異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

QQ空間の使い方(1)。設定、私の空間

中国アプリ QQ

QQ空間(アンドロイドアプリ)の使い方です。
PC版も基本的には同じ感じです。
QQ空間で何ができるかってまあいろいろあるんですが、
フェイスブックみたいなものだと思ってください。
アンドロイドのQQ空間専用アプリを使って説明します。
アプリを開いてまずQQアカウント、QQパスワードでログインします。
QQが起動されている場合は入力不要かもしれません。
ちなみに、アンドロイドアプリの、
QQのアプリからも直接【动态】→【好友动态】からQQ空間に飛ぶことができます。


设置(設定)

设置は文字通り設定です。大事なのは
まずは権限です。見られたくない情報等がある場合もあるので、
これはよく理解しておきましょう。

左上の設定から。。権限等の設定を行います。
(誰にでも見られていい場合は特に必要ありません)
ここでまず、権限を設定します。
通用设置(オプション設定)
 夜間モード
  夜間モードを設定できる。(画面がちょっと暗めになる)
 写真の大きさ設定
  この設定はパケット量を考慮して写真を大きいサイズで見る、表示しないなどの設定ができる。
权限隐私
 この設定は閲覧権限です。
 空间访问
   自分の空間に訪問できるかを設定します。
   所有人可见→だれもが空間を閲覧可能
   部分人可见→部分的に可能(好友(仲のいい友達),分组(グループ),指定(人を選択),回答问题(問題とパスワード))
   ※回答问题は問題とパスワードを自分で設定します。(例:問題を自分の誕生日とかにして知っている人だけが見れるという具合)问题(質問)と答案(回答)を自分で入力します。
   仅自己可见→自分のみ空間を閲覧可能
 不看他(她)的动态
   状態を見たくない人を追加します。
 限制名单
   見せたくない人を追加します。
消息通知
 通知設定です。(状態の変化があったらスマホの上部等に通知するかの有無を設定)
  例:誰か投稿があったら通知します。(他に音、振動など)
  これも3種類選べます
    接收消息通知→すべてを通知
    接收特别关心通知→特別関心のある人を設定している場合その人の通知
    接收应用消息通知→アプリケーションの通知


我的空间(私の空間)

ここからは投稿関連について説明します。
真ん中の部分4つ照片、说说、日志、留言です。


我的空间の見た目は上の画像のような感じです。
この画像の、丸いところと背景は自分で変更可能です。
丸いところ(自分のアイコン)は好きな画像をアップロードできます
背景は用意してあるものから選びます。
(中には有料の背景もあります)




照片(写真)→写真をアップロードして自分のアルバムを作成できます。

新建相册(アルバムの新設)から名称(名称)、描述(説明)を入力します。
そのあとアルバム権限を決めます
・所有人可见→すべての人が閲覧可能
・QQ好友可见→QQの好友だけが閲覧可能
・回答问题可见→問題と答えを設定(答えがわかる人だけ閲覧可能)
・指定好友可见→指定した好友だけ閲覧可能
・仅自己可见→自分のみ閲覧可能
いずれかを設定したら【新設】を押してアルバムを作成します。
【添加照片】(写真の添付)で写真を選びます。
選ぶと説明を入れる画面に説明を入れます。
日付、位置、写真の品質を選べます。
图片质量(写真の品質)普通、高清(高品質)、原图(もともとの写真)
(なくてもたぶんOK)【发表】でアップロードします
一度に複数をアップロード可能
これでアルバムを作成できます。
※昔は10Mぐらいで空間がいっぱいになってしまいましたが、
(それ以上は購入が必要)
今は大丈夫みたいです。ただしMAXがどれだけなのかちょっと分かりません。


说说(つぶやき)→短い文章や写真を投稿できます。ツイート的な感じです。
写说说から呟きます。文章、写真、場所、権限等を設定して【发表】で投稿します。
※文章のみでも写真のみでもOK
 

後、分享到(共有)で、QQと腾讯微博にも同時に呟くかを選べます。
チェックした場合、
・QQの签到(QQで書く一言てきなやつ)を書きます。
・腾讯微博に同様の内容を投稿します。


後、画面に出ている【返回】は戻るです


日志(日記)→日記を書くことができます。(ブログ的な感じ)
日記は割と長い文章を書くことができます。写真も挿入可能です。
PC版であればHTMLも打てます。試してみましたがJavaScriptは使用できません。
写日志から、
标题(タイトル)と正文(本文)を書き【发表】で投稿します。


留言(伝言)伝言を書いておくことができます。
伝言ですが、あまり使うことはないと思われます。
他の個人の空間にに対してメッセージを書くものだと思います。
自分の空間にも書けます。
留言から書きます。@マークで送る人を選びます。
後の使い方は说说と同じだと思われます。(文章しか送れません)




投稿部分は割と感覚的に操作出来て感でもわかるのではないかと思います。
これでとりあえず自分で色々投稿することができます。