾馆です。
車を待っていると149の車が人を探しているようでした。。しかし聞いたのは148です。
まさか聞き間違いじゃないだろうな。。。。さすがに8(バー)と9(ジュウ)は聞き間違わないだろうと思っていたら、148がやってきました。
私だけかと思ったら、もう一人乗せるようです。乗ってきたのは美女でした。。


雨が降っていましたが、空港からは車で5分で到着します。

蘭州泰華賓館

フロントに到着すると、このホテル。。。とても懐かしい感じがします。
このホテルは以前出張で1ヶ月宿泊したことがあります。初めて行く人は場所が分かりにくいかもですね。
www.sonnagaya.com

ホテル情報:

兰州新区泰华宾馆

このホテル部屋はとても広くて綺麗です。料金も230元/泊ぐらいなので気に入っています。
しいて言えば近くに食べ物屋さんがもっとあればよいのですが。。。


部屋に入って荷物を纏めていて気付きます。あれ。。。傘が無いぞ。。。どこで忘れたんだ?バスの中?
最後に使ったのは茶卡盐湖ですが、それだったら旅行仲間が見つけてくれるはずだが。。。。
結局見つかりませんでした。。


夜遅いですが、腹が減ったので食事に行きます。これも以前に来た事のあるお店です。
面片と羊肉串を注文しました。

羊肉串は最低単位が10本だったので10本にしました。。。



次の日、朝7:30の飛行機で上海に戻ります。
西安に行っていたら西安を一日見てから返ってもよかったのですが。。。西寧ー西安の高速鉄道が無いと思っていたので。。
まあこれは仕方ないですね。



という事で西北ツアー旅行は終わりました。。Wechatのグループチャットでは盛んに写真の交換が行われているようです。。