異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

飲みの席での他愛もない話の中にも良い話はある。

年末年始で飲み会が増えています。
色々と飲み会のなかでいろんな人からいろんな話を聞きました。その中で頭に残っていることをいくつか書いていこうかとおもいます。

中国人の考えと日本人の考えのギャップ

ある中国人が日本に行った時の話、中国人は田舎でスイカを買おうとしたようです。
日本ではスイカ高いですよね。中国ではスイカはめっちゃ安いです。10元(160円)とかで一玉買えたりします。
旅行先でスイカを買おうとした中国人は値段を聞いて、1個1700円だといわれたようですが、おばちゃんは1つおまけでつけてくれるといいます
中国人的な考えではおばちゃんが「貧乏なのに中国からはるばる日本に来たんだろう?だから2つあげるよって」と言っている様に聞こえたようです。
それに対しておれは金持ってるよ的なのか知りませんが、メンツの問題なのか5000円を渡したようです。
この話のなかでは両方が矛盾しているように思えます。

まずおばちゃんはどう思ったのか本当は優しさだったのかもしれませんが、今の中国人は今の中国人は昔と違って、日本に旅行に来るような人はめっちゃお金持ちです。
対して中国人は、単純におばちゃんが優しく接してくれたとは考えれられないのでしょうかね?


コンサルの勝負所

コンサルについて聞きました。私自身コンサルって何をしているのかよくわからない所があります。
色々なコンサル会社がありますが、うまくいく秘訣は依頼会社の側ではなく必ずお客さんの側に立って勝負するというものです。
専門知識について語ってもそれは依頼元の会社のほうがもちろん専門家です。それで依頼会社を説得、勝負することは出来ません。
ただし、いろいろな経験の元、客の立場として、つまりは客はこういう思考で動くなどがわかればそれで勝負できるということのようです。



仕事に対しての考え方。

ある会社の社長は昔私にこういいました。

「会社の社長は24時間、365日仕事をしている」と。。。
それと同じような話しを先日同僚から聞きました。

「成功したいと思うなら24時間365日連絡が取れる状態にしておけ」

ということです、
一般の会社員は労働基準法に縛られています。これから脱出するのが成功できる秘訣だそうです。
それには前提として、いろんな人と知りあうということも必要なのでしょうけどね。



以上適当なことを並べて書いてみましたが、全て飲みながらの話で的確ではないかもしれませんwwww