異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

ofo小黄車-上海でレンタル自転車を使用する。


上海ではレンタル自転車が流行ってます。上海での2TOPは今の所ofo、モバイクではないでしょうかね?
モバイクは押金(デポジット)300元が必要ですが、ofoは199元です。さらに支付宝の信用が650以上ある場合はデポジット不要とあります。

モバイクの使い方はこちら


今回はofo小黄車の使用方法を書いていこうと思います。
ofoはシステムがぜい弱(パスワードが同じ)で心無い人の囲い込みとかがあって使いにくかったのですが(一番下に書きます)、
新しいタイプのofo小黄車は少し賢くなりました。

普通に使う

通常の使い方はスマホアプリをダウンロードして、携帯番号で登録し、デポジット199元を支払えば使用できます。
デポジットの支払いは支付宝から支払えます。


入口が違うだけで使い方はデポジット無しで使うと同じです。
使わなくなったらデポジットは払い戻しできます。

デポジット無しで使う(支付宝)

デポジット無しで使う場合、支付宝の芝麻信用から入ります。通常の共享单车から入ると今のところ私はどうやっても失敗します。
(というかデポジットを払わないと先に進めない)

1.支付宝の芝麻信用から「骑行」をタップします。

2.そこから「ofo共享单车」を選択します。

3.この画面内の「立即用车」をタップ

地図の画面になります。

4.ここから「免费骑行」をタップします。

5.自転車番号を入力

すると以下の様に自転車番号を入力する画面になります。


「扫码用车」でofo小黄車の二次元バーコードをスキャンするか「请输入车牌号」の所に直接車番号を入れると4桁の鍵番号(パスワード)が表示されます。


その4桁のパスワードで自転車の鍵を開けます。

鍵が解除されれば成功です。これで使用できます。

自転車の私用が終わった時。

使用が終わったら鍵をかけます。最後に结束行程を押せばOKですが、鍵さえかけておけばアプリ操作なしで(押さなくても)大丈夫みたいですね。


今のところofo小黄車は無料で使用できるようです。いつまた仕様が変わるかはわかりませんが。。

古いタイプのofo小黄車の問題

ちなみに古いタイプのofo小黄車は鍵番号が同じなので一度番号を知ってしまえば鍵番号が変わりません。
そのため下の写真のように個人が自分で鍵を用意して他の人が使えないようになっているものがあったり、GPSもないようなので、人が来ない場所に隠したりできました。
私はたまたま見つけましたが、自分の鍵をかけて、道に堂々と放置されています。
鍵がかけられている

こういうの良くないですね。


今回はofo小黄車の使用方法を書いてみました。それにしてもこの上海自転車シェア争い。。。いつまで続くのでしょうか?そしていつまで無料なんでしょうかね?