異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

上海で酒場を探す。洋酒好きの人が選ぶ店の条件。

上海 夜の遊び場 酒場 nads

土曜日卓球の帰りに古北まで行きました。
卓球が終わるのが16:30それから数人で食事してまだ18:00ぐらい出です。
時間もあったので、知り合いに連れられてお酒通?の店を何件か回ることにします。
最初に行った古北路の店ですが、20:00ぐらいの開店のようです。。。
仕方ないので天山路を渡り茅台路に向かって進み、古北路の激安のスナックに行ってみることにします。しかしここも20:00から開店です。
うーんやはり時間が早すぎますね。。。
どうすると迷っていると向かいに酒場があるじゃないですか。。。
f:id:shan1tian2:20161120183221j:plain MBARと書かれていますが、
入ってみるとやっているという事なのでここでお酒を飲むことにします。
このお店の90%は日本のお客さんだそうです。日本語も大丈夫です。

そして日曜もやっていてなんと夜19:00から朝4:30までやっているそうです。
高いお酒から安いお酒までいろいろ置いてありましたが、
ここでラム酒を飲みます。私は全然知りませんでしたが、ラム酒はサトウキビから作るそうです。
f:id:shan1tian2:20161119191907j:plain
ロックで飲みましたが、ちょっと甘い感じです。ちょっと味がきつい感じもしました。

f:id:shan1tian2:20161120202341j:plain

酒場選びの条件

このお酒通の知り合いですが、酒場を選ぶ時に基準があり、この人なりにランク付けをしているそうです。
まあこういうのは人によって違うと思います。

1、ARDBEG(アードベック)が置いてある。
2、ジンが3種類以上ある。
3、アニス酒が置いてある。
というものですが、お酒を知らない私にとってはちんぷんかんぷんです。
アニス酒は前に飲ませてもらったことがあり薬っぽい匂いというか病院の匂いというかようどちんきの匂いがするお酒です。
このお店、ジンは2種類だけ、アニス酒もありましたが、アードベックはないようです。
それでも静かな雰囲気は気に入られたようです。
なかなか条件を満たす店ってないようですね。


2~3杯飲んで店を出ます。まだ帰るには時間が早いです。
そういう話を聞かされるとなんか彼の基準を満たす酒場に行ってみたいと思い、連れて行ってもらいました。
タクシーで古羊路-姚虹路まで行きます。この道には今は食事処がたくさんありますが、
道沿いの店は地下鉄15号線の建設でもう少ししたらなくなるという事のようです。


Spring Bar

目的地は古羊路一つ裏道に入り古羊路の505号のSimpleショットバーです。この裏通りほとんどの店が日本料理か日本のラーメン屋かバーのようです。
その前に最初にここの裏通り道の一番端っこの店、スプリングバーに行きます。
f:id:shan1tian2:20161119205749j:plain 彼はここにお酒を入れているようですが、実はここも彼の要求を満たすお店ではないようです。
日曜に来たらやっていたので入ったようですが、ここでHighlandParkの18年物というお酒を飲ませてもらいました。
とても高いお酒だそうです。自分で持ち込んでキープしてもらっているようです。
自分で持ってきたお酒をキープしてもらうって、キープ料金も取られますし、お酒好きじゃないとできないですね。
そういわれたからかもしれませんが、とても上品な味がしますね。
といっても同じようなお酒を出されてわかるかといわれると100%わからないとおもいます。


Simple

f:id:shan1tian2:20161120202326j:plain そしてこの日最後に行ったのがSimpleというショットバーです。
f:id:shan1tian2:20161119214520j:plain なるほどこの店は彼の条件すべてがそろっています。
ジンは4種類ほどあるようです。アニス酒もいろんなのが置いてあります。
まず初めにアードベックを一口飲みました。初めての見ましたが、これもちょっと薬っぽい感じですね。
この中でスコッチウイスキーを飲ませてもらいました。どっちがいいと言われましたが、味わかりませんね。
CRAGGANMORE(クラガンモア)と、THE GLENLIVET(ザ・グレンリベット)、透明な瓶のクラガンモアはさっきの店のHighlandParkと似ているような気がしますね。
まあ何も言われないで出され、わかるかといえばどうなんでしょう。。。きっと2択でもわからないですね。

もう一つのほうは同じ感じですが、ちょっと刺激が強い感じです。
ここでは緑の瓶のグレンリベットほうを飲ませてもらいます。
そこでいろいろ話を聞きました。ブランデーというのはいろいろ混ざっているウイスキーだそうですが、
モルツっていうのは混ざってないウイスキーのようです。
後、ロックの氷はなぜ丸いかとか。。。(丸が一番表面積が小さいので溶けにくいためそうなっているそうです) お酒の知らない私にいろいろ教えていただきありがとうございます。

こういう楽しみ方があるということをはじめて知りました。

お酒の好きな人ってこういう店に来るんですね。 カクテルを飲んでみることにします。カクテルはあまり詳しくないのですが、
とりあえずカルアミルクを作ってもらいました。 最後にフローズンマルガリータを作ってもらいました。
f:id:shan1tian2:20161119215937j:plain 彼はこういう所でお酒の話をするのが好きなようです。カウンターに座っていた中国人も通?なようでアードベックを飲んでいたようです。 本当はこういう人たちと会話したいんでしょうね。。。お近づきの挨拶に彼が自分のウイスキーを一杯あげると 日本語でありがとうと言ってくれました。

ちょっと飲みすぎましたかね。彼とはここで分かれて私はタクシーで帰ります。
やはり私に酒の味は分かりませんね。




す。時間が11時前ということもありましたが、やっぱこの間のタクシー絶対ぼったくりだ。。。。