異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

世界遺産、楽山大佛、あり得ない人の数。四川、重慶フリー旅行IN春節 (14)

2017-02-01
明けて1日、この日は楽山大仏に向かいます。
友達の友達の車、何とアウディA6です。この車凄いです。
この大きさで4人乗り、シートにマッサージが付いています。。
友達とその友達と彼女、私、4人で出発です。
8時に出発のところ少し遅れて出発することになります。
途中AAAA旅行景区のパーキングで食事をします。AAAA旅行景区といっても普通のPAです。
いつも思うのですがこのA何級ってどうやって決めているのでしょうかね?
ここのワンタンはさすがは成都めっちゃ辛いです。

成都から樂山市まではそんなに離れていません。約2時間ぐらいで到着します。

ここで友達の友達夫婦とはいったん別れます。

楽山大仏(Leshan Giant Buddha)


峨眉山と楽山大仏(Mount Emei Scenic Area, including Leshan Giant Buddha Scenic Area)として世界遺産に登録されています。
この仏像高さが71メートル、世界一の大きさです。

The Giant Stone Buddha at Leshan Mountain in Sichuan Province of China, carved in the Tang Dynasty, is 71 metres high, making it the largest statue of Buddha in the world.

入口から仏像までは相当距離があります。チケットを買う際に整理券をもらいました。
これが何を意味するか後になって分かります。

途中遊覧船乗り場がありますが、凄い行列です。遊覧船。。何でこんな人気なんでしょうか?
遊覧船乗り場は無視します。
ようやく本当の入り口に到着です。

山道はそれなりに狭いですね。
f:id:shan1tian2:20170201133816j:plain
山の下には大きな川が流れています。
さっきも見ましたが、遊覧船に乗っている人が結構います。この寒い時期にどういうことなんでしょうかね?
息を切らしながら何とか上まで登りますが。。。。何とこの行列。。。あり得ないです。

見てみると掲示板にはこの列に並べるのは整理券何番までと書いてあります。私たちの番号は遥か先。。。これ何時になったら並ぶことができるのでしょうかね?
f:id:shan1tian2:20170201135021j:plain




とりあえず一時間ぐらい待ってみることにします。
山の上では琴を弾いている女性がいました。
楽山

戻ってみると掲示板は全く動かず。。そして聞いてみると5時間待ちだというじゃないですか。。。今3時だから夜8時に見れるってこと?でもここって6時で閉まるんでしょう?どう考えてもおかしいでしょう???というか見れるか見れないかわからないのにチケットを売るのは間違ってると思うんですが。。。
友達はまたアウディの友達に連絡します。この状況だと夜8時になるかもと。。。。

掲示板にはあれだったら外の遊覧船から大仏を見てくださいとメッセージが。。。
そういうことだったのですね。大仏は川に面しているので川側から見ることができるのですね。

仕方がないので大仏の頭だけを映してあきらめモードで山を降ります。
楽山大佛
最悪この写真が楽山大仏の写真になりますwww。





出口です。
楽山出口




下まで降りてやはりあきらめがつかず、遊覧船に乗ることにします。この遊覧船も2時間近く待ってやっと乗ることができました。
行列




そして。。。。。。






ようやく楽山大仏を見ることができます。さすがにでかいです。
鼻が三角でちょっと手抜きな感じもします。
楽山大佛
これって山を削って作ったのでしょうか?昔の人はすごいものを作ったものですね。
楽山大佛
アップにしてみます。
楽山大佛


それにしてもこれ山側だと、近すぎて普通のカメラだと全部が入らないかもしれませんね。さらに側面の仏像も見れません。
楽山大佛
でもこの側面の階段下りてみたかったです。まあとりあえず見ることができて良かったです。
遊覧船は10分ぐらいこの場所に止まります。しかも一番撮影に良い位置は有料ということです。。
ということで楽山大仏は終了です。
再び入口まで戻ることになります。
小腹がすいてきたので三大炮っぽいものを食べてみました。やっぱりこれ美味しい。



出口を出て川の反対側の合流場所に向かいます。
この橋から見る景色は人が寝転がったように見えるそうです。
楽山大佛

それにしても春節2日目の中国はすさまじかったです。


今回わかったことは春節時に楽山大佛観光はやめた方がよいという事です。

続く