異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

フリー旅行中の移動の事は考えたくない人へ、携程で旅行の手配、現地の車を手配してみましょう。

旅行計画 蘭州

蘭州に釘付け状態で。。。。困りました。。

中国国内旅行の際に飛行機のチケット、高速鉄道のチケット、ホテル予約これらはいろんなアプリでできますが、
現地に着いてからどうやって目的地に行くか、これは結構問題です。
現地に知り合いがいない場合、また地下鉄などがない場合、バスを利用することになります。
遠い距離の長距離バスだとバスを降りてからまたバスを探さなくてはいけませんね。
タクシーとかだとぼったくられる可能性があり、また遠い場所だと結構お金がかかります。
滴滴打车だと、行きは良いですが、帰りの心配をしなければいけません。
そういう場合は、中国語必須ですが、Ctrip(携程)で包车(専用車)を雇うのが良いかもしれません。
これなかなか便利です。
Ctrip(携程)の目的地攻略→当地向导→用车租车と入って行き、よさげな所を選びます。



私は何回か利用していますが、今回、嘉峪関と張掖に行く際にも利用しました。
旅行の記事はまたいつか書きます。
予定ですが、まず、蘭州発の一泊二日です。

1日目

蘭州から嘉峪関まで飛行機行きます。
嘉峪関で3か所観光(長城第一墩,関城、懸壁長城)

嘉峪関から張掖へ高速鉄道で移動、ホテルに宿泊

2日目

張掖の観光(丹霞地貌,马蹄寺,大佛寺)後、
高速鉄道で張掖から兰州へ移動
という感じです。

Ctrip(携程)で車をチャーター


嘉峪関の観光の車と、張掖の観光の車をCtrip(携程)を通してチャーターしました。
Ctrip(携程)でよさげなサービスをを選んで微信で連絡を取ります。
行きたいところを言うと、値段を言ってくるので納得したら、代替先に手付金いくらだと言ってくるので(おおよそ全額の1/3ぐらい)
それを支払うと、契約完了です。(嘉峪関は200元だと言われたので、微信でそのまま50元払いました。)
しばらくすると、実際の担当者から電話が来ました。
空港まで迎えに行くと+60元かかると。。。まあいいかと思ってOKしました。

嘉峪関の車


当日嘉峪関までの飛行機が30分ぐらいはやくついたので、少し待つことになります。
しばらくして連絡が来て、車のナンバーを教えてくれます。そしてさらにタクシーだといいます。
何とこのチャーター車の運転手はタクシーの運転手でした。観光地も熟知していていろいろ説明してくれます。
私を目的地に送ってここは何時間ぐらいだから1時間したら戻ってくるとか。。。
どうやら私が観光地を観光している間はタクシー業務をしているようです。

ちょっと運転が荒かったですが、やはりプロですね。ちゃんと任務を遂行してくれました。

張掖の車


私は観光地を回りながら当日のホテル予約と次の日の張掖の車をチャーターします。
私が連絡したところは張掖の車もやっているようなのですが、400元と言われてちょっと高いな~と思いつつ、めんどくさいので
そのまま頼みました、前金は160元でした。
そして担当者(運転手)から電話が来ましたが。。。 ○▼※△☆▲※◎★●・・・ 聞き取れません。。。听不懂です。
わからないので微信で話そうと思い伝えるとこっちの普通語は通じるようです。
微信に追加して話をしますが、こっちは文字で打っていますが、向こうは音声で送ってきますwwww
意味ないじゃんwww。
全然わからないのでこっちの用件だけを伝えます。
1、今日20:30過ぎに張掖西駅に着きます。なのでホテルまで送ってほしい。
2、明日行きたいところは、張掖丹霞地貌,马蹄寺,大佛寺の3つですが、時間がなければ马蹄寺,大佛寺のどちらかは行かなくてもよい
3、明日の18時前後の高速鉄道で蘭州に帰るので送ってほしい。
すると彼は理解したようです。とりあえず今日20:30に来るとのこと。。(ちゃんと文字で入れてくれました)

この運転手普通語は話しませんが、とても親切です。昼飯をおごってもらいました。。
張掖丹霞地貌,马蹄寺,大佛寺の3か所をちゃんと回ってくれました。
まあなかなか楽しめした。


移動ルートを考えるのも旅行の楽しみのひとつという人もいますが、
移動の事は考えたくない人、時間をかけたくない人には便利なんじゃないでしょうかね。




それはそうと記事を書かなくちゃいけませんね。。。。

清朝末期、蔡锷のドラマ「护国军魂传奇」の紹介。

中国時代ドラマ 中国時代劇

f:id:shan1tian2:20161117231628p:plain 清末の軍人「蔡锷」が主人公なドラマです。全37話

古装物ではないですが一応時代劇扱いにします。 日本軍がほぼ出てこないこの時代のドラマって結構貴重だと思います。 蔡锷は初代雲南都督で袁世凱が皇帝になろうとするのを阻止するため護国戦争を起こします。
袁世凱は実際は皇帝になったようですが。。
この時代のことってあまり知りませんが、俳優、キャストが知っている人ばかりだったのでつい見てしまいました。
というのもこのドラマ、キャストが木府风云と非常に似ています。雲南がらみだからでしょうかね?
それとも監督が于荣光だからでしょうかね?
さらに主役の蔡锷(木府では木隆)も于荣光です。
李书文=朱晓渔(木府では木增)
宋运成=唐宽(木府では西和)
大江诚=孙玮(木府では木坤)
他にも見たことのある人が。。。出てきます。
このように于荣光が監督のドラマには木府风云に出てきた役者さんが結構出てきます。
同じようなキャストの現代ドラマもありますね。イメージが全然違います。。
が宋运成と于荣光はやはり敵同士なんですね。。

女優陣は一変しています。と言ってもあまり出てきませんが。。。
潘慧英=郭金
小凤仙=王力可
などです。

蔡锷という人物ですが、日本に留学をしています。日本で軍事学を学んだ人のようです。
ドラマの中でも非常に頭の切れが良い人として演じられています。
1916年までのドラマということでよくある反日ドラマとは違い、日本が中国に押し寄せてくる前の話です。
ちなみに蔡锷は日本で亡くなっています。
最後までみましたが、結局北平を抜けだし、雲南に戻るところまででドラマは終了して、
袁世凱との戦いと結末は字幕のみです。


よくある反日ドラマとは映像的には似てますが、少し系統が違うと思います。私は流し見しましたが、話でしか日本は出てこないと思います。 おもしろいかどうかといわれれば。。微妙な感じです。

いったい何人なの?中国語の発音が悪い人の面白い会話

上海 中国語

今日はたぶん旅行しています。 今日はストックからです。

レストランでのお客と店員のやり取りで、面白い笑い話を教えてもらいました。 店員:ニーハオ、ニーメンジーウェイ?(你好,你们几位) (こんにちは、何名ですか?)

お客:シーイーガレンダ(是一个人的) (一人です、強調しているつもり)

店員:シーイーガレン?(十一个人) (11人??)

お客:チーシイーガレン(其实一个人) (実際は1人)

店員:チーシイーガレン??(七十一个人) (71人??)

店員:メイヨウゾウウェイラ(没有座位了) (そんなに座席はないです)

店員:ダオディジーガレン?(到底几个人呢?) (いったい何人なの?)

お客:ジューシイーガレン(就是一个人) (おっしゃるとおり一人です)

店員:ジューシイーガレン!!!(九十一个人!!!) (91人!!!)

中国の発音が悪いとこういう会話になってしまう可能性があります。 是(shì)と十(shí) shi→4声と2声
其实qíshíと七十qīshí qi→2声と1声
就是jiùshìと九十jiǔshí jiu→4声と3声
それぞれ同じ話し方なのですが、声調をかえないといけません。 慣れてくると、これよく忘れるんですよね。

個人的には10と11も区別がつきにくいです

蘭州出張10日目、牛肉ラーメン7元、追加牛肉8元

甘粛 蘭州市

2017-02-17
蘭州出張中です。まさか二回目の週末を迎えるとは。。。
最悪金曜日に上海ということになるよりはよかったのかもしれません。

ここ蘭州といえば蘭州ラーメンが有名ですが、その牛肉ラーメンですが、
上海で食べるのとはちょっと違います。味は同じですが、本場の牛肉ラーメンには牛肉が少ししか入っていません。
上海で食べると牛肉付で12元ぐらい、ここ蘭州だと牛肉が少しで7元です。
それじゃあ牛肉追加すればよいではないかと牛肉を追加するとこの牛肉一皿8元です。
なんとラーメンより高いですね。。びっくりしました。



そういえば最近、この空気の汚い蘭州でも金星がやたら光っているなと思って今いましたが、
2-17日の夜は一等星の170倍の明るさだそうです。めっちゃ明るいですね。



明日はこっそりとどこかにいこうと考えています。ということで、明日の分のブログはストックから出すことにします。

蘭州出張9日目、ここは静電気がすごい。

甘粛省 蘭州市

2017-02-16
蘭州に出張に来ています。
いろいろと問題が発生しています。基本的には客先の無茶ぶりなんですけど、それだったら協力してくれてもいいのに。。。。
詳しく事情は話せませんが。。。あんたらのためにやってんだけど。。。。
と思ってしまいます。どうやら今週も上海に戻れそうにないです。
客先の社員さんはみんな帰っちゃいましたが、
結局日が暮れて真っ暗になるまで、というかPCのバッテリーが切れるまで外で仕事をしていました。。。

守衛さんに何やってんのと声をかけられたりしましたが。。。。
なんだか私たちはなんか利用されているだけの気がしてきました。
まあなるようにしかならないので。。。。


話は変わってここ蘭州ですが、めちゃめちゃ乾燥しています。
また空気悪いですね。いちおう金星とシリウスとオリオン座の一部は見えていました。
静電気は今まで体験したことないくらいすごいです。椅子に近寄ると服が静電気で引き寄せられます。

またパソコンに触るたびにバチッと音がします。部屋の湿度は30%ということですが、
朝起きると少しのどが痛い感じがします。水を飲むと治りますが。。。
電子機器のテストをやっているのでバチッが来ないように細心の注意をしなくてはいけません。。。
なんか私、こんな帯電体質だっけ???
ブログ書きながらバチッバチッ言ってます。。。

後、今日、ホテルのまかない飯を食べさせてもらいました。
ずっとこのホテルに泊まっているので。。。おばちゃんと少し仲良くなりました。
どうやら家族でホテル経営やっているみたいですね。
味のほうですが。。。その辺のレストランよりうまいじゃん。。。