異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

白帝城と夔門観光-長江三峡クルーズ GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(12)

2017-5-02
長江三峡クルーズ3日目です。
朝6:45分、とても静かな朝、船の上の朝は静寂に包まれていますね。こういう感じ好きです。
再び朝焼けを見に5階の酒場に行きます。コーヒーのサービスと、太極拳体験がこの日も行われています。
ビクトリア号朝やけ

人はほとんどいませんが。。。
ビクトリア号コーヒー

船は白帝城近くの船着き場に向かっているようです。
f:id:shan1tian2:20170502064841j:plain

そして船は大体7:00時ぐらいに船着き場に到着します。
朝食は7:00からです。7:00過ぎてもコーヒーを飲んでいると朝食にいけとやんわりといわれました。
ビクトリア号朝食
ビクトリア号朝食
ビクトリア号朝食
ビクトリア号朝食
ビクトリア号朝食
白帝城の観光は7:30からなので朝食の時間7:00~8:30にかぶっています。
自分が朝食会場にいくと私のテーブルには誰もいません。そういえばこの人たち昨日の豊都にもいなかったから、
白帝城にも行かないということなんでしょうね。


白帝城の観光は7:30出発です。
外からガイドが入ってきます。最初は船着場が白帝城かと思っていましたが、違うようです。
毎回違うガイドさんが入ってくるので、船に専用のガイドはいなくて、その場その場で地元のガイドを連れてきているようですね。
f:id:shan1tian2:20170502074349j:plain
ここのエスカレータですが、水かさや停泊位置によって移動できるようになってます。
[f:id:shan1tian2:20170502105916j:plain::alt=白帝城移動式エスカレータ:title=白帝城移動式エスカレータ]
船着場から白帝城まではバスで行くようです。船着場のお土産通りを素通りしてバス乗り場まで歩いていきます。
途中歩きながら、ガイドさんは遠くを指して旧市街地と新市街地を説明してくれました。
バスに乗る際にガイドさんからは帰りもこのバスに乗って下さいと言われます。
f:id:shan1tian2:20170502083240j:plain
バスのナンバー確認のため一応写真を撮っておきます。


白帝城橋
白帝城橋

白帝城

f:id:shan1tian2:20170502083808j:plain
白帝城は重庆市奉节县にあり、漢時代に公孫述が作った城だそうです。
歴史では三国志の劉備が関羽の仇打ちとして呉と戦い敗れた際に逃げ込み、この城で亡くなったとされる城です。
三国志好きにはたまらない場所でしょう。それにちなんだオブジェがあるようです。
中国人的には白帝城は三国志よりも学校でも習うという李白の詩、早发白帝城のが有名なようです。

朝辞白帝彩云间,千里江陵一日还。
两岸猿声啼不住,轻舟已过万重山。

この詩が何を言っているのか意味不明ですが。。。中国語は難しいですね。

また、長江三峡はこの白帝城の先にある夔门から始まります。
現在の白帝城はダムのせいで島になってしまっています。橋を渡って城に入ります。
橋を渡りきると正面にでかい諸葛亮の銅像があります。ここの銅像は全国にある諸葛亮の中でも一番大きいとのことです。
白帝城諸葛亮
まず最初に向かうのが白帝庙です。結構登りがきついですね。
有料のかごに乗っている人たちもいます。

白帝庙

白帝庙
この廟の中には刘备、诸葛亮、关羽、张飞の像がありますが、入る前に先に混雑する前に夔門を見に行くといいます。
夔門を見終わった後再び中に入り説明を聞きます。
写真はいつかまた乗せようと思います。

夔门(クイメン)

夔门(クイメン)
夔という難しい漢字は中国人でも読めない人がいるようです。
夔门は中国の10元紙幣の絵になっている場所です。この場所は流石に人気があります。
私もここに来るのが今回の旅の目的の一つです。

托孤堂

托孤堂
三国志演技で劉備がなくなる際に諸葛亮に話した息子が皇帝にふさわしくなければ諸葛亮が皇帝になれといった物語を元に作られています。
劉備の亡骸についてですが、いろいろな説があるようです。
成都の武侯祠には劉備の墓はあるようですが、亡骸はないとされています。
当時ここから成都まで運ぶことが困難だったということのようです。重慶のどこかにまだ埋まっているのではないかと。。。

悬棺

悬棺
この辺りの古代民族は悬棺という埋葬方法を行っていたようです。その博物館がここにあります。
一本木で作られた棺桶を崖に設置するという埋葬方法です。なんでこんな崖に埋葬したんでしょうね。
悬棺
一通り見て後は自由散策です。私はもう一度夔门まで行きます。
今回は人があまりいなくてよかったです。ガイドさんは私が夔门に粘着し終わるまで階段の下で待っててくれました。。
後は戻るだけです。でっかい諸葛亮孔明の像まで着けばもう出口ですね。
白帝城諸葛亮

白帝城橋

ということで白帝城観光は終了です。白帝城を出てバス乗り場までは再びお土産屋さん攻撃が続きます。
f:id:shan1tian2:20170502103056j:plain
完全無視で進んでいきます。バスに乗ってから何人かが時間通りに来ません。やはり中国ですね。
後、ここで思ったことは10元札の場所、夔门を見たいだけなら、

高いお金を出して船に乗らなくても、白帝城まで来ることができれば夔門は見れる

ということです。

f:id:shan1tian2:20170502105740j:plain

最後のお土産屋さんの所でガイドさんが、私に評価を書いてくれと言ってきます。。。
私は外国人なので中国人と感じ方が違うといいましたが。。。とりあえず長い文を書くのが面倒だったので、
很好と。。。だけ書いておきました。

f:id:shan1tian2:20170502110546j:plain

つづく。。

OM-D EM1Mark2で船上での星野撮影 GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(11)

2017-5-01 2017-5-02
長江三峡クルーズ2日目の夜です。
前回の記事はこちら。

前回は船上のナイトショーをみました。船の旅行ってこうやって楽しむものなのでしょうかね?
船好きの人にはたまらないって感じでしょうか???
酒場から戻ってきて部屋のベランダに出てみると、星が奇麗にキラキラと見えているではないですか、重慶でも星は見れるんですね。
周りも本船以外は真っ暗、私の側(船の右側)からはさそり座が見えていました。
この日いちばん明かるい星は木星のようです。天の川は流石に見えませんが、StarWarkで調べてみると見えていても、真横に出ていて、さらに山で隠れて見えない位置のようです。
これをどうにか撮影したく試行錯誤します。

船は動いていますが、星野撮影には長時間露出が必要です。シャッターをずっと開けているとぶれてしまうので
なるべく露出時間を短く、ぶれないようにするには、
広角レンズを使ってISOを上げてなるべく遠くの景色を入れるようにするしか方法はないです。
船の後方にいけば三脚を使えたかもしれませんが、それでも船の上なので完全に固定はできないです。
なんとか頑張って取った写真です。ISOを上げすぎると明るさ調整でノイズがすごいことになるので、結局設定はこんな感じにします。
ISO2000、F1.4、SS1~2秒で撮影して、後から明るさを調整しようとおもいます。
手ぶれ補正は露出時間が1秒ならこの明るさでも何とかなりそうですが。。。2秒はきついかもです。
取ってるときはあまり気にならなかったのですが、実は拡大すると全体がぶれまくってます。。。。

写真を確認して思ったのが、中央真ん中から右にかけて3つの赤いノイズがある。。。これは何度撮影しても大体同じ場所に出てきます。
1秒なので長時間露出の内には入らないとおもいますが、センサーのせい?それとも仕様?なんか。。。これはどうなんだろうISOは2000です。
明るさをPSで調整しなければ分かりませんが。。。星ではないとおもうのでこれはノイズだとおもいます。ちょっと幻滅です。
高感度NRは弱、長時間NRはOFFです。
これが普通なのか?それともセンサー不良なのか誰か教えていただきたいです。
同じ条件で縦で撮ってもやっぱり出てますね?一応さそり座を撮影したつもりです。肉眼では奇麗に見えてるんですけどね。

これだったら画素数の少ないE-M5Mark2のほうがよいのではないかとも思ってしまいます。

※2017-5-11
どうやらホットピクセルというようです。星を撮影する人には一般的な事のようですが、買ったばかりのカメラにホットピクセルがあるとは。。。EM5Mark2ではなかったのですけどね。
オリンパスのカメラはピクセルマッピング機能があるようなので、これで対応できるかやってみます。
次星を撮る機会がいつ訪れるのか分かりません。。

残念ながらシャッターチャンスは逃しましたが、
流れ星が見えました。というか隕石?結構大きかったのですが、地球上に落ちたのではないかと??初めてああいう流れ星を見ました。

撮影しているとなんか酔いがすぐにさめてしまいました。
星をみていたらすぐに時間がたってしまいました既に2時です。
明日はいよいよ本格的に長江三峡になります。

続く。。。

長江三峡クルーズ-ナイトショー GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(10)

2017-5-01
長江三峡クルーズ2日目の夜です。夜出発しているので、実質的には1日目なんですけどね。

前回の記事はこちら。



夕食の後、21:00から维多利亚时尚表演(ビクトリアファッションショー)があるそうなので再び酒場に行ってみることにします。
f:id:shan1tian2:20170501210522j:plain
21:00過ぎに行ったので既ににショーが始まっていました。意外にも人が少ないです。
また来ている人もほぼ外国人(英語圏)の人たちばかりのようです。中国人は流石にこういうのには興味ないですかね。

f:id:shan1tian2:20170501212326j:plain
適当に席に座ってみていましたが、ショーを行っている美女たちはどうやら船のクルーのようです。
○○民族の踊りとかをやってますが、実際に踊っているのはその民族の人ではないのでそれほど上手ではありません。

f:id:shan1tian2:20170501211806j:plain
毎回同じ人が出てきます。服を着替えるのもたいへんですね。
f:id:shan1tian2:20170501211836j:plain


この船に就職すると女性は普通の勤務以外にこういうこともやらされちゃうんですね。大変だと思います。
フロントの女性、食堂の女性も演技しています。
f:id:shan1tian2:20170501213714j:plain
f:id:shan1tian2:20170501212630j:plain
またファッションショーも兼ねているようで、船に売っている服や小物などを宣伝していました。
売店ではチャイナドレスなどが売っているようですが、このショーを見て服を買うひとがいるのかどうかは謎です。
個人的にチャイナドレス着た女性は大好きなんですけどね。。
こんなやつです。


ロビーの売店ではビクトリア号のTシャツ、ポロシャツなどが販売されています。
维多利亚时尚表演(ビクトリアファッションショー)集合写真

酒場にいくとなんか酒が飲みたくなってしまい、カウンターに席換えをして、ショーが終わるころから重慶黒ビールを頼みました。
重慶黒ビール
メニューを見ましたが値段は思ったより高くなかったです。ワインとかは流石に高いですが。。。

ここで飲むと支払はその場でしなくてよいようです。注文すると部屋番号を聞かれます。
PCに部屋番号を打ち込むと、パスポートの顔写真が出てきて本人確認できるようです。
ショーに出ていた酒場の店員さんたちが戻ってきます。すぐに仕事を再開するようです。
しかもこの人たちみんな英語できるんですね。。素晴らしいです。
店員さんたちは外国人の対応に精いっぱい的な感じで、私はなかなか店員さんたちと話す機会がないですね。
人がだんだん居なくなってきたのですが、店員さんを口説いているのか?なかなか帰りませんね。。。私も部屋に戻ることにします。




続く。。。

石宝寨観光-長江三峡クルーズ GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(9)

2017-5-01
f:id:shan1tian2:20170501173129j:plain
クルーズ2日目、豊都鬼城から戻ってくると既にもう昼前です。
前回の記事はこちら。
http://www.sonnagaya.com/entry/201705_chongqing8


ちなみに、この日は長江三峡までは到達しないようです。
すぐに昼食になります。行かなかった人たちは船から出れないのでどうやって過ごしていたんでしょうかね?
昼食会場に行きます。既に席は埋まってましたが一人一席はあるはずなのでどけてもらいます。
どうやら子供を座らせていたようです。
維多利亜凱琳号の昼食
維多利亜凱琳号の昼食
維多利亜凱琳号の昼食
バイキング形式ですがまあまあ食べれます。この日はカレーみたいなのがありました。
船が進みだします。
維多利亜凱琳号は重庆市丰都县を越えて忠县を進んでいきます。

昼間は船の中で写真を取りながらボーっと過ごします。この日の最後の上陸は夕方16:00から石宝寨の観光になります。
f:id:shan1tian2:20170501142713j:plain

16:00になり、石宝寨の観光です石宝寨は基本ツアー内に含まれていて、全員参加可能です。
それにしても船にはこんなに人が乗っていたのですね。。。ロビーにはたくさんの人があふれかえっています。
2階の食堂は7テーブルぐらいしかないので、5階の高級食堂でたべている人も結構いるということでしょうかね?
前回と同じようにガイドさんが外から入ってきて、各グループに分かれて観光地に向かいます。
同様に船を出る際には船の識別プレートをもらってから外にでます。
どうやらこのプレートでビクトリア何号か分かるようになっているようですね。

石宝寨

石宝寨
この要塞のような城?寺?は明時代から清時代にかけて作られたそうです。
石宝寨はダムが構築されたせいで一部が水没してしまうようなので、堤防で水を防いでいるようです。
(ということで要塞の一部は水面より下ににあるということでしょう)
この時期は水はそれほど多くないと思いますが。。。
私たちは少し出遅れました。
他のグループは商店街を通っていくようですが、出遅れた私たちのガイドはショートカットの道を進みます。
f:id:shan1tian2:20170501181915j:plain
この道には壁に三国の英雄の紹介文が刻まれています。ショートカットというか、商店街よりもこの道を通るのが普通なんじゃないかと思ったりします。
f:id:shan1tian2:20170501182044j:plain

石宝寨は完全に島になっており、島まで橋を渡ります。橋の手前に入場ゲートがあり、左右に歴史的なことが書かれた看板があります。
f:id:shan1tian2:20170501170804j:plain
下流のダム工事で景色が変わった話などですね。。
橋の手前に十二支の銅像があります。ここにこれがある意味がよくわかりませんが。。。

そして橋を渡ります。
石宝寨

この橋めっちゃ不安定です。そういう作りなのでしょうが、人が歩くたびに揺れます。
石宝寨

石宝寨の中に到達します。
石宝寨

石宝寨内に入ってすぐ下には三国志の英雄、関羽の物語が壁に描かれています。
ここは明時代から清時代に作られたとあるので、この要塞と三国志との関連性がよくわかりませんでしたが。。。
石宝寨関羽の物語
そして船からも見えた、ここの塔(建物)は世界八大奇異建筑の一つとなっているそうです。
古刹天子殿(九重天の意味だそうです)といっても、もともとは9階建てだったようですが、今は12階になっているようです。
石宝寨の塔

登ってみますが、壁に沿って作られた張りぼてのようです。階段はめちゃ急です。
石宝寨の塔階段
ガイドさんが説明していましたが。。。誰も聞いていません。眺めはとても良いです。
石宝寨の塔からの眺め
塔の上にもいろいろとオブジェがあります。天女とか言ってます。。。
f:id:shan1tian2:20170501175118j:plain
景色はとても奇麗ですね~~ここから自由時間になります。時間までに船にもどるようにと。。
石宝寨の塔からの眺め

石宝寨の塔からの眺め

入口まで戻ってきました。
石宝寨の塔からの眺め

一通り見てさっさと来た道を船に戻ることにします。商店街は通りませんww。
石宝寨の商店街


私が船に戻った時にはもう時間ぎりぎりでしたが、たぶん1番か2番乗りですwww
f:id:shan1tian2:20170501182201j:plain


戻って来ると夕焼けが見えています。5階酒場の甲板に出て写真を撮ります。
石宝寨
自撮したかったのですが、ちょうど近くにいた外国人のおばあちゃん?
に「let me take a picture」と言ってみました。すると気付かなくてごめん的なことを言われて、OKOKと言ってきて写真を撮ってくれました。
さらに取った後darknessと言っています。どうやら顔が暗くなってしまったようです。
そしてさらに取り直しだします。さらに立つ位置はそこじゃないとか。。。いろいろ言われましたが。。。
とりあえずサンキューとお礼を言っておきました。
かたことですが、英語が通じて良かったです。

どうもこの船の旅行、私の行動パターン的には中国人よりも西洋人と話す機会が多い気がします。


そしてこの日はそのまま5階の酒場で船長の挨拶があります。
f:id:shan1tian2:20170501185646j:plain
船長さん英語話せないんですね。。。。船長さんが普通語ではなして、それを隣の白い服の女性が通訳していました。
またこの時に、その他のクルーも紹介されました。

テーブルにはちょっとした食べ物があり、シャンパンが振る舞われます。
f:id:shan1tian2:20170501184720j:plain
酒場の女性もチャイナドレス着てます。
f:id:shan1tian2:20170501184516j:plain

しばらくして夕食になります。夕食もバイキング形式ですが、全く問題なく食べれました。
ここまで来ると他の中国人の人たちも勝手がわかった様で、私の席が一つだけぽつんと空いています。
f:id:shan1tian2:20170501193552j:plain
f:id:shan1tian2:20170501193609j:plain
f:id:shan1tian2:20170501193950j:plain
食事の心配をして損しましたね。。持ってきた食料。。。どうしましょうか。。。
この際全部食べて処理してしまいましょうかね。


つづく。。。

豊都鬼城観光-長江三峡クルーズ GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(8)

2017-5-01
船(ビクトリア号)で一夜明かしました。ここからが本格的にクルーズですが、クルーズ2日目です。
前回の記事はこちら。


朝、6:45分から船内の酒場でコーヒー(紅茶)のサービス、太極拳の体験ができます。

私は太極拳をするつもりはないので、WIFIのパスワードをもらうついでにコーヒーだけを飲みに行きます。
コーヒーを飲みに来ている人は私を含めて、全て外国人です。中国人にはこういう習慣はないのでしょうね。

コーヒーを飲みながら、霧がかった朝やけが奇麗ですね。。3杯ぐらい飲んでしまいました。


しばらくすると船は丰都县に到着します。この県は丁度重慶市の真ん中あたりにあります。
ここで船が止まりまず朝食となります。部屋毎にテーブルが決められていました。私は4番テーブルです。
1番、2番は英語圏の人たちのテーブルのようです。コーヒーとか出てますが。。。。
私達のテーブルはなにもありません。テーブルの客はすべて中国人で、完全に中国人あつかいですww。
隣のおさんには最後まで外国人だとばれなかったようですww
そして心配した朝食ですが、バイキング形式で結構まともでした。この日は写真を撮り忘れたので明日の朝はUPします。

船は豊都鬼城に到着して、行く人は豊都鬼城観光、行かない人は船で待つ(文化活動)ということのようです。
私が観光にいこうとすると、部屋掃除の小妹がやってきて部屋を掃除するといいます。
一晩経ってすぐなので。。。部屋はちらかってましたが。。。明日はゴミだけ片付けてくれれば、部屋掃除要らないと言っておきました。

船から出る際にいくつかのグループに分かれます。1グループに1ガイドが付くようです。
またこの船の乗客だという証明のプレートをもらいます。これがないと船に戻れないそうですww
ガイドさんは英語と中国語の両方でガイドをしてくれます。
ヴィクトリア号

船からカートに乗って豊都鬼城まで行きます。そしてもしはぐれたり、登りきれ無かった利した場合、この場所にまた集合です。
この日はEOS6DとO-MD-E-M1mark2を持って出かけます。
豊都鬼城

豊都鬼城

豊都鬼城
「巴子别都」、「幽都」とも呼ばれ、歴史は東漢和帝永元二年から2000年もあるとなってます。
鬼の都ということらしいですが、中国語で鬼は幽霊のことですね。
しかし最初入った印象は、ここ寺風のテーマパークなんではないでしょうか?
チープな鬼の作りものが所々に置かれています。
f:id:shan1tian2:20170501090446j:plain
道教では東漢末に张道陵創立した「五斗米教」が巫術を吸収して,「鬼教」となって言ったとかなんとか。。良くわからない説明です。

奈河桥

豊都鬼城、奈河橋
「奈河」というのは道教で伝えられる地獄にある川の名前だそうです。
この橋は横に3つ並んでますが、真ん中を渡らないと意味がないそうです
善人は普通に通れ、悪人は橋で転んだりするそうです。
豊都鬼城、奈河橋
豊都鬼城、奈河橋
ここを通っておけば死んでから奈河桥を渡る苦労がないとかなんとか。。
私は転ばずに通れました。
今は普通に誰でも通れるが、将来は保護対象となり通れなくなるかもとガイドさんが言ってましたが。。。

石を必死に持ち上げている人がいます。なにをしているんでしょうね。
f:id:shan1tian2:20170501094812j:plain

本当でしょうか。。先に進みます。
f:id:shan1tian2:20170501095409j:plain
階段を上っていくと建物があります。ここでもガイドさんは字についての説明をしてくれましたが、
豊都鬼城
良く聞いてませんでしたwww。というか難しい中国語。。聞きたくないです。
豊都鬼城
ここからの景色はなかなかです。
豊都鬼城

鬼門関

さらに進んでいくと色鬼(スケベ),酒鬼(飲んべ)等の石像があります。

豊都鬼城
この船には専属カメラマンがいて乗客の旅行中の写真を撮っています、これを船に戻った後プリントして売っているようです。
一枚20元とか。。。高いですね。
私はSDカードのデータを買えるのか聞いてみましたが、データは売らないとのこと。。。がっかりです。
豊都鬼城
この人はNIKONのカメラで私はEOS6DとO-MD E-M1Ⅱの2つ持ちです。少しだけカメラ談議をしました。
私は風景ばかりでポートレイト的な撮影はほとんどしないので。。。人を撮るのは難しい的な。。感じで。。。
豊都鬼城

天子殿

そしてこれが閻魔大王の建物。
この中には閻魔大王の判決場所(裁判所)的なところがあり、笑っている裁判官と、怒っている裁判官がいます。
豊都鬼城
この建物の前に片足で立って3秒静止する儀式。。。
f:id:shan1tian2:20170501103236j:plain
閻魔大王だそうです。
豊都鬼城
他にも地獄のジオラマとかがありまさに地獄絵図を再現した感じでしたが。。。チープですね。ここに290元も払ったのか。。。。
歴史ものと作りものが混ざった不思議な所でした。

最後に塔があります。中には入れません。というは張りぼてなのかもしれません??
f:id:shan1tian2:20170501105756j:plain
ここで奈河桥で撮影された写真を買うことができます。
気にいったら買うこともできると言っているので、まじまじと見ていたら見るなといわれました。。。
きっと見ないで買えということですね。。


とにかくとてもチープな場所です。れ獅子のある部分、後付けの部分、もっとこう趣があるように作れなかったのでしょうか?
駐車場まで行くと変なのがいます。僵尸(ジャンシー)でしょうかね?日本だとキョンシーって言ってますが、小さい子供は相当怖がってます。
豊都鬼城

船にもどりますが、外に出たついでに帰りに飲み物を調達して戻ります。
维多利亚凯琳


ちなみに、ここの隣にあるでっかい顔の建物、これは豊都鬼城ではなく、豊都五魚山玉皇聖地という別の観光地だそうです。
f:id:shan1tian2:20170501105504j:plain



つづく。。。。