異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国の男優が避けて通れない辮髪。

中国時代ドラマ 暮らし、文化

中国の男優が避けて通れない辮髪。

日本の時代劇で避けて通れないのがちょんまげ、
中国の時代劇で避けて通れないのが辮髪(べんぱつ)
(前のほうがなくて後ろが三つ網の頭)
役者さんこの頭にするのいやだろうな。。。
全部かつらならまだいいんだろうけど、この頭全部かつらにできるのか?
辮髪はもともと満州族の人がやっていた髪型で、
清の時代の男性は漢民族も含めてこの辮髪を強要されていたみたいですね。
相当抵抗があるような気がしますが。。。
この頭にしていないと敵対とみなされて処分されたとか、、
こう言う抵抗するシーンとかが一切無いのも中国ドラマですね。
髪がないひと、薄い人はどうしてたんでしょう。
日本のちょんまげはどうだったんでしょうね。。
時代劇でも清時代はパス!とか言う男優さんいるのかな?
女性はそんな規則は無いみたいですね。
中国の女性と言えばチャイナドレスですが、
チャイナドレスと言う言葉はたぶん日本語で
中国では旗袍(チーパオ)って言います。
もともと清時代の満州族の民族衣装がいろいろと改造されていったみたいで、
古代の時代劇でチャイナドレスを着ている女性はいません。
清時代の人はこんな感じ?↓男はキョンシー(僵尸)みたいな帽子かぶってる

今のちょっとセクシー系の旗袍は上海が発祥みたいで、
1900年代に入ってからの上海のドラマでは着ている人もいます。

後このパーマ

ちなみに現在の女性はチャイナドレス着てる人ほとんどいないですね。
(たまに街でも見かける)
現在はレストランの店員、KTVの小姐の制服っていうイメージですかね。
結婚式では着る人もいるみたいです。


話はそれましたが、やっぱこの頭嫌だ!!