異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

100元紙幣の場所、人民大会堂を目指すも難航-金山嶺長城一人旅(3)

中国は国慶節突入ですが、今年はどこにも行っていません。

連載で九月の中の旅行記事を書いています。
前回の記事ははこちらです。
www.sonnagaya.com

金山嶺長城に行くために北京に来ています。
北京って個人的にめっちゃアウェイ感がある場所です。上海と違って緊張しますねw

2018-09-14 天安門広場

明日の目途も立ったので、今回北京に立ち寄ったもうひとつの目的である100元紙幣に描かれた場所、人民大会堂に行く事にします。
この人民大会堂は天安門の横にあります。なので簡単に行けると思っていました。
建物自体は何回か見ています。ちゃんと写真を撮ってないだけなんですけどね。
これまでの経験上天安門東、西駅ともにめっちゃ混んでいると思われますので、地下鉄2号線の前门に向かいます。
东直门からは乗り換える必要もないので楽です。


地下鉄前门駅を出て地上に出ると。。。。なんだこれ。。。。

柵柵柵柵柵柵です。


あれ。。今日もしかしてなんかあるのかな?天安門広場も封鎖されているし。。。
さすがは中国、徹底していますね。


人民大会堂は北に向かって西側にあります。なんか自転車は通れてるし、行けるんじゃないかと思い西周りに進んでみます。

道を渡るのも大変です。相当遠回りさせられました。交差点の近くまでようやくだどり着くと。。。
なんかテープされています。さらに近づくとおっちゃんが、「过不去!」と言ってきます。
確認のため近寄ると「过不去!过不去!」と。。。それでも近寄っておっちゃんに聞いてみると、誰かお偉いさんが来ているという事のようです。
それで今日ここは通れないと一点張りです。どうやら本当に要人が来ているようですね。。


仕方ないので故宮側に出て見る事にします。
人民大会堂の裏側を通っていると黒いベンツにギリシャの国旗(多分)が着いた車を先頭に沢山黒いベンツが通って行きました。

道を渡ろうとしたら、警備員は待てだのやっぱ通れだの。。なんか判断ビビってる感じですね。
こんな日に限って。。。マジでなんかあるようですね。。

裏側は撮影できましたが、これではちょっと満足できませんね。

故宮側も同様で人民大会堂側に出ることはできません。。。自転車は行けるようですが。。。

自転車を探しても近くには見つかりませんでした。


トンネルをくぐって、ようやく故宮前の道に出ます。故宮前の荷物検査もなんか来るたびに凄くなってますね。

身分証の提出が必要ですw。パスポートを見せて故宮側の道を抜けていきます。

そして天安門を挟んで人民大会堂の反対側に出ることができました。ここから望遠で撮影出来そうです。

建物はまあ撮影できますが、望遠すぎて、どっちもぼかさずに取るのが難しい頑張って絞りましたが、それでもボケちゃいます。
いろいろ遠回りしましたが、なんとかこれでOKと言えるのではないでしょうか??

しばらくすると囲いが外され、規制が少し緩くなりました。。少しです。


そして丁度良い具合に太陽が出ていたので夕日を撮影しました。

それにしてもすごい人の数です。こういうところはちょっと苦手です。


目的は果たしたので、さっさと帰る事にします。


ホテルに戻るため、地下鉄で再び北新桥駅へ向かいます。北京ではコンビニはセブンイレブンが多い気がします。
そこでドリップコーヒーと朝食を買いました。
ついでに夕食を食べます。ファーストフードの店で、どんぶりのカレーライスです。

北京の夜空。。。空を見上げて見ますが星は全く見えません。昼間は晴れてたのに。。。曇っているのでしょうかね?それとも明るすぎるのか。。。


疲れたのでホテルまで再びモバイクで帰ります。

明日の朝も早いので、お風呂に入ってこのまま寝る事にします。