異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

世界遺産の絶景を見に行く。武陵源・張家界(5)張家界国家森林公園

2016-12-4
週末1泊2日で中国湖南省、張家界市の武陵源旅行の続きです。

明けて2日目
最終日は遂に世界遺産、武陵源の景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)
に登録されている張家界国家森林公園に入ります。
ちなみに今回はニュースにもなったガラスの道とガラスの橋には行きません。

朝食

f:id:shan1tian2:20161204071207j:plain
4星ホテルのバイキングですが、何ともお粗末。。。食べる物がない。。。
米线があったのが唯一の救いでした。
昨日撮影していたセットがそのまま散らばっていたのであわててかたずけます。
最後にもう一度ホテルのベランダから写真を一枚。

f:id:shan1tian2:20161204075226j:plain

チェックアウトしてバスに乗り込みます。5つ星ホテル豪華ですね。
f:id:shan1tian2:20161203173209j:plain
隣がナイトショー会場なので夜はうるさいと思いますが。。。。
ホテルからバスで5分ぐらいで張家界国家森林公園の入口に到着します。
これ歩いてもよい距離ですね。。


張家界国家森林公園

張家界国家森林公園

昨日の夜ライトアップされていましたが、入口には塔が立っています。
また右側は何かを開発しているようです。ショッピングセンター?それともホテルでしょうかね?
この武陵源区は発展途中のようです。数年後また違った形になるかもしれませんね。
この時期既に旅行シーズンではないので人はそれほど多くありません。
f:id:shan1tian2:20161204154411j:plain

入場チケット

f:id:shan1tian2:20161204082312j:plain
入場チケットですが、ここの入場チケットは4日間使えるそうです。そのため入場券と指紋を紐付けます。
転売できない仕組みでしょうけど、私たちは1日だけなので要所だけを回ることになります。
もったいないですね。

今回の観光スポット

今回観光する場所は3か所、十里画廊、袁家界、天子山です。
袁家界は映画アバターの撮影があった所だそうです。日光の当たり具合を考えて、
十里画廊、袁家界、天子山の順に観光することにします。
この張家界国家森林公園内は主にバスで移動します。

十里画廊

張家界国家森林公園,武陵源十里画廊
最初に十里画廊で降ります。良い感じの山が見えます。反対側は逆光で、
朝なので少しまだ霞んだ感じがします。またこの山にほとんど紅葉はないそうです。
ここではトロッコに乗って色々な岩を見て回ります。

f:id:shan1tian2:20161204090258j:plain

f:id:shan1tian2:20161204085931j:plain

朝のこの時間、山はある程度太陽が当たっていますが、この場所は日陰でした。結構寒いです。
三つとんがった山、これを三姐妹峰というそうです。
他に2つの突起があれば恋人の岩、三つあれば姉妹という感じでしょうかね。。。。
f:id:shan1tian2:20161204090635j:plain

反対側の景色。
f:id:shan1tian2:20161204090954j:plain

再びトロッコに乗りバス乗り場まで向かいます。トロッコを降り、
張家界国家森林公園,武陵源十里画廊

出口までの道にはお土産屋さんがたくさん並んでます。
続いては袁家界に行くことになります。
バスを待ちます。このバス、降りる人がいれば止まるようです。
また乗客がたくさんのっている場合も止まらないそうです。


f:id:shan1tian2:20161204090832j:plain

つづく。。。