異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

新安江の朝とドローン撮影-安徽省「石潭春撮」皖南花開・新安江と石潭撮影旅行(3)

2019-04-6 安徽省黄山市歙県

石潭撮影旅行に参加しています。前回の記事では歙県で星の撮影にチャレンジしました。

www.sonnagaya.com


結果は残念でしたが。。

新安江の朝とドローン撮影

2日目、朝4:30に起きて、ガイドさんに連れられ、撮影場所に向かいます。展望台は一般の観光客が多く来るので、
我々の撮影場所は游侠客のルート調査隊が良い撮影場所を探した結果、今から行く場所になったようです。
こういうのは撮影ツアーならではですよね。

この時間。。。周りは霧で殆ど見えません。何やら山道を登っていきます。


日の出はだいたい6:30前後です。28人撮影場所で待ち構えますが。。。。どうやら日の出はなさそうですね。
時間になっても太陽は霧の中。。。残念でした。


引き続き残る人もいるようですが、私はさっさと撤退することにします。途中で茶摘みの地元のおばあちゃんとすれ違います。
こういう人たちは普通語わかりにくいんですが、このおばあちゃんは結構普通にわかりました。ついでに何時ぐらいに霧が晴れるのかを聞いてみました。
このおばあちゃんは8時ぐらいには晴れると言いますが。。。私達の出発が、8時半出発ということで諦めました。

道まで出て来ると、霧が少し晴れているといいましょうか、川が見えます。

ということでドローンを飛ばしてみることにします。霧の中飛ばすのは少し心配でしたが、まあ飛ばしてみます。
飛ばしてしばらくすると。。。赤外線センサー異常のアナウンスが。。。。やばいと思って戻しますが、自動帰還もできない状態です。カメラも駄目です。。。
マジカ。。。。お亡くなりになったのか??慌てて手動で戻します。。。
下ろしてみてわかりましたが、本体に水滴が。。。。レンズも水滴がいっぱいです。やっぱ霧のときは飛ばしてはいけませんね。
一旦下ろして再起動すると全てのステータスが正常に戻りました。ホッとしました。

続いて川の付近の展望台まで行ってみます。近いと言われましたが、結構歩きました。やはり霧であまり見えませんね。
でもこういう水墨画みたいな霧の中の写真。。。中国の人は好きですね。

ここは一般の観光客も来る場所で人がたくさんいます。
橋を渡ります。

橋の下では魚を捕るおばちゃんがいました。

戻ってから朝食を食べることにしますが、もう混雑しまくりです。
一人で店をやっている人が多くて、割り込む人も多くて、やっとの事で豆花と包子を購入することができました。

どこからか情報を聞いたのか、結局9:30まで撮影することになったようです。
時間少し時間があったので眠り、8:00に目覚ましをかけました。カーテンを空けてみると太陽が。。。。
あのおばあちゃんのいう事正しかったんですね。。

とりあえず荷物をまとめて、ドローンだけ持って外に出て飛ばすことにします。


パノラマ撮影です。





帰ってきたガイドさんがドローンは飛ばしたのか?と聞いてきます。今ここで飛ばしていると答えます。
それにしてもこの人達。。。元気ですね。
ドローンからは素晴らしい景色が見れます。まあとりあえずこれで満足します。

ということで新安江の朝とドローン撮影でした。

以下は同じツアーの人が撮った写真です。

彼らは霧が晴れるまで待った甲斐があったようです。



雰囲気出てますね。

続く。。。