異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ61-62話



中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看


61話 明玉

沉壁は太后の寵愛を受けたことにより璎珞は冷遇されます。璎珞にもう来なくて良いと命令します。
明玉は海兰察に嫁ぐことを拒否して結納品も全部返却してしまいます。
海兰察は明玉に説明を求めますが明玉は璎珞の助けになると思って近寄ったと嘘を付きます。
そしてもうあなたを使う必要がなくなったと話し出します。

皇后は内务府に安置されていた事を自ら調整することにします。その琴に永璂がぶつかってしまい。大声を上げ叱ります。

明玉は結局海兰察に嫁ぐことを同意します。傅恒は海兰察に家を送ります。
傅恒は璎珞との思い出にふけっている時、沉壁が突然現れ、当時自分を助けたお礼を言います。

明玉は花嫁衣装に着替えます。璎珞が道具をすべて揃えました。
しかし次の日明玉は自害してしまいます。

璎珞は大打撃を受けます。
海兰察もそれを知り、すぐに延禧宫に行きます。
璎珞は部屋を締め切って海兰察を中に入れません。皇帝がやってきて海兰察を連れ帰ります。

沉壁は皇帝に针の話。。真相を告げます。
皇帝は叶天士を呼び海兰察に話をします。
そして皇帝は璎珞は多分もう理由をわかっているだろうと話します。

璎珞が落ち込んで一人长春宫で掃除をしていました。傅恒は居場所を察したか长春宫に行き、璎珞を慰めます。
沉壁の計略で、一歩遅れて到着した皇帝はその現場を見てそのまま立ち去ります。

沉壁はさらに故意に皇帝に傅恒と同じデザインのをプレゼントします。そして傅恒と魏璎は同じ模様のものを使用していると言います。
皇帝はこれを聞いて怒り、沉壁を出て行かせます。



62話 冷遇

小全子は璎珞に明玉が無くなる前に沉壁と会っていたことを話します。璎珞は明玉の死に沉壁が関係しているのではないかと雨の中皇帝を訪ねます。

李玉は皇帝は璎珞にあいたくないのを知っていたので、璎珞を皇帝に合わせません。
それでも李玉に頼む璎珞、しかし皇帝は会おうとしません。

璎珞は諦めて直接沉壁のところに行き明玉の話をします。沉壁は自分が自害を勧めたと話します。これで明玉が亡くなった原因がわかりました。
璎珞は沉壁が明玉に自害を勧めたことを怒ります。沉壁はハサミを璎珞に渡し、死を求めます。二人が引っ張り合っている間に、璎珞の握っているハサミが沉壁を刺します。
ちょうど太后がやってきて、璎珞を連れ去り、皇帝に厳罰を与えるように言います。

皇帝は沉壁を訪ね沉壁にどうしてほしいと話し、皇后は皇帝の話を遮り、璎珞は故意にやったわけではないと言い、沉壁も厳罰をのそまなかったので、皇帝は璎珞を延禧宫に軟禁することにします。
皇后は沉壁と手を組んで更に璎珞を陥れようとします。

璎珞はその間、病気になってしまいますが、誰も看病してくれる人はいません。

袁春望が璎珞を訪ね、これからは小全子が面倒を見るといいます。更に食事はお粥のみになります。
小全子の聞いた話によると纳兰淳雪と庆贵人は沉壁を訪ね璎珞の話をすると怒って纳兰淳雪を追い出したそうです。
そして庆贵人に彼女は元々璎珞を殺害するつもりはなかったと言います。

沉壁は故意に傅恒の前で璎珞の今の境遇を伝え、傅恒に璎珞を連れて宮廷から逃げるように勧めます。
傅恒は少し心を動かされますが、沉壁の話には乗りません。

璎珞は床に伏しています。小全子は耐えきれなくなり水を与えようとしますが、袁春望が出てきてそれを阻止します。
袁春望は璎珞に許しを請うてほしいようです。
わかっているはずだと話しますが、魏璎は死んでもあなたに許しを請うことはないと言います。

感想

これまでで一番のピンチです。しかも明玉も既におらず、守ってくれる人はだれもいません。
袁春望は元々そうでしたが、璎珞にものすごく執着しています。58話の绣房の宮女の件もそうでしたが、少し気が触れている感じがしますね。
私はだんだん沉壁の顔が悪い妖怪のように見えてきました。