異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海から崇明島に行く方法。長江はやはり大きい!

上海から崇明島に行く方法を書きます。
上海の上を流れている長江ですが、その河口にとても大きな島、崇明島があります。
その崇明島は、一応上海の県になっています。ここも上海なんですね。
(上海市崇明県になります。日本とは県と市が逆ですね。)


この島に行くには車で行くのが一番便利ですが、
車を持ってないので、レンタカーするしかないとおもってましたが、他にも色々方法があるようです。

公共バスを使う

まずはバス、申崇线(申崇線)というのがあります。
朝6時から夜9時まであるようです。
途中停車はないようなので、行く場所によって乗り換える必要があるようです。
申崇一线 :1号線の汶水路から島の東側まで
申崇二线 :2号線の上海科技馆から島の東側まで
申崇三线 :1号線の汶水路から島の東側(堡镇港)まで
申崇四线 :2号線の上海科技馆から手前の島(长兴岛)まで
申崇五线 :3号線の淞滨路から手前の島(长兴岛)まで
申崇六线 :6号線の五洲大道から島の南门まで
申崇三线 :6号線の五洲大道から島の東側(堡镇港)まで

実際に使ってみる

今回は申崇六A线を使い南门まで行きます。18元でした
時間は大体2時間ぐらいでしょうか
南门につきました、今回なんで南门に行ったかというと帰りに轮渡(渡し船)に乗りたかったからです。
せっかく来たので崇明島の南門あたりを散策します。やはり上海なのでそんな変わらないですね。
歩行者天国っぽいところがありました。。

崇明島~上海へ。戻りは船

南門の埠頭には渡し船があります。
轮渡(渡し船)は南門码头から石洞码头,宝杨码头の2か所に行くことができます。
最終が17:30とちょっと早いです。
時間は45分ぐらいです。料金は18元です。
バスも船も値段は同じです。
この船、結構高速で動きます。百度の計測では時速47kmぐらいでてます。
景色を楽しみたかったのですが。。。室外に出ることはできず。。。窓も汚いのでちょっと残念です。。。

それにしてもこの長江の水なんでこんなに茶色いんでしょうね。。。
宝杨码头につきました。なんかやっぱり水が茶色なのが気になりますね。。。。
戻ってきました。宝山9号線のバスに乗って地下鉄3号線宝杨路の駅まで行きます。
ここまで来ればもう後は地下鉄の乗り継ぎだけですね。
この逆を使えば上海から船で崇明島に行けるということですね。

今回もただ行くことが目的だったので観光地は回ってません。。。
まあ機会があったらまた行ってみようかとは思います。



今回のルート