異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

日本語OK。同僚のお見舞いに上海浦南医院国際医療部に行ってきました。

2018-09-23 上海浦南医院国際医療部

先日同僚が急に入院することになりました。
余りこういう記事を書くのは好きではないのですが、情報の為、残しておきます。
そして上海の施設やころころ変わるので、もし行かれる際は事前に確認しましょう。
という事で本題に入ります。


本人は中国語があまり得意ではなく、クレジットカード会社に連絡して、日本語の通じる病院を探したそうです。
そして見つけたというか紹介された病院が上海浦南医院の国際医療部です。
上海浦南医は東院と、南院ともう一か所あるようで、間違えないようにしましょうw
上海地下鉄7号線の高科西路の駅から北に向かって真っすぐ歩いて行けば着きます。モバイクがあれば楽ですね。
(东明路→橋を渡って临沂路に入りますが、直進です。)

国際医療部は上海浦南医の南院の11階にあるようです。診察の場合も一階の受付ではなく、ここに直接行けばよいようですね。
本人は診察に行って帰ってくるつもりだったようですが、入院になってしまったと言っていましたが、症状を聞くと結構重い感じです。


私はお見舞いに行く際に病院の近くのコンビニで、本人の希望もあり、お茶を買おうと思っていたのですが、店が。。。無い。。。
※後から見つけましたが。。。


仕方なく农夫山泉のウーロン茶(砂糖無し)を数本買っていきました。

エレベーターで11階に上がると、看護婦さんが、日本語で声をかけてきますw。お見舞いだと話すと、通してくれます。部屋に入ってみると個室でした。高級な病棟って感じです。
ここの病院、2か月以内の入国者用のクレジットカードの保険が使えるみたいで、全部カードの保険でまかなえるとのこと。。
いや~便利ですね。私なんて何もありません。というかそもそも2年ぐらい出国していないので。。。。使えるのか??


どうやら日本人のお医者さんもいるようです。これは心強いですね。
そして休憩室があるとのことで同じ階の底に向かうと。。。何と。。。自販機におーいお茶や、サントリーのウーロン茶があるではないですかww
お茶を探し続けた私の苦労なんだったんだ。。。。

という事で上海でお見舞いに行くという体験をしました。
帰り際、この病院から眺める上海の夜景はとても素晴らしかったです。

都合何回でしょうかね5回ぐらいお見舞いに行きましたが、2回目からは部屋に阿姨(お手伝いさん)がついていました。
どうやら何処へ行くにもついてくるようです。これは何かあったらまずいという事なのでしょうね。
凄い待遇だと思いますw


何回目かは、同僚とも一緒に行きました。食事が取れるようになったとのことで、果物を購入しようという事に。。。
同僚6人で行ったのですが、果物屋さんには一人で行くと言います。
理由を聞いてみました。数人で行くとこいつら絶対に病院に行くんだとばれる、それだと店は安売りをしないと言います。
一人だとただの通りすがりで自分で食べるんだなと店の人は思い安売りしてくれると話してくれます。
こういうのは商売気質の中国人。。さすがですね。



数回行っている間に、何回か買い物をしました。スーパーが無いかを探していたのですが、最初は見つからなかったものの、まあ近くにありました。。。
南院(急診側)を出て临沂路を進むと浦三路の交差点にたどり着きます。ここには百联购物中心というショッピングセンターがあります。
その向かい側にも联华があるので、買い物も便利だという事が分かりました。



こうしてみると保険って大事ですね。。。ちょっと考えなおしてみる必要があります。ここはどんな病気、例えば歯科でも大丈夫だと話してくれます。
(この階に施設があるようには思えませんが。。。。)
保険きくなら。。。なんか良いかもですね。でも健康保険入ってない人(住民票自体抜いている)はどうなるんでしょうね。
この辺は調べる必要があるかもしれません。



2018-9-28日に無事に退院されたようです。よかったです。
お酒は無しですが、早速日本食のお店に行きました。w
自分もまずは病気をしないように摂生しましょうかね。