異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

金山嶺長城から再び北京へ-金山嶺長城一人旅(9)

金山嶺長城一人旅です。前回の記事ははこちら。

www.sonnagaya.com

2018-09-16 金山嶺長城旅行景区→北京

昨日は夜空に星が見られてとてもよかったです。もうチョイ見ていたい気もしましたが、曇ってきたので仕方ありませんね。
朝起きて直ぐに出発する事にします。本当はそんなにあわてる必要もなかったのですが、まあ今回は初めてなので、念を入れて早めに出発する事にします。

金山嶺の万里の長城はとても綺麗な場所でした。空気もすごく良い所です。それほど交通が不便ではないので、機会があったらまた来たいですね。

午後の万里の長城

www.sonnagaya.com

午前の万里の長城

www.sonnagaya.com

昨日の運転手さんに連絡して7:30に迎えに来てくれと話します。
朝食は食べないつもりでしたが、宿のおばちゃんが食べていけと言うので、いただく事にします。

どうやら朝食付きで宿をとってあったようです。
めっちゃたくさん出たのですが、こんなに食べれないと言うと、いいよいいよと言ってくれました。
さらに出る時、送っていくと言いますが、それはしなくてよいと言って分かれますが、ここで電話がかかってきます。
運転手さんは昨日と同じく駐車場まで入れないようです。宿のおばちゃんに電話を替われと言うので、替わります
おばちゃんとおっさんは何か話した用で、どうやらおばちゃんが私を外まで送ってくれるようです。

出てきた車がこれ、三輪車の荷台に乗って下まで降ります。朝の風は結構冷たいです。

下まで降りておばちゃんとは分かれます

谢谢谢谢

おばちゃん、本当によい人でした。
そしておっさんはゲートの外で待っていました。そこから再び高速サービスエリア(金山嶺高速服务区)に向かいます。
これ10:00まで待てば無料なんだけどな。。。


おっさんはご機嫌でした、サービスエリアに着いてあの万里の長城が司马台だとか、いろいろ説明してくれます。

そしてここでのチケットの買い方ですが。。。

一番端のコンビニの中にバスの切符を売る女性がいます。
おっさんはこいつから買えと言って説明してくれますが、ここの女性、めっちゃ気が強くて、なんかいやな感じです。
そしてこの女性はバスが来てから出ないと切符は売らないと言います。
仕方ないので待ちますが、しばらくすると私と同じような旅行客が増えていきます。
これ切符買えるのか?こいつら絶対予約なんてしていないだろう的な感じです。おっさんは必要だと言ってましたが、名前も確認していないし、そもそも予約の必要があるのか分かりません。
バスが丁度出たばっかりだったようで、30分ぐらい待つことになります。


バスが到着して何とか乗ることができました。料金は同じく32元です。
高速を走っている最中に一度サービスエリアで休憩があります。

これは行きと同じですね。
そして違ったのは、北京に入る際に検問があると言う事です。この日は特別なんでしょうか?厳しいですね。
まあ中国では省跨ぎの際によくある話です。私は上海から江苏に入る際にたまに止められます。人相が悪いからですかね??
という事もあり、車掌さんが身分証をよこせと言ってきます。私はパスポートを出しますが、それは要らないと言われましたw

なんだよ。。要らないのかww

武装警察がバスに入ってくることもなく無事に抜けられましたが、やはり今週は北京に誰か来ているのでしょうね。
途中のの景色も綺麗、北京に近づくにつれて天気が良くなっていきます。


結局、午前10時ぐらいにバスは北京(望京西駅)のバスターミナルに到着しました。





この日の北京の空はめっちゃ青かったです。