異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国時代劇・延禧攻略 Story of Yanxi Palaceの紹介あらすじ43話


中国時代劇「延禧攻略」を爱奇艺で見ています。
爱奇艺はこちらから↓
爱奇艺-在线视频网站-海量正版高清视频在线观看

今回ようやくドラマのタイトル延禧攻略の「延禧」イエンシーゴンという言葉が出てきます。この延禧の意味は訳すと「喜びを迎える.幸福を招く」という意味です。
ただしドラマのタイトルはこれから璎珞が入る延禧宮が舞台となることで延禧攻略ということになっているのかな?と思ってます。
ちなみに百度では贵人延禧宮ではなく储秀宫に住んでいたとあります。

43話 延禧宮

璎珞は贵人となりましたが、海兰察は心配します。傅恒が帰ってきたら受け入れられない程のダメージを受けるだろうと。。。
娴妃(皇后)は魏璎珞を同行するつもりはなく、彼女の力で纯貴妃調子に乗っているを抑え込ませようと考えているようです。

渝贵人は昔の面白くない状況を全て魏璎珞に握らています。纯貴妃は慌てて魏璎珞を手に掛けようとはしません。渝贵人に戦わせるつもりです。

皇后は魏璎珞を延禧宫に入れることにします。
ただし皇后は少し嫌がらせをします。以前長春宮に仕えていた侍女たちを延禧宫に支えさせます。
中でも琥珀は璎珞を全く眼中に置いていません。明玉は不満をこぼします。

ここから璎珞は太后を尋ねるようになります。そして力の限り太后を喜ばせます。太后も璎珞は賢くて面白いやつだと絶賛します。
そのうち皇帝は太后の宮殿で璎珞を見るのが習慣になっていきます。

一ヶ月後、璎珞は病気になったと言い、太后を訪ねません。皇帝はこの事を知り、延禧宫を訪ねます。

延禧宫では琥珀が相変わらず璎珞煮詰めたくぞんざいに対応していました。これを皇帝が見てしまい怒り出します。
そして琥珀に罰を与えた上に辛者库送りにします。
これを見た奴婢たちは二度と怠慢な態度を取ることはなくなります。

纳兰淳雪も璎珞を真似て皇帝の寵愛を得ようとしましたが、皇帝は一向に関心を持ちません。

璎珞が外で寝ていると突然皇帝が現れます。ここから寵愛が始まります。
連続で3日間皇帝と夜を過ごします。これで他の妃たちの嫉妬を引き起こします。

璎珞は皇后の请安にも来ておらず、傲慢だと。。。。しかし璎珞は後から現れ、皇后のために露水を集めていて遅くなったと話します。

小嘉嫔(嘉嫔の妹)は皇帝の寵愛を得ようとして、故意に病気になり気を引いています。
皇帝は元々小嘉嫔を見に行くつもりでしたが、延禧宫の日陰設定に皇帝は注意を引かれ、再び延禧宫に向かいます。

感想

琥珀を追い出した駆け引きが見事です。
璎珞の寵愛GET作戦が始まりました。いろんな手を使い皇帝の注意を引いていきます。そのせいで色々反感を買う羽目になります。