異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ44-45話



中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看

纯妃の性は「苏」ということで、江南の人だッたと思われます。今回出てくる苏州街ですがこれは北京颐和园の中にある苏州街何でしょうかね
ここからの敵はその纯貴妃です。乾隆王朝で2番めに贵妃となった人物です。48歳で亡くなった後、纯惠皇贵妃に封じられたようですが、ドラマとは結果が違いますね。

44話 令嫔

璎珞は太后を見に行っていました。その時に皇帝がやってきます。そしてなかなか帰ってきません。皇帝は明玉から璎珞が太后を見に行ったと聞いて少し残念がりますが、隠れて璎珞を待つことにします。

小嘉嫔は道で出会った璎珞と明玉をムカつくと言って跪かせます。二人は1日、日が暮れるまで跪づき、日が暮れてから帰っていきます。
皇帝は小嘉嫔に璎珞に罰を与えた理由を聞きます。小嘉嫔は傲慢でみんなの怒りをかっていると話します。
皇帝自身は璎珞の事をよく知っています。皇帝でさえも歯向かう。。。当然他の妃は眼中にないと。

皇帝は小嘉嫔は嘘をついていないと考え、魏璎珞の牌子(この日どの宮殿に泊まるかの札)を撤去します。

璎珞はこれを知っても、悲しむどころか、喜びます。全ては彼女の計画の内です。
皇帝は璎珞を拒否したことで気持ちがふさがってしまいます。
叶太医は皇帝の脈を測りにやってきました。そこで璎珞が跪いて怪我をしていることを漏らします。
皇帝はそれで璎珞を悪く思っていたことを知り、璎珞にたくさんの褒美を与えます。
しかし璎珞は一向に気にしません。逆に皇帝が送った絵画を太后にあげてしまいます。

皇帝は怒って是非を争いますが、璎珞は間違いを認めません。皇帝は璎珞に対して愛したり怒ったり。。。璎珞は他の妃たちとは違います。そしてそれが皇帝の猎奇的心理を掴みます。
皇帝は魏璎珞を令嫔に封じます。

纯貴妃は璎珞になかなか難しいやつだと考え、すぐに戦いを始めたい感じでしたが、まずは自ら手を下さず小嘉嫔をけしかけて漁夫の利を得ようと考えます

傅恒が凱旋して帰ってきました。尔晴がなんと子供を産んでいました。傅恒はこの子の出生を隠すことにします。
璎珞は既に令嫔となっています。傅恒は宮廷に入りますが、皇帝は傅恒がまだ璎珞のことを思っているのを知っています。傅恒にたくさんの褒美を与えます。
傅恒は昇級しましたが、楽しくありません。ずっと書斎でボーッとしています。青莲は傅恒を奮い起こそうとしますが、もう魏璎珞は自分のものにはならないと落ち込みます。


45話 失寵と原涼

皇帝は纯貴妃を見に行きます。しばらく璎珞に夢中で見に行っていなかったからです。纯妃は不平を言うこともなく、平静を装います。皇帝はその態度を絶賛します。
纯妃は璎珞と傅恒の以前の関係を使って皇帝の心を揺らし、皇帝はそれから延禧宫に行かなくなります。
後宮では璎珞が冷遇された知らせが広がっていきます。小嘉嫔は皇帝に誤り、魏璎嫉妬していたと話します。
皇帝は傅恒に屋敷を送ります。小嘉嫔はその屋敷の名を玉京と名付けます。
栀子花(クチナシ)を賞賛する詩に、玉京という単語が含まれています。小嘉嫔は故意に傅恒はクチナシ刺繍されたのハンカチを集めていると言い、
璎珞もクチナシが好きという話をしだします。皇帝はそれを聞いて怒り出します。
小嘉嫔は皇帝に追い出されましたが、目標は達成しました。

傅恒と魏璎が面会している情報を知り、纯妃は故意に皇帝をその場に八合わすように設定します。
璎珞と傅恒は話だけで、何も問題行動はありませんが、皇帝は二人の昔を知っているだけに穏やかではありません。

小嘉嫔は延禧宫の太监、小全子を使って璎珞のものを盗んでくるように言います。
小全子が盗みの際に明玉に捕まってしまいます。璎珞は狙いがあって故意に小全子を開放します。
しかし、簪を盗まれていたことに気づいていません。

小全子は盗んだ璎珞の簪を兰儿に渡します。そこから小嘉嫔の手に渡ります。

太后は江南の風景が好きです。纯妃は江南風の建物を作らせます。これを太后は絶賛します。
皇帝は苏州街を作ることを決めますが、皇后は反対します。国庫を憂いてのことです。
皇帝は娴妃の意見を聞き入れます。纯妃は怒りを抑えて首飾りを寄付します。
その時、璎珞はその市で酒を売っていました。流暢な苏州語を話しています。
皇帝は璎珞に注目します。そしてお酒を購入します。璎珞は皇帝に金を払えといいますが、皇帝はお金を持っていませんでしたので、自分が身に着けていた玉佩を璎珞に渡します。
皇帝は延禧宫に璎珞を訪ねます。璎珞は傅恒と話をした件について、ものまねをして皇帝に甘え、理解を求めます。
皇帝は結局璎珞を許すことにします。

感想

44,45話を一気に書きましたが、42話で贵人担ったかと思えばすぐに令嫔に昇格します。
ここからは纯貴妃、小嘉嫔、愉妃が敵となります。皇后はどちらの見方もしないつもりのようです。
傅恒は相当複雑な気分でしょうね。