異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

石潭村35mmレンズで天の川撮影-安徽省「石潭春撮」皖南花開・新安江と石潭撮影旅行(6)

2019-04-6 天の川撮影

石潭村で夕日を撮影しました。綺麗でしたね。前回の記事はこちらです。

www.sonnagaya.com


山を降りて夕食を食べて、待ちます。もともとこのツアーには星の撮影が組み込まれれいません。
撮影できるかもわからないということもあったのでしょうね。

夕食から帰る道で夜空を見上げると、星はいくつか見えています。
今の所雲も無いようです。撮影するかしないかの情報を私に出せとグループチャットで言ってきます。
この日天の川が見られるとすれば午前1時ぐらいから上ってくる感じです。
ガイドさんは1時に展望台に集合といいますが、果たして何人集まるのでしょうかね。

オリオン座を試す。

大体21時ぐらいでしょうかね。
やはり蠍座を撮りたかったのですが、上の3つは見えているのですが、肝心なアンタレスは隠れて見えません。
反対側のオリオン座を探してみました。この時期のこの時間まだオリオン座は見えています。大体22時ぐらい?で地平線に隠れてしまいます。

ちゃんと固定するために最近買ったブラケットを取り付けた赤道儀をセットして持っていきますが、135mmのレンズが重すぎるのかすぎるのか、ズレます。
螺子が緩んでいる場所を固く閉めないと同しようもないようですが。。。。工具を持ってきてなかったので、どうしようもありません。
赤道儀を外そうにも雲体側の接続用螺子が外れなくて。。そのまま固定撮影するしかなさそうです。最悪です。。。


2019-04-7 引き続き天の川撮影

諦めて一旦宿に戻ります。
目覚ましを0時にセットして、しばらく仮眠をすることにしました。
目覚ましがなる前に起きました。。。空は相変わらずです。上の方は晴れていますが、山の上の方は霧なのかはっきりしません。
やっぱり駄目なんですかね。。。とりあえず展望台に行ってみます。


展望台までは真っ暗です。この場所、環境が相当良いですね。普通よくある遠くの光害も肉眼では全くありません。
しかし下の方はやはり曇ってます。蠍座は見えているので蠍座でも撮影できればよかったのですが。。。。
霧が晴れてくれることを祈るしかありませんね。

天の川撮影

1時になり、ガイドさんたちがやってきました。私が既にいることに驚いてましたが。。。
状況を確認されます。天の川はあの木星の下にあると話しますが、木星が見え隠れしているので、あそこにはまだ雲があると。。。。
今は天の川が寝ている。水平状態なので全く見えないと伝えます。


南は駄目なのですが、北側が晴れているので、先に星の軌跡を撮りたいということで、北に向けて、カメラを向けるように言います。
ガイドさんはどれが北極星だと聞いてきますwwwそれあんたの仕事じゃないのかwww

希望薄のまま2時半近くになります。
南側で頑張っているガイドさん。。。。雲にほとんど隠れていますが、写真に寝ている天の川が写ってます。私に確認をしてきます。
本当に写ってました。南の空。。。どうやらだんだん晴れていくようです。
私は星の軌跡撮影を止めて、南側にカメラを向けます。残念ながらこの日の最大広角が35mm(SIGMA Art)ということで。。。500の法則からすると14.2秒。。。
赤道儀使うつもりだったからあんま考えずに35mmと135mmにしたのですが、しくじりました。。
ISOを2500まで上げてF1.6でシャッターを20Sにします。拡大すると流れているのわかっちゃいますが。。。まあ仕方ありませんね。
いろいろ問題は有りましたが、とりあえず撮影開始です。

山の下には雲海が形成されています。グループチャットに早速天の川撮影したい人はおいでと声をかけます。

画角35mmの天の川

肉眼でも白い雲のように天の川が夜空に見えています。これほど綺麗な天の川は、本当に久しぶりに見ました。

35mmだと天の川が割と大きめに映るので、壮大さは少し失われますが、広角よりも迫力がありますね。こういう画角も良いかもしれません。

youtu.be

タイムラプスを続けたかったのですが、天の川が立って来ます。。画角の問題で入り切らなくなると考えて、一旦中断して、α7の撮影をやめ、EOS6Dにカメラ変更し、画角を縦にしました。
縦にしましたが、今度は軸がズレていくのでもう一度、中心に戻し直します。
これ最初から計算しておけばよかったですね。

撮っているときは全然わからなかったのですが、タイムラプスで見ると、流れ星が多いのと、雲海が本当の海の方に波打っているのが、凄いなと思いました。

youtu.be
※今回のタイムラプスはSiriusCompを利用して作成しています。


個人的にですが、
天の川はギラギラしたやつよりもホワ~~とした薄い感じのほうが好きです。
以前はギラつかせようとしていましたが、大画面で見ると汚い感じがするので。。。。




5時近くになるとこの露出ではもう明るすぎますね。天の川自体もだんだん薄くなってきます。次第に空も明るくなってきます。
このまま朝日撮影と行きたいところですが、さっきまで暖かかったのに急に冷え込んでガクブルです。
ガイドさんは朝日撮影舞台に声をかけ撮影場所の変更を伝えていました。ここでそのまま朝日を撮るようです。
耐えられないので、私は帰って寝ることにします。後から思えば我慢しておけばよかったと思いましたが、そんなもんですよね。



ガイドさんたちはそのまま朝日撮影まで継続したようです。
朝はすごい綺麗な雲海が見られたようです。そのころ私は爆睡でしたが。。。。



寝て起きると。朝日が綺麗でした。


この夜は久しぶりに最高の夜でしたね。。。。続く