異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

GWの星の撮影小旅行IN嵊泗島(7)・上海から嵊泗島のまとめ

2020-05-04 上海

GWの晴れ間を狙って浙江省舟山の嵊泗島まで行ってきたのですが、そのまとめと感想を少し書いていこうと思います。

島の天気はわからない。


日本も島だといいますが、この島はめっちゃ小さいので大陸の影響を受けやすいのでしょうか?そもそもここの気候がそうなのか?
天気予報が晴れでも実際夜になると霧が発生したり、晴れでも空気の質が悪かったり、この辺りはどうしようもありませんね。
天気予報の他に事前に気温差を確認するとか、それでもやはり確実性には欠けます。

上海と同じような感じの空ですね。ということで明るさがどうのこうのというよりも絶好の撮影日和でない限りこの辺での撮影は難しいかもしれませんね。
もう少し大陸から離れた枸杞岛まで行けばまた状況が変わってくるかもしれません。

上海から嵊泗島への往復


嵊泗島へはまず。上海の滴水湖から東海大橋を渡って浙江省の舟山(洋山)の港に行きます。ここまでは陸続きです。

そこから舟のチケットを買うわけですが、ここまでの足って結構めんどくさいですね。
ということで南浦大桥からバスが出ています。そしてここでも舟のチケット+バスのチケットが買えます。
これを利用するのが便利だと思われます。
Wechatからも購入できるのですが、現在外国人はネットで買えないようになっています。なので、人気の場所(枸杞島)などに行きたい場合は、
中国人と比べてチケット争奪戦に不利になっています。

そして片道でしか購入できません。
嵊泗島についたら嵊泗の火车站で次の日の南浦大桥行きのチケットを購入することができます。港では当日のチケットしか購入できません。

心配な人は事前に買っておいたほうが良いと思います。

嵊泗島の交通


交通手段はバスかタクシーです。
バスの料金はまあ安いです。アリペイで支払えます。が、行き先が観光地しか無いのと途中で自由に下りられないということもあって、バス停書いてあるけど、どこ?って感じでちょっと不便ですね。
その点はタクシーが便利かと思いますが、これもなかなか捕まえられません。

島には舟でしか来れないので、港が一番タクシーが集まります。なにもないところで滴滴でタクシーを探してもなかなかというか、私は一回も捕まえられませんでした。
もう一つレンタル電動自転車というものがあります。結構な人が利用していましたが、ホテルが島の西側の人にしかレンタルできそうにないですね。

嵊泗島の東と西

島の東と西で相当環境が変わります。タクシーの運転手さんも話していましたが、東側に行くことはあまりないそうです。
東側ではタクシーも見つからず、食事処もなく、更には出前の一つも見つかりませんでしたが、何もない場所です。
その代わりと言ってはなんですが、東は静かです。そして夜は西よりも暗いです。天気さえ良ければ天の川もはっきり見えます。
西はリゾート、東は田舎という感じで、西に滞在するか、東に滞在するか、これ人によって分かれるんではないでしょうか?