異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国人の思考は桜=日本=JKor和服なのか?上海撮影会「JK夜桜」

今週のお題「お花見」
2018-03-24
2018年3月16~4月15日まで上海では桜節という事のようです。
その中で、上海の桜観賞お勧めの公園という事で真っ先に上がるのは上海最大の櫻花林がある「顾村公园」です。
その次が臨水櫻花島がある「世纪公园」、
この2つの公園は有名ですが、自分的には上海らしさが無い。外国人として出来るなら上海らしさがほしいですよね。
世紀公園は天候がよれば上海らしさが出せますが。。。。

上海らしい桜というか、中国ぽいと言いますか。。

またこれは変わった中国の文化だな~

と思ったので、お花見を兼ねて、今回の上海撮影会に行ってきました。

所で最近ブログに撮影会の様子を載せるようになって見に来てくれるユーザ減ったんじゃない?
と言われた事があります。
理由は一緒に行っている友達が奥さんに撮影会の写真を見せたらめっちゃ引かれたようです。
今回この撮影会、普通なんですけど見る人によっては引いてしまうかもしれませんね。
上海ではでなぜかこの時期、地下鉄、や街で制服を着ている人を見かけたりします。
中国の学校は基本的に制服という物が無いはずなので、これはファッションで来ているという事になると思います。
桜の咲く季節という事で日本の文化を楽しもうということなんでしょうか?


撮影テーマは「JK夜桜」という事でそのままですね。
中国人的な思考として、桜=日本=JK!ということなんでしょうか?
これが梅の花や桃の花だと日本に結びつきませんから。。。。

場所は上海地下鉄4号線の南浦大橋の1号口をでて直ぐのバスターミナルに咲いている桜です。
行ってみると沢山の人です。。。
この状態で撮影会を出来るのでしょうか?


自分たちで制服を着てきて撮影している人、また別の撮影会だったり、カップルだったり。。。。

少なくとも10人ぐらいはJKっぽい格好の人がいました。


中には浴衣?着物?を着てきている人もいました。
この人たちの思考は桜=日本=和服ということでしょうね。

こういう楽しみ方は日本ではあまりない事なのかもしれませんね。


私達の撮影は19:00からでしたが、結構遅れて始まります。
遠隔操作ストロボのおっちゃんこの日も来ていました。この人のセットほしいですねw

主宰側が持ってきたLEDライトは照らされていますが、夜のポートレートは手ブレ+被写体ブレ都の戦いになりますが、ストロボ使って止めると成功率上がりそうです。



狭い場所ですが、何回か場所を変えて撮影します。というか他の撮影隊が使ってない場所を探してさまよっていました。

何処に行っても野次馬が沢山います。とにかくバス停なので人通りが半端ないです。
次々にいろいろな人が来て撮影していきます。
現在の中国の場合、日本と違って肖像権がどうのこうのとか細かい事を言う人があまりいないようで、もう好き勝手に撮影して、Wechatにアップしているようです。私も最初の内はモデルさんにネットにアップしてもよいか、逐一聞いていたのですが、逆にモデルさんたちはそういう事を聞かれるのが不思議なようです。綺麗に取ってあれば何でもよいようです。


この場所で同じ撮影隊のおっさんが写真撮らしてくれと、JK風の女性に声をかけていました。凄く可愛い子でしたが、彼氏と一緒でした。
彼氏は写真を撮る事に了承していましたが、肝心の女性は嫌だと言って断ってましたね。


結局21:30ぐらいまで撮影していましたが、この日はちょっと落ち着いて撮影できなかったです。
今回はソニーのカメラで撮影したもに自分が好きな(良くとれたな的な)写真が多かったです。

最初の風景写真は実は最後に撮影したものです。
α7SⅡ+Sonnar T* FE 55mm F1.8のカメラで;ISO2000;F8;SS1/2で、手持ち撮影しています。




という事で引かずに、これからも見ていただけるとありがたいです。