異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

琅琊榜之风起长林(Nirvana in Fire Ⅱ)-15話

「琅琊榜之风起长林」は前作「琅琊榜」の次の世代のドラマです。

爱奇艺でも見ることができます。
http://www.iqiyi.com/a_19rrh9z6o5.html?vfm=2008_aldbd
化粧箱の話はようやく決着がつきましたが、黒幕のプーヤンインは残ったままです。
前回の途中から北燕との婚姻編に入っています。

15話

萧平旌は朝廷の馬の売買について調べていました。
そして価格が異常に高い事を知ります。
萧平旌は父、萧庭生に話しますが、権限があって調査してもそれをみだりに使ってはいけないと言われます。
この事を林奚に話します。
朝廷は江湖勢力の終結に敏感という事もあり、巡防营の孙统领に状況を聞きに行きます。
彼も最近江湖人が隠れて集まっている事を知っており、気に留めていたようです。
自分も夜会合の場所に行き、北燕の惠王を殺害するという話を聞きます。
しかし証拠はありません。孙统领に伝え、備えを強化するように話します。

濮阳缨は萧平旌がこそこそ勘ぐっている事を知りますが、驚きません。
元々この計画の裏にはもっと大きな陰謀があるようです。
孙统领は馬場に人々が終結したという知らせを聞き、萧平旌と一緒に向かう事にします。

濮阳缨は萧元启を呼び出します。母の墓だという場所に呼び出し、林の中で段桐舟と共に話をします。
萧元启は話しの中で濮阳缨の今回の計画は萧平旌を陥れるものだという事を知ります。
直ぐに戻って萧平章に報告します。
萧元启は萧平章にこの事を話し、飞盏と共に救出に向かいます。

北燕の外交団は馬場の者たちに進路を遮られていました。
立ちはだかる拓跋宇。。。
戦いになりそうな所、巡防营が到着しますが、馬場の者たちは逃げながら攻撃をしてきます。
林の中から段桐舟がやってきて何人かを倒し逃げていきます。
それを単独で追いかける萧平旌。

林の奥深く、萧平旌は追いかけているつもりが逆に自分が包囲されていました。
段桐舟も得意げに萧平旌を追い詰めていきます。。。


そこに拓跋宇が現れ、萧平旌の加勢に入ります。萧平旌は事前に拓跋宇に話しかけていました。
彼は琅琊高手ランク4位の兵だと。。そして腕を試してみないかと。。。
それにつられてやってきた拓跋宇、これで体制は逆転します。

さらには駆けつけた荀飞盏、萧元启も加わり、段桐舟は劣勢になって逃げていきます。
拓跋宇、荀飞盏、萧平旌の三人に追われる段桐舟は崖まで追いつめられます。
拓跋宇は琅琊高手同士の戦いは貴重だと言い、一人で戦います。
拓跋宇と段桐舟、次第に拓跋宇が優勢になり、段桐舟は覚悟したのか?下を見ます。
生け捕りにしろという萧平章の言葉に荀飞盏が動きますが、及ばす。。
段桐舟は崖から落ちていきます。


濮阳缨は段桐舟が無くなった知らせを聞いて驚き、そして怒ります。

感想

濮阳缨は何故萧元启を呼んでわざわざ計画を分からせるようなことをしたのでしょうか?
ちょっと意味が分かりませんね。萧元启がどういう行動に出るのか調べた?
それとも本当の目的は萧平旌ではなく萧平章だった?いろいろ謎です。
これで琅琊榜ランキング1、4、5が出てきましたが、この後も兵が出てくるのか楽しみです。
ちなみに琅琊榜1の時のランキングはこうなってましたが、出てこない人沢山いましたね。
天下十大高手榜
榜首: 玄布 (大渝)
榜眼: 蒙挚 (大梁禁军统领)
第三:拓拔昊 (北燕将军)
第四:卓鼎风 (大梁天泉山庄)
第五:金雕柴明 (大渝) (被岳秀泽以七十九招击败, 降为第六。)
第六:岳秀泽 (大楚殿前指挥使) (以七十九招击败柴明, 升为第五。)
第七:季大侠 (大梁江左盟)
第九:笑剑公子秦越
第十:霓凰郡主(大梁南藩郡主, 亦是唯一上榜的女性。)