異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

快晴!絶景の金山嶺長城旅行景区-金山嶺長城一人旅(5)

金山嶺長城一人旅です。前回の記事ははこちら。
前回の記事までで金山嶺長城旅行景区に到着しました。

www.sonnagaya.com

2018-09-15 金山嶺長城旅行景区

まだ午前中ですが、民宿を出て万里の長城に向かおうと思います。出る時天気はあまり良くなかったのですが、だんだん晴れてきました。

その時はあまり考えてなかったのですが、後から思えば考え無しに65元払ってとりあえず景区に入ってしまいます。
荷物があるのでロープーウェイを利用します確か45元ぐらいだったと思います。

行列も無しにそのままロープーウェイに乗ることができます。金山嶺は交通が不便だからでしょうかね観光客も少ないです。

ロープーウェイの到着駅からは綺麗な景色を望む事が出来ます。まさに絶景と言うやつですね。
写真を撮ってるとんん?明らかに変なものが映っているぞ?とおもったらセンサーにゴミが付いていました。
と言うかここまで来て気付きました。ここって食事処ないじゃん。。

また標高は330mぐらいです。あまり高くは無いと言え少し涼しい感じがします。
と言うか、さすがにこの装備で夜までここに居ること出来ないよね。やはりいったん戻るしかないですね。

それにしても凄いです。

まあとりあえず時間もあるし、この長城を東門に向けて登っていく事にします。


途中の建物みたいなところがいくつかありますが、飲み物やお土産などは買えるようです。

急な階段があります。半端なく急です。さらにと言うか、万里の長城です。万里と言うだけあって、終わりが無いじゃないですか。。。

何処まで行けば個人的に満足するのでしょうかね。。。自分で目標を決めないときりが無いですね。

なかなかの風情ですw

道は補修されていません。


夜の撮影で良さ気な場所を探しながら散策していきますが、私の目的の空は北と南です。
北には宿のある街が、南は何もないですが、高速道路があります。
何を言いたいかというと、万里の長城自体は当然東西に延びてます。長城で撮影するからには前景には長城を入れたいですよね。。
そこで北と南を撮影するには、長城が北と南に向いている場所を探さなくてはいけません。そして夜はあまり高い所に登りたくないので中々良い場所が無いです。

最初はいろいろ考えていましたがのぼりがきつくなるにつれて。。。
まじか。。。これ登るのか。。。

何も考えずにただ登るだけ


になってしまいます。

途中ボロボロになっている場所があります。こういうのも歴史がある感じでよいと思います。がそれを修復されている場所があります。
切れ目がはっきりとしていますね。まあこれから補修していかなければいけないので大変だとは思いますが、修復も新しすぎると文句言われそうですし、難しいですね。


さらに登っていくと、地元のおばちゃんに出くわします。どうやら私に写真集を買わせたいようです。とても綺麗な金山嶺の写真集で他では買えないとの事。
ずっと付いてきます。おばちゃんにどうやって登ってきたのと聞くと、どうやら小さい道があるようです。
それはこの長さですもの全てを封鎖するわけにはいきませんね。何処かに必ず抜けられる道があるはずです。
地元の人はこういう所を知ってるんですね。ついでに道を聞いてみましたが、彼女の家は、正門側ではなく2kmぐらい先にあると話していました。
夜入りたいから道を教えてくれと言うと、普通の人は進めない道だと。。。


じゃあ他に方法はあるのか?と聞いてみると、もう一度チケットを買って夜18:30前に入ればよいとの事。。
もしくは民宿の人達なら他の道を知っているかもしれないと言われます。
うーんそれしかないか。。。とりあえず帰ったら、宿のおばちゃんに聞くか。。。

そこから毎日ここに登ってきて商売をしているようです。100元だった写真集が70元になりました。それでも買わないというと今度は泣き落とし作戦に出てきました。
生活がかかってるから助けると思ってと。。。言ってきます。それでも買わないと言います。
長城を登りながらずっと付いてきます。

さらに登ろうかとも思いましたが、おばちゃん曰く金山嶺と司马台は昔は繋がっていたが、今は切り離されて行けなくなっていると言います。
行けてもあそこの高台までだと話してくれ、景色はあまり変わらないと。。。これ以上言っても疲れるだけだと。。話してくれます。
一番上だと見られる景色が違うかもしれないよと話すと。。。変わらないとwww

ずっと眺めていたい感じです。


天気はますます良くなっていきますが、一端下山する事にしました。
今まで沢山万里の長城に行きましたが、この万里の長城は八達嶺と似た感じですが、ここ金山嶺はより壮大な感じですね。

北京八達嶺の万里の長城

www.sonnagaya.com