異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

北京から金山嶺長城までの交通を調べる-金山嶺長城一人旅(2)

金山嶺長城に行くために北京に来ています。前回の記事ははこちら。

www.sonnagaya.com

2018-09-14金山嶺長城までの交通情報

ツアーが予想通りといいますか、中止になったので、ホテルに着いて休んでから、どうやって自力で金山嶺長城に行くかを調べます。
最悪自力で行けそうになかったら八达岭长城にするかwとか妥協案を考えながら。。。。。
とりあえずフロントで金山嶺長城の行きかたを聞きますが、余り詳しくないようで。。。
八达岭は北京市ですが、金山嶺は河北省(承德市)になるので、やはり省を跨ぐとホテルでは分からないようですね。
というかめんどくさかっただけなのかもしれません。

仕方ないので事前に調べていた东直门駅付近にある东直门长途汽车站まで行って直接確認する事にします。
北京にはシェア自転車のモバイクがあって便利ですね。ちなみにOFOもあります。後、北京専用のもいくつかあるようです。


それに乗って东直门长途汽车站にたどり着きました。金山嶺長城行き、ありますが、一日1便のみのようですね。

しかもこのバス帰ですが、金山嶺長城を出発するのが16:00...これは完全に日帰りを想定していますね。
さらに旺季のみしかないと言う事です。まあこのバスは直接金山嶺長城景区まで行ってくれるようで日帰りには便利かもしれません。


他に行ける所は無いのかと探してみました。ここには古北水鎮に行くバスもあります。こちらは結構便数が多いですね。ここも景色がよさそうで、ちょっと興味があるのですが。。。。今回の目的とは違うので。。。スルーします。
このバス停にあった微信(Wechat)の金山嶺長城景区のQRコードをスキャンして見ます。そしてそこから交通情報を調べます。

北京から金山嶺長城までの交通手段。

内容を見て見ます。
北京の地下鉄13号線、望京西駅(13号線B出口から100m)にバスターミナルがあります。
そこで北京望京~滦平县(河北承德)行きに乗って金山嶺高速服务区で下車しろとあります。
そこから景区の接続バスで金山嶺景区まで行けるようです。
時間は以下です。

金山嶺高速服务区→金山嶺長城景区の時間

10:00、11:00、13:00、15:30

金山嶺長城景区→金山嶺高速服务区の時間

10:30、11:30、13:30、15:00

ただし、11月16から4月1までは淡季となり、このバスは停止するそうです。

見つけられましたがぶっつけで行って、行けないとあれなので、距離感をつかむためもかねて、時間もあるのでこのバスターミナルまで行ってみる事にします。13号線は东直门が始発駅で4駅で望京西駅に到着します。
东直门の駅めっちゃ大きいですね。
东直门の駅から13号線の発着ゲートまで思いがけなくえらい歩かされます。結構遠いですね。

地下鉄に乗りしばらくすると地上に出ます。この辺は地下ではなくもう地上なんですね。
望京西駅についてから、バスターミナルまで、場所は直ぐに見つかりました。

北京望京~滦平县(河北承德)行きバス


朝7:00が始発で、最終16:30まであるようです。もし今行っても間に合いますね。。しかし、既に宿をとって荷物を置いてきたので。。。
今行けば2晩チャンスがあるわけですが。。。悩みましたが。。当初の予定通りにします。
とりあえずここで良いのかと、時間を確認して戻る事にします。
帰りも同じようにしてここに戻ってくるようです。チケットは事前の予約とかはできないようです。
朝一番で行こうと思うなら早めに来た方がよさそうですね。


結構疲れました、まだ不安要素も結構ありますが。。。。これでようやく一安心です。
ここまでで調査は終了して、次の目的地に行く事にします。


つづく