異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海の農村・油菜花气球小女・ポートレート撮影会

2019-04-15 上海泗泾

今回菜の花ポートレート撮影会に参加してきました。
心配なのは今の時期、まだ菜の花(油菜花)が咲いているかということです。
というのも参加者は私だけ。。。。主催に聞いてみると、中止はせず、私と主催の二人だけでも撮影会は開くとのこと。。。
この主催さん。。。上海人ですが、お金持ちで、きっと趣味でやっているんでしょうね。。。車2台持ってるし。。。。一台は撮影会専用車のようです。

当日集合場所は上海地下鉄9号線の泗泾駅です。
ここはどローカルの上海ですね。辺り一帯は農村です。それでもマンションの値段は半端ないですが。。。
集合場所まで行くと、菜の花(油菜花)は一応咲いています。集合場所に主催者がなかなか来ないのですが、直前に数人申し込みがあったようです。
結局4人になりました。


駅からもそう遠くはないのですが、撮影場所まで来るまで送ってもらいます。
ついてからモデルさんが着替えるまでこちらも气球(風船)の準備です。
主催さん、ヘリウムガス(多分)のボンベを持ってきてます。小道具は流石に揃ってますね。手伝ってくれということで、風船を膨らまし、紐に結びます。

菜の花撮影会開始


実は菜の花はほぼ終わってます。
割と広い農地ですが、菜の花は少しだけ残っている場所で、撮影をはじめました。それが(花があまりないこと)ばれないように撮影したつもりです。
今回もレンズはSIGMAの135mmF1.8ARTです。最近これはお気に入りです。


この場所。。。。背景のビルや、建築途中のクレーン、周りは瓦礫なんですが、背景をぼかしても流石に少しわかってしましますね。角度が重要です。
いずれこの農地も開発されて無くなってしまうのでしょうかね。

今回も私が一番焦点距離が長いレンズです。例によって前の人達が邪魔です。
焦点距離が短い人たち、めっちゃ近寄らないと背景ぼかせ無いんでしょうね。。。

夕日は雲の中です。

なんか時間がすぎるのが早いです。あっという間に撮影が終わってしまいました。


今回なるべく本割した感じにしようとして頑張ってます。

最後、個人的には結構だらけてきましたが、とにかくお疲れ様でした。


これ全景があまりにもおそまつなので見せられないのが残念ですが、こういう場所でもちゃんとポートレートになるというところが、135mmレンズの良いところではないでしょうかw


帰りに泗泾駅の周りをぷらぷらと歩いて回りました。




この辺。。。昔あった上海のようですね。屋台というか店が外にたくさん出てきて、盛り上がってます。
こういうの久しぶりに見た気がします。