異邦人になってみた~~上海生活写真ブログ

中国上海市在住です。休日は星空(天の川)撮影やポートレート撮影等、連休時はカメラを持って中国各地を旅行してます。最近は内モンゴル自治区によく行っています。

 このブログについて(about)
  中国旅行/観光/写真記事一覧(省別)

上海から枸杞島までの行きかたと今回のまとめ・浙江省舟山市嵊泗県(10)

6月の枸杞島の記事は今回で最後にします。ということでまとめです。
f:id:shan1tian2:20200629123453j:plain

2020-06-26 上海から枸杞島までの交通手段

今回はまとめとして、上海から枸杞島までの交通手段を書いていきます。
枸杞島は島なので移動手段は当然船になります。移動手段が船しか無いので、かなり侵入ルートが絞られます。
新コロナの影響で遠くに旅行行くのが怖いということか?今近間のこの枸杞島が人気のようです。遠い所はいきなり何があって規制かかるかわかりませんからね。
上海からだと東海大橋を通って沈家门の港から約3時間かかります。沈家湾の港は上海市ではなくて既に浙江省舟山市になります。
東海大橋を通って沈家湾に行くには車が必要ですが、車がない場合は南浦大桥の客运站から沈家湾行きのバスが出ています。
というかバス+船のセットでチケットを購入することができます。
このバスはだいたい1時間半ぐらい要します。
ということで上海から枸杞島に行こうと思えば片道約5時間ぐらいを要することになります。

日帰りは可能?

これ聞かれたことがあるのですが、上海からは午前発の往復便(昼戻り)しか出ていないので、日帰りは無理だと思われます。
乗った船で帰る(東シナ海の遊覧ということになるかと)、もしくは超無理やりで上海→枸杞島→嵊泗島→上海だともしかしたら行けるかもしれません。まあ基本的には最低一泊ということになります。

枸杞島行のチケット購入

f:id:shan1tian2:20200629121631j:plain
枸杞島行きのチケットは南浦大桥の客运站で直接買うことができます。5日先までのチケットが買えます。

後はWechatの嵊泗客运站の公众号からネットで買うこともできます(下のスクショ)。一時期は外国人の購入ができなかったのですが6/29日現在購入できます。ページを開くと前提条件(北京のどこどこから来た人はだめとか)が出てくるのでこれも日々更新されます。確認しておきましょう。購入できるのは5日先までです。
f:id:shan1tian2:20200629122050j:plain


そして船ということも有り、帰りのチケットは2日前からしか購入できません。5日先のチケットを事前に買うと帰りの分は買えません。帰りの便は1日1便だけです。
上海から枸杞島行きのチケットは人気ですぐに売り切れてしまいます。早めに購入しておいたほうが良いです。帰りも同様です。1日前には購入しておいたほうが良いです。
チケットが無くて、どうしても行きたい場合、先に嵊泗本島に行ってから、船を乗り換えて枸杞島に行く方法もあります。
f:id:shan1tian2:20200629121502j:plain

嵊泗本島から乗り換えれば花鸟岛,黄龙岛などの島にも行くことができます。
嵊泗本島までは船で約1時間を要します。乗り換えチケットはネットで買えるか試してはいません。。

チケット購入後も安心できない

f:id:shan1tian2:20200629122036p:plain
枸杞島行きの船は天候によって欠航になったりするので、そのへんはこまめに嵊泗客运站の公众号なり、天気予報を見て確認したほうが良いかもしれません
また行きだけでなく、帰りの天気も気にしたほうが良いです。下手したら船が出なくて帰れないという可能性もあるようです。

南浦大桥客运站

f:id:shan1tian2:20200629123420j:plain
南浦大桥客运站は上海ですが、入るには舟山の健康码が必要です。上海の随申码でも良いのかも?
ネットでチケットを購入した場合はそれぞれの港の発券機でチケットを取り出す必要があります。これはQRコードを利用します。(中国人は身分証でもいけるよう)
南浦大桥客ではバス+船のチケットを発券します。結構並ぶので、早めに行ったほうが良いと思います。早すぎると開いてません。
また、バスはフリーなのでさっさと乗ってしまいましょう。

沈家湾の港

f:id:shan1tian2:20200629121545j:plain
新コロナの影響で、ここで船に乗るには舟山の健康码が必要です。バスが遅れて、時間に迫られる可能性もあるので、事前に登録しておくと良いです。支付宝から登録できます。
また外国人は別途健康カードの登録が必要になります。これはいくつかの質問に答えて、サインしてカードを貰うだけです。それでも面倒ですね。
早く正常に戻って欲しいものです。

ここまでくればもう後は船に乗るだけです。

枸杞島に到着した後

f:id:shan1tian2:20200629123855j:plain
枸杞島に到着した場合、移動手段は基本タクシーになります。そしてタクシーも捕まりにくいので、一度乗ったタクシーの名刺なり、電話番号なりをもらっておいたほうが良いです。
港にタクシーがたくさんいますが、これは船が来たときだけで、船がいない時、港にほとんどタクシーは来ません。

帰りの足の確保は事前に行っておきましょう。帰るときもこの港からです。この港の建物で購入済みのチケットを発券器で発券することができます。
直接チケットを購入することもできます。

観光スポット

f:id:shan1tian2:20200629121711j:plain
枸杞島は基本的にリゾート地だと思われるので、それほどすごいという場所はありません。中国人は砂浜とか崖とか喜んでましたが、日本人としては砂浜や海岸の崖なんて見慣れた感じですよね。
海鮮料にについてもそうですね。
あえて言うなら無人村。この村はなかなか良かったです。あと町並みがヨーロッパ風(行ったこと有りません)な感じかなと思います。
ここは暗いところを見つければ夜の星空も素晴らしいと思います。
後は蛍光海が見れれば最高ですね。

それぞれの観光スポットについては下の旅行記記事を参照願います。


f:id:shan1tian2:20200629121737j:plain


嵊泗にはまだ行っていない島花鸟島,黄龙島,东极島などがあります。機会があったら行ってみようと思います。
今回は梅雨前線の真っ只中だったので、余り良い景色ではなかったですが、夏とかだともっと違う感じになるかなと思ってます。
しかしながら夏になると今度は台風の心配をしなければいけませんね。。。

青く光る海、蛍光海は6月~8月まで見られるそうです。

最後に今回の旅行記の一覧をUPしておきます。