異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

金山嶺長城からの星空・光害に悩まされる-金山嶺長城星空撮影旅行(4)

2019-05-02

5-2~5-4の間に河北省承徳市の金山岭の万里の長城で撮影を行うことにしました。
前回は金山嶺長城からの夕焼けを撮影しました。まあまあ綺麗でした

www.sonnagaya.com


ということでようやく日が暮れて、だんだん暗くなっていきます。ちなみに最近は月初めあたりが新月です。
なので星を撮るのは月頭か月末が良いと思われます。
この時期は真っ暗になるまで大体日が暮れてから1時間ぐらいは必要でしょうか?うす青い感じで星がなかなか見えてきません。
事前に見つけていた星の軌跡に撮影に良いと思われる場所。。彼らまだ帰っていきません。そしてやたらと懐中電灯を灯しています。
友人は彼らに何をしたいんだと聞きに行きました。彼らは星を撮るつもりはなく、ライトアップした壁を撮りたいようですwww
彼らはどうやら何度も撮って、SSやISOを調整しているようです。。。業を煮やした友人は彼らのもとに行き、
そんなん露出上げて固定して、瞬間ライト照らせば撮れるじゃん。。。とはなしてました。まあそれが確実だと思います。。。
結局友人は壊れた建物内にカメラだけセットして彼らが帰るのを待つようです。

北の空がこんな感じで、その間私は比較的暗い感じの西の空を撮影してみました。


この時期に天の川が出る東南は金山嶺長城の一つ向こうの万里の長城。。。。これがライトアップされています。

そして高速道路のライト。。。。これは困りました。
まあ12時過ぎないと出てこないでしょうけど。。。


なかなか帰らない彼らも22時ぐらいにようやく帰っていきます。
ここから北に向かって星の軌跡です。レンズはLAOWAの15mmF2を使用しています。

できたものを見てみましたが、万里の長城写ってませんね。。。。これではちょっとあれかもしれません。。。。
また途中で別の撮影者が長城を歩きながらライトを付けるので、時々明るくなってしまいますね。


軌跡を合成してみましたが、最初の西側のタイムラプスのほうが面白いかもしれませんね。
↓↓↓↓は西側と北側の星の軌跡のタイムラプスです。
youtu.be



そして天の川の時間です。木星の下にあるはずなんですが、なかなか光污染(光害)がひどくて写りません。
明けて3日、0時過ぎようやくライトアップされた長城のライトアップが消えました。本当に迷惑です。しかしながら高速道路のライトは煌々としています。
万里の長城にアーチを書くようにして天の川。。。これが理想なんですが、何度やっても光害のせいで尻尾の方しか写りませんね。

時期にもよるんでしょうけど。。。8月後半の真南に出るようになってからのほうが良いのかもしれませんね。
なるべく光源を隠すようにして撮ってみますが、やはり空自体が明るくなるのでいまいちです。


友人はそこまでして銀河(天の川)を取ろうとは思わない、取れたとしてもあまりいい作品にはならないと行って諦めるようです。

私の狙いは赤道儀を使って天蝎座(蠍座)を撮影することだったのですが、長時間露出できない状況では、せっかく持ってきた135mmと赤道儀は使えそうにありません。
諦めることにします。
結局下山したのが3時ぐらいですが、この日は撮影している人が多かったです。帰る途中ライトを消せと遠くから何回も言われました。


すれ違っただけで5~6人ぐらいです。話によると夏場はもっと多いそうです。
道が一本しかないだけに避けられないのですが。。。。


帰りはとにかく虫が多い。。。ライトに向かって飛んできます。また空に綿みたいなのが飛んでいますね。
ということで金山嶺長城からの星空でした。