異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

理想の三脚を探す。やっぱり難しい三脚選び

カメラ用品 タオバオ 中国ネット通販

カメラ用品って一つひとつはそうでもないのですが、バックに入れると「ドン」と重く感じますね。 ということで今回は軽いコンパクトな三脚を探してみました。 1kg以内かつ高さ1m以上の物が前提です。1kg以内の三脚って高さが足りない(1mm以下)のものは結構あるのですが、 それ以上の高さになるものってあまり見つかりません。 理想は軽くて(0.5kgぐらいw)、撮影時安定していて、組み立てが楽で、かさ張らないというものですが、そんな物無いのかもしれません。

まず最初に買ったのが、BENRO(IS05)の三脚。 これは0.92kgのアルミ合金製で、重量は4kgまで耐えれます。 高さは1510mmまで高くできます。値段は300元弱。 自由雲台で割と満足していたのですが、脚の節を一つ一つ固定しないタイプで、出してからねじって固定するタイプです。 節の部分がないのでその分畳んだ時に長さも短くなります。 しかし、実際にカメラを接続して方向調整するとき緩む側に回すと上の部分が少し回り落ちてきたりします。 節々の固定がしっかりしないという感じです。やはりここは完全に固定したいですね。 まあ使えるのでしばらくずっとこれを使ってました。

そして見つけたのがSIRUI(T025+C10s)とFotopro(X-4C)の三脚 それぞれ0.86kg(SIRUI)と0.98kg(X-4C)となっていてカーボン製とあります。 そのほかの値は以下のように書いてあります。 SIRUI(T025+C10s)は最大6kgまでで、高さは1380mmまでとなってます。 Fotopro(X-4C)は最大5kgまでで、高さは1290mmまでとなってます。 両方関接固定型で折りたたみの長さが32mmと書いてあります。

カーボンなので値段が高いですね。。。約1200元強(SIRUI)と800元弱(Fotopro)です。 どっちにしようか相当悩みましたが、SIRUI制の三脚を買いました。 届いてまず思ったのは長い!と感じました。 前のBENRO(IS05)は畳んだ時はさらに短い265mmです。320mmって結構長い。 やはり関節固定型は関節がある分どうしても長くなってしまいますね。 そして組み立てる時に思った事が。。。一つ一つ閉めるの面倒! 良く考えると当たり前ですが、私は何を望んでいたのでしょう。 安定性はやはり固定できるSIRUIのほうがありそうです。

しばらくは新しく買ったほうを持ち歩いてみようとおもいます。 もう壊れるまで三脚は買いません。