異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海らしい景色が撮影できる沙美大楼でポートレート撮影会

2019-09-14 上海

中秋節休みでしたが、初日はどこにも繰り出さず、引きこもっていました。2日目ようやくまちなかまで繰り出しました。
涼しいかと思っていましたが、結構暑かったです。
沙美大楼は北京东路-四川中路にある建物で1921年に建てられた建物のようです。
今は内装を改築中で、中には何もありません。入場には50元必要ですが、結構たくさん人がいます。
高いビルに登らなくても上海らしい景色が撮影できます。そのせいか割と沢山の人が来ていて撮影の邪魔になりますが、まあ仕方ありませんね。
ちなみに14:30スタートが始まったのが15:30です。


中は改修中だけあって埃っぽくて結構汚れます。最初は屋上まで登りました。
こういう場所普通にあったんですね。


なかなか上海っぽくて良い場所だと思います。

早速撮影開始ですが、この日のモデルさん、結構動きます。

天真爛漫と言いましょうか、ピッタリと止ってくれないので、微妙に動き、撮りづらかったです。
実はモデルさん二人いたんですが、私は派手な方にしました。そっちのほうがなんとなくゴージャスな上海っぽくなるかと思ったからですが。。。

立った写真はとてもスレンダーです。

本当はめっちゃ細いんですが、座ると服がだぶついてか??ちょっと太っちょに見えますね。モデルさんを細く撮るのも撮影者側の努力だと思います。


手すりがかなり邪魔ですね。脚立持ってくればよかったです。。
広角レンズで下の道が入るようにさつえいしても面白い写真になります。あいにく今日は35mmより広角レンズがありませんでした。。。

色々と場所を変えながら撮影をしていきます。


そしてどうやら夜景も撮影するようです。長丁場ですね。
暗くなると東の空にお月さまが。。。中秋の名月ってやつですね。



夜景になるとやはりこの女の子。。。動くので更に取りにくくなります。結局シャッタースピードを稼ぐためにISO3200まで上げました。
夜景撮影は次の記事で書こうと思います。