異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

Angelababyの大漢情縁之雲中歌 21話あらすじ

中国時代ドラマ 雲中歌


孟珏はだんだんストーカー見たくなってきましたね。。
小妹は上官皇后です。父方の祖父は左将軍上官桀。母方の祖父は大司马大将軍霍光
凄い血統です。夫である皇帝、(劉弗陵、昭帝)がなくなった時点で、
まだ15歳だったようですが、このドラマではさすがにそこまで若くは見えませんね。。。
この小妹はとても無害な人だった様で、皇帝が次々変わる中、
上官家(すでに滅亡)、霍家が滅亡してもずっと生き残り、
太后太皇太后となったようです。


21話

上官小妹は橙儿に質問します。宮廷に入って何年だとかどこにいたとか。
橙儿は昭阳殿に居たと答えます。昭阳殿はもともと李夫人と言う人がいたようですが、
早くに亡くなってしまい空になっていたようです。
しかしながら寵愛を受けていた李夫人の部屋は皇帝によってずっと守られていたようです。
云歌が訪ねてきます。点心を持ってきたようです。
小妹は云歌は簡単に点心を作れるが自分はなにも出来ないと。
云歌は一人はそれぞれ良いところがあると言って慰めます。
体が治ったらサプライズを見せてあげると言って去っていきます。
霍成君が現れ橙儿は云歌のスパイだと言います。そして小妹にもっと気をつけろと言います。


子供を抱く刘病已,孟珏が入ってきます。
刘病已と孟珏は子供の事を話します、どうやらいかなることがあっても
子供が生まれたら届けなければいけないようです
(刘病已は現状皇族ではありませんが、子供の届け出は必要らしい)


云歌と皇帝はいちゃついています。二人ともすごく楽しそうです。いちゃついた後二人で外に出てきます。
云歌は许平君に会いたいと言い皇帝は明日一緒に会いに行こうと言います


街に繰り出す二人、と于安、人が集まって何かをしています。
気になった云歌は于安に自分は甥と言って輪の中に入れと言い。
于安はその輪に入っていきます。
そこに居たのはサルでした。。。
笑いを買ってしまいます。云歌はかわいかったと言い私の子供にしてもいいと言います。
于安も黙っていません。云歌に結婚していないのに子供がいるのならその親は。。と言って皇帝を見ます。。。
云歌は照れます。。。


刘病已の所に刘弗陵と云歌が現れまれ二人は再開します。
刘病已は玉を見て刘弗陵が皇帝だとわかったようです。
刘病已は二人を中に入れます。
云歌は名前を聞きますが、虎儿という幼名しかつけていないようで、
刘病已は刘弗陵(皇帝)に名前を付けてくれと話をします。
子供は刘奭となずけられます。
※刘奭は刘病已の次の皇帝の名前


刘病已に论语の中で何が一番好きかと聞く皇帝、子罕篇だと答えます。
(刘病已は何があってもいいようにひたすら勉強している様です)
刘病已は刘弗陵に寒さに耐えた後の松柏は存在する価値があるかと問います。
刘弗陵はいかなる生命も存在する価値があると答えます。
虎儿をかわいがる云歌にそんなに好きならすぐに結婚しなさいと言います。
刘病已は刘弗陵に云歌のめんどうを見てくれてありがとうと言います。
刘弗陵もそれまで云歌のめんどうを見てくれてありがとうと言います。


二人が帰った後刘病已は许平君に彼が誰か知っているのかと言います。
彼は皇帝だと言います。
そして何で皇帝に虎儿に名前をつけてもらったかわかったかと話します。
私に何かあった時に虎儿を守るためだと話します。


一方、宮廷内でも皇帝が云歌に刘病已の身分を教えます。。。
例の玉を見せてこの玉は同じ職人が作ったものだから刘病已を私と間違ったのだろうと。。。
云歌は彼に対抗するのかと刘弗陵に問います。(処分するのか)
刘弗陵は安心しろと言います。
そして刘弗陵は刘病已を宮廷に呼びます。心配する许平君。。。


皇帝と云歌は書庫に行きます。
云歌は皇帝にここの書は全部読んだのかを聞きます。
皇帝は当然だと答え答えられなかったらあなたとの約束(一年間宮廷にいるという約束)を、
1か月短くしてもいいと答えます
皇帝が答えられない問題はなかなか見つかりません。。
抹茶らから今日刘病已が皇帝に会うと言う話を聞き、云歌も行くことにします。
緊張する刘病已。。。面会する刘病已、
皇帝は質問をします。今までで何が一番楽しかったかとさらに今何をしたいと。。
刘病已は楽しかったことは何もない、無理やり言うとすれば子供が生まれたことだと言います。
でもこれは悲しい事なのか、喜ぶことなのか分からないと言います。
そしてやりたいことは做宫だと言います。
小さい時から流されて、よくない暮らしをして育った。
私は良い官僚となってみんなを幸せにし、汚職官僚を滅ぼしたいと話します。
皇帝はその言葉を聞いて喜びます
もしあなたが「淡泊明志」「旷达闲散」無欲でなにもしたくないと言ったらなら、
私は貴方にお金をあげて、即刻長安から離れさせ、永遠に入れなくさせようと思っていたと話します。
そこに霍光が来たと知らせがあります。
刘病已はいったん席をはずします。霍光は屯田制の話をします。
皇帝は霍光のアイディアをほめそれを進めるように言います。
そして人選ですが刘病已を進めます
皇帝は更に刘病已の皇族の身分を復活させるように手配します
そして霍光の所で勉強させるように話をします。
霍光が去った後入ってくる刘病已、皇帝に礼を言います。


云歌がこっそり覗きに来ますが、皇帝に見つかってしまいます。
孟珏もやってきます。云歌は逃げるように去っていきます
云歌は途中小妹に会いますが、気分の良くない云歌は少し話して立ち去ります。
それに文句を言う阿紫。。。心里有鬼だと(ひそかに悪だくみをしている)
そして小妹に云歌の悪口を吹き込みます。
そして侍女(阿紫)は云歌の目的は貴方の代わりにとって代わる事だと小妹に話します。


一人帰ってくる云歌,云歌は皇帝がかえってきたとおもいましたが孟珏が現れます。


于安は皇帝に云歌と孟珏が会っていると話をします。
皇帝は誰も二人のいる部屋に近寄るなと言いつけます。


云歌は孟珏から逃げようとします。孟珏は自分なら怪我を治せると話をします。
孟珏は自分を信じろと言いますが、云歌は孟珏の言葉を信じません。
孟珏は云歌の顔をつかんでキスをします。