異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

曼德拉山岩画と荒野の絶景(6)内モンゴル・アルシャー盟一周旅行

2019-09-30 アルシャー盟右旗

内モンゴルアルシャー盟一周旅行に来ています。2日目が終わり、3日目です。まあ1日なかったと同じなので実質は2日目なんですけどね。

www.sonnagaya.com


この日は阿拉善左旗から阿拉善右旗に向かいますが、途中で曼德拉山岩画を見る予定です。マンダラ山ですwすごい名前ですね。
どうでも良いですが,内モンゴル/阿拉善盟内に旗は3つあり、一つは额济纳旗,後の2つは阿拉善左旗と阿拉善右旗です。
なんで東が左旗で西が右旗なのでしょうかね。これは昔のモンゴル人から見てるから何でしょうか?
ガイドさんには事前に実質ほぼ移動だけだと言われました。
まずは320km先にある曼德拉山岩画を目指します。ここまで計算どおりなら4時間だそうです。


朝食が配られますが・・・これはちょっときついですね。ちょっとまずかったです。
そして道ですが。。。結構揺れます。揺れすぎてこれは普通に寝れませんね。ちょっと寝る角度を考えないと。。。
一度か二度、休憩があったようですが、一回寝ていて逃したかもしれません。

3日目

阿拉善左旗→阿拉善右旗
・曼德拉山岩画

ひたすら走ります。

午前中は移動だけです。昼食の場に停車します。ここは食事と言ってもあまり選んでもいられないような場所です。

食事の際に卓球の中国VSに日本の試合をテレビでやってましたが、いつの試合だったんでしょうね???

13:00過ぎぐらいに、ようやく曼德拉山岩画に到着です。外に出ると日差しは強いですが、風が冷たくてちょっと寒いです。
慌てて長袖を着ました。

曼德拉山岩画(Mandela mountain rock)


「世界最古老的艺术珍品之一,堪称“世界第二,亚洲第一”」
世界最古の芸術珍品の一つ、世界第2、アジアNo1と称えるべきだそうですw
。。。。。。
この観光地は全然整備されていません。これ。。この岩画本当に重要なものなんでしょうかね。もうちょっと保護したほうが良いと思いますが。。。
誰かに取られても知りませんよw グルーっと一周、山の上まで登れるようですが、まあ流石に山登りはしませんw

大げさなキャッチフレーズですが、荒らされた岩山のようです。ここの岩の形はなんか独特です。

ポートレートはちゃんと撮っておきます。荒野の美女といったところでしょうか?

遠くの景色は素晴らしいと思います。

そしてその岩画がこんな感じです。このちっぽけな絵のためだけに来ています。www

何のことはない岩の落書きですが、はたから見ると古代人が書いたのか誰が書いたのかわからない感じですね。

観光地にもなっておらず閑散としています。ここの山からドローンを飛ばしました。

遠くに街の後みたいな遺跡がありますね。

まあそれ以外はひたすら続く荒野ですね。これだけの荒野、すごい景色だと思います。

多分1時間もみてません。まあ見るものは景色と岩画だけです。
戻ってきてトイレですが。。。。ここのトイレ。。。扉を開いて入ると、下が草原です。。。。
感想を求められ、トイレはチャイニーズスタイルだったと言うと。。。

全力で

「嫌違う!」

といわれましたが、実際此処から先はこういうトイレが多いと思います。
もう少し遠くにBOXタイプのトイレが有りました。が、少しはマシでしょうが、BOXなので匂いは更にきつそうです。


そして再びバスに乗ります。
途中で巴丹吉林沙漠(バダインジャラン砂漠)の端っこ辺りの道で休憩があります。


ここで写真を少し取りました。
若い人たちは結構はしゃいで色々と写真を取りますね。私は見ているだけです。

そして明日は国慶節(10/1)同部屋のHさんはなにか動画を作ろうと考えているようですね。

ちなみにこの辺のひたすら続く道、作ったのは良いんですけど、それほど人が多い道ではありませんがメンテナンスどうするんでしょうかね?
まあ私がそういう心配する必要はないかもしれませんね。

今日の曼德拉山岩画のドローン写真をくれと行ってきました。

今日の移動距離はこんな感じです機能より相当進んでますね。そして左旗から右旗までやってきました。

夕日が沈む前に阿拉善右旗のホテルに到着しました。
ホテル情報:
阿拉善大漠明珠酒店

hotels.ctrip.com
この日のホテルもトリップアドバイザーからは検索できませんでした。この辺境まで来る人はあまりいないのでしょうかね?

小さなホテルですが、まあ普通のホテルです。19:00過ぎに7人で食事に行くことにします。
街も昨日と比べると大幅に小さい感じです。
私達は食事の前にホテルのフロントにタクシー会社を紹介してもらいます。
もちろん星を撮影するために郊外に出ようと考えての話です。

「今日は撮る」

なんとなく決めていました。
とりあえず同部屋のHさんに任せます。Hさんは予算を聞いてきて私は100と答えましたが、200(一人100)なら良いかなと思い訂正しました。
200元でチャーターできたようです。21:00ぐらいに出発する予定で、だいたい24:00ぐらいまでの計画です。
運転手さんは最初300と言ってきたようですが、彼が200まで下げました。

食事ですが、この日も火鍋です。今日の場所は割と近かったので良かったです。


火鍋の店ですが、皆大众点评で調べているのでしょうか?同じツアーの人たちも結構見かけます。
そしてこんなに人が押し寄せるのことがないのか???
鍋なのに。。。1時間近くたっても食事が出てきません。。。。。
その間。。。何回か夜空を確認しましたが、まあ良い感じなのではないでしょうかね。
出てきたのは20:00前です。。。味はまあまあでした。
食事中ですが、時間がないので、20:40分ぐらいに二人だけ先に抜け出してホテルに戻ります。