異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ63-64話


中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看


これまでの妃編を振り返っていきます。


42-52 魏璎珞VS嘉嫔+愉妃+纯贵妃
ずっと魏璎珞のターンが続いている中、それまで寵愛中だった纯贵妃は気分がよくありません。
纯贵妃は璎珞を他の妃を使って陥れようとしますが、愉妃の裏切りにあってしまいます。
璎珞の勝利

54-55 魏璎珞VS皇后(娴妃)
皇后は琥珀をけしかけ魏璎珞に尔晴を前皇后の仇の一人だと知らせ、自らは漁夫の利を得ます。
更に袁春望を利用し、避妊薬の件を皇帝に暴露させ、璎珞は完全に寵愛を失います。
璎珞の敗北

56-58 皇后(娴妃)VS大后
璎珞を追い落とした皇后は、最後の目の上のコブである大后を陥れようと考え、皇帝の出生についての手紙を使います。
大后は皇后は図に乗りすぎていると考え、璎珞を担ぎ上げて対抗しようと考えます。
大后の勝利

58-64 魏璎珞(令妃)VS沉壁(顺嫔)
はじめ魏璎珞は沉壁を助けますが、沉壁は元々復讐のために璎珞に近づいていました。
後ろ盾の大后が沉壁をかばい、沉壁は皇后と結託して璎珞を追い落とそうとします。
璎珞の勝利

ここまで長かったです。いろいろと手を組んだり、裏切ったり、皇后と、大后の関係よくわかりません。
皇后はあれほどひどいことをしたのに、終わってからは普通に話していますね。

63話 駆落

袁春望が急いで璎珞を始末しようとしているとして皇后は少し抑えるように話します。
珍儿は袁春望に目線を送り、袁春望に対して皇后に謝れと。。
袁春望は跪いて皇后に誤ります。

李玉は皇帝に璎珞の病状を説明します。璎珞は胃の病気のようです。
沉壁は璎珞を訪ね、璎珞に宮廷から逃げるように勧めます。
璎珞はとっくにおの皇宮での日々に嫌気が差しているので、沉壁の助けの元、逃げようと考えます。

皇后は逐一璎珞の動向を観察していました。沉壁が璎珞を見に行き、その後璎珞は無事だったと。。。
皇后は沉壁が璎珞を亡き者にして自分のせいにするのではないかと考えているようです。

皇后の侍女珍儿は今年で30です。規定では25で宮廷を出て嫁ぐのですが、珍儿は袁春望に興味を持ったようで、自ら袁春望に求婚します。

海兰察は明玉の死で、やる気を無くしていました。酔っ払っているところを皇帝の命で連れてこられます。
皇帝は海兰察を目覚めさせるため、もう宮廷においておけないと話します。そして辺境の戦地に行かせることにします。
海兰察は目覚め再びやる気を取り戻しました。
傅恒が入ってきます。沉壁が自分と璎珞を連れて逃げるように計画していることを話そうとしましたがやめます。
皇帝は海兰察に傅恒の記憶力について確認します。。。これは昨日と同じ話を傅恒がしたからです。何かあると思ったのかもしれません。
さらに海兰察にもう一つ調べごとを依頼します。


沉壁は皇帝に知らせを送り、傅恒と魏璎が駆け落ちすると言う知らせを伝えます。
この話は皇后も知っていて、次の日皇后は袁春望に宮廷外に運ぶ水桶を全て調査させます。

皇帝はその桶を自ら開かず、李玉に開かせます。中から出てきたのは小全子です。そして皇帝に事情を説明します。
自分は璎珞の腹心であり、璎珞は誰かが自分を陥れようとしているとして、自分をこの桶に入れ、犯人をおびき出すつもりだったと話します。
皇帝は璎珞を呼びますが、璎珞はその場で隠れていたようです。すぐにやってきます。そして沉壁が自分を陥れようとしたと話します。
傅恒もやってきます。そして皇帝に沉壁が璎珞を連れて駆け落ちするように私をそそのかしたと話します。
沉壁は傅恒は命の恩人だと言い、彼を陥れるようなことはしないと、いろいろ言い訳しますが、傅恒もなぜ沉壁が恩人を傷つけるのか知りたいと話します。
そしてその理由がわかります。皇帝は裏で沉壁のことを海兰察に調べさせていました。
沉壁は外で結婚したことがあり、子供も生んでいまいた。
外族の王が絶世の美女を駒として使わない手はないと考え、皇帝に送ったようです。そしてその子供は亡くなってしまいました。
自害しようとした沉壁を傅恒が助けたようです。
沉壁は皇帝が寵愛し、傅恒が思っている璎珞を傷つけ両方に対して復讐しようと考えたようです。



64話 和解

沉壁は皇帝を狙い簪で刺そうとしますが、傅恒が阻止します。
皇帝は沉壁を冷宫に閉じ込めるように命令します。
そして皇帝は璎珞を呼び、話をします。
你什么时候知道的→いつ知ったんだ?
皇上什么时候知道的→皇帝はいつ知ったんだ
問答が繰り返されます。
皇帝は璎珞は沉壁が怪しいと知りながらその罠にわざと入ったんだろうと。。。
璎珞は皇帝は沉壁が怪しいと知りながら止めずに自分(璎珞)がどう行動するか確かめたかったんだろうと。。。
そこからはお互いの言い合いになります。
話の途中で璎珞は体調が悪くなり咳き込みます。皇帝はすぐに医者を呼ぶように話します。
そこで太后から呼ばれます。璎珞はやばいと思い皇帝に助けてくれと頼みます。
太后は沉壁が和安公主の生まれ変わりだと嘘をついていた璎珞を許そうとしません。
皇帝も助けに入りますが、璎珞は倒れてしまいます。
叶天士が脈を測ると、璎珞は妊娠していました。

太后は複雑な気持ちです、これでは処分できませんが、妊娠は喜ばしいことです。
皇帝は璎珞が黙っていたことを不満に思いますが、璎珞は軟禁中に食事を断たれて危うく子供が死にそうだったと話します。
皇帝は食事を断てと入っていないと、命令したものを処分するようにしますが、知らなかったのではないかと逆に璎珞に問います。
璎珞は軟禁中に知ったと話します。
そして男がほしいといいます。なぜなら女であればまた子供を産まなければならないと。。。。
そして女性は愛する人のために子供を生むと。。ここで初めて皇帝への思いを話します。

皇后のところに李玉がやってきて袁春望を捉えに来ます。
袁春望は璎珞は胃の病気でお粥しか食べられなかったと言い訳しますが、妊娠していることを話され、万事休すです。
そして関わったもの(太医など)は全て逃げられないと言い連れて行きます。

皇后は李玉がここまで来たのは皇帝が自分に対して警告を与えたと考えています。
袁春望を助けてくれという珍儿ですが、皇后もどうしようもありません。

棒たたき200回の罰を受ける袁春望。。。そこに小全子がやってきて、全てを話します。
璎珞は小全子を使いに出し袁春望に今回はこれで許すが、これからはお互いに貸し借りなしだと話します。
袁春望はこれに対して「做梦」といい同意しませんが。。。。

小全子:娘娘一叫我 我就知道了 这是一出苦肉计 而我 就是那黄盖
袁春望:所以 来炫耀了
小全子:你被赦了 慎刑司判了两百杖 令妃娘娘宽赦你 留了你的狗命
小全子:娘娘让我带句话给你 她欠你的 这遭全部还清 从今天开始 桥归侨 路归路 互不相干
袁春望:做梦


以下訳
小全子:娘娘が私を呼んだ時、私はすぐにわかった。これは苦肉の計だと そして私はその黄蓋
袁春望:だから ひけらかしにきたのか?
小全子:あんたは許された。慎刑司は200回叩きの判決を出し、令妃娘娘はあんたを許し、しがない命を残した
小全子:娘娘からあなたに伝えろと言葉を授かった。私の借りは、今回で全部返した。今日からはお互いに干渉しないことにましょう。
袁春望:夢でも見てろ


罰を受けた袁春望は宮廷の外で跪いています。珍儿は許しを求めますが、皇后は袁春望を延禧宫の外で跪づかせます。
璎珞は気分がよくありません。


次の日、延禧宫に皇后がやってきます。璎珞は妊娠のお祝いだと言う割には何も土産がないので他の要件だろうと話します。

和解の全文は以下になります。

皇后:你是聪明人 何必故弄玄虚 本宫就直言不讳了
あなたは賢い人だ、わざとわけの分からないことを言う必要はない、私はありのままを遠慮なく話しましょう
璎珞:请皇后娘娘指教
指教願います
皇后:瞧你这殿内的摆设 小到如意花熏 大到紫檀桌椅 全部都是皇上的喜好 可见皇上对你真用心啊

あなたのこの部屋の装飾品を見ると小さいものは花の香、大きいものはシタンのテーブル。全て皇帝が好きなものであるこれを見るとこうてはあなたに心をこめている

璎珞:娘娘到底想说什么

一体何を言いたいの?

皇后:用心是用心 可你到底是包衣出身 本宫提醒你一句 我才是大清皇后

気遣いは気遣い、でもあなたは包衣の出身であり、あなたに話すのは私こそが皇后であるということです。

皇后:就算你在得宠 任何人无法取代本宫

よしんばあなたがこれ以上の寵愛を受けたとしても、誰も私に代わることはできない。

璎珞:皇后娘娘 您知道臣妾 刚才让小全子干什么去了
璎珞:臣妾让他把昨天没用的羊奶山药羹 送到养心殿 换了一道苏造肉回来

皇后様、あなたは私がさっき小全子に何をさせたか知っていますか?
私は、昨日使わなかった羊奶山药羹(羊ミルクと山芋スープ)を养心殿へ送り、代わりに苏造肉をもってこいと言いつけた

皇后:你真做得出

あなたは本当にやりますね

璎珞:是啊 臣妾什么都敢做 什么也能做 这就是宠妃的待遇 可要是当了皇后 凡事循规蹈矩处处拘束 我可做不来

そう、話足は何でもする、なんでもできる、これが寵愛されている妃の待遇である、しかし皇后になったら、何事も規範に従い拘束される、私にはできません。

皇后:你是告诉本宫自己没有野心

あなたは私に自分には野心がないといっているのか?

璎珞:皇后娘娘不主动招惹 臣妾自然没有野心

皇后が主導して面倒事を起こさなければ、私には野心はない

皇后:万一你生出阿哥也不为他打算?

万が一あなたが男子を出産してもその子のために考えない?

璎珞:皇上何等人 容得了后宫左右立嗣吗?

皇帝はどんなひとよ?後宮に立嗣を左右され許容できますか?

璎珞:臣妾跟你说一句实在话 魏璎珞从来不怕斗 越斗越精神 你要继续 臣妾奉陪到底
璎珞:不过您打不到臣妾 臣妾也扳不倒您 斗来斗去 全白折腾  娘娘今日软下身段 无非是来求和 何必再试探
璎珞:臣妾放下一句话 与其斗得你死我活 不如偃旗息鼓 各自安好

私は正直な話をします。魏璎珞は元々戦いは怖くない、戦うほど元気が出る、あなたは続けるなら私は最後までお付き合いします。
でもあなたは私を倒せない、そして私もあなたを倒せない。戦い合いを繰り返すだけ。。貴方様は今日ここに来て、和平を求めなければ、なぜ探りを入れる必要がある。
私はこの戦いであなたと私が生死を決めるより、 休戦して、各自安泰の法が良いと考えています。

皇后:你到底是痛快

あなたは本当に痛快だ

璎珞:不过臣妾有一个条件

でも私には条件がある

皇后:什么条件?

どんな条件?

璎珞:皇后娘娘必须答应臣妾 无论何时 不论何事 不可对孩子动手

皇后様はからなずこれを守っていただきたい
どんなときも、どんなことでも、子供には手を出さない

皇后:你的孩子 还是别人的孩子?

あなたの子供?それとも他の子供?

璎珞:紫禁城里的孩子

紫禁城内の子供です。

皇后:本宫不屑伤害幼子 你这么说未免太小瞧本宫了

私は幼子を傷つけるのを蔑む、あなたがこういう話をするのは私を軽蔑してると思われても仕方がない。

璎珞:好

OK

璎珞:只要皇后娘娘说到做到 紫禁城保管风平浪静 天下太平 我们一言为定

皇后様が言ったことをやり遂げれば、紫禁城の管理は平静で何事もなく、天下太平である

一言为定=一度約束した以上は反故にはしない

皇后:一言为定

皇后はあなたがいくら頑張ろうとも私(皇后)には届かないと話します
璎珞は皇后に鳴るつもりはないといい、そちらから仕掛けない限りは攻撃することもないと言います。
そして自分から条件付きで和解を提案します。
条件は紫禁城全ての子供に手を出さないことです。
皇后は皇后としてそれは当たり前のことだとし、私を見くびるなといいます。
これで和解は成立しました。
皇后は延禧宫を出て、ここから長期に渡って平和になると語り、袁春望を連れて帰っていきます。



ここで10年経過し、乾隆30年になります。


場面は弓の練習をしているようですが、子供の中では5阿哥、永琪が一番優秀なようです。永琪は愉妃の子です。
十二阿哥永珹、四阿哥永璂はいずれも皇后の子ですが、デキが悪いようです。
傅恒も皇帝もひげをはやしています。

皇后は自分の老けっぷりを嘆いていました。
乾隆30年、子どもたちは大きくなりました。璎珞は全く老けていないようです。そして令贵妃となっているようです。
更に第7格格(姫)、昭华と9格格、昭瑜をもうけておりその子達を太后の宮廷に送っているようです。
更に自分の息子である15阿哥の永琰(ちなみに次の皇帝)は庆妃の周りの陆晚晚にあずけていて、
自分はその子達と延禧宫で遊んでいるとのこと。

感想

平和条約が結ばれた途端、平和になり10年間事件がなかったようですね。
やっと一段落つくところまで来ました。後6話です。