異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

朝天門の埠頭を目指せ!Victoria Cruises号を探せ! GW重慶市-長江三峡-湖北省の旅(6)

2017-4-30
旅行3日目午後、重慶。この日の夕方から船(Victoria Cruises)に乗り、長江を下る3泊4日のツアーに参加する予定です。

前回までの記事はこちらです。


朝天門
行ったんホテルに戻って荷物(スーツケース)を受け取ります。
そこから朝天門の船着き場まで道のりです。

朝天門までの道のり

下の写真の左側に洪崖洞があります。当初そこからまっすぐ川沿いを歩き半島の先っぽまで行き埠頭まで行こうと考えていました。

夕方船に乗るため歩いて朝天门まで行くことにします。
洪崖洞付近から埠頭までのナビを百度地図で設定します。
最初は百度の地図にしたがって、埠頭をぐるっと回って行くつもりでしたが、埠頭の入口から工事中でどうやら通れそうにありません。ここまで相当下ってきました。

また上って引き返すのいやだな~とおもいつつどうやらこの急な階段を上るしかないようです。。。息をきらしながら上について码头はどこだと聞くと、あっちだと。。。それって来た方角じゃないですか。。。

振り出しに戻ってしまいました。環境掃除のおばちゃんにもう一度確認すると、あの階段を登れと。。。。MJK。。。

再び息をきらしながら階段を上ります。

上まで着くと大きい道に出ます。まっすぐ行けば朝天門なんでしょうが、しかしここの埠頭も封鎖されています。
さらに反対側に行くことにします。バス停の管理のおっさんに埠頭の場所を再確認。。
4時30をすぎると結構焦ってきました。これ後どれだけかかるんだろう。。。
後からこの日の足跡地図を確認するといろいろ迷走していますね。

しばらくすると商店街みたいなところに向こう岸が見えます。やったと思ったら今度は長い下り階段。。。
やっと反対側の岸までたどり着きます。これで一安心です。


ちょっと焦っていたので全然写真を撮っていませんでした。。。。
朝天門

朝天門5号埠頭(五号码头)

朝天門は一度来ているのでこの景色は見たことがあります。
観光地だけあってたくさん人がいます。
ここの埠頭は遊覧観光の乗り場でもあります。
百度の地図にも書いてありますが、左から先端に向けて8号埠頭、7号埠頭、6号埠頭と進んでいきますが、あれ?5号埠頭の看板がない。。。
美维游览 Victoria Cruisesと書かれた看板はありますが、停まっている船はどう見ても違います。おそらくただの遊覧船です。
(部屋が区切られていないから。。。)
f:id:shan1tian2:20170430184654j:plain

看板の下にチケットを持ったおばちゃん?(おばあちゃん?)がいます。この人に聞いてみますが、知らないと言って、そのあと私が何を話してもがん無視です。どうやら絶対こいつではないと。。この人は遊覧船のチケット販売員だとおもいます。もうちょっと愛想良くてもよいのではとおもいましたが。。。


その後、地図上の5号埠頭の場所を越え、4、3号埠頭まで行くと、そこに二人のそれらしいお姉ちゃんがビクトリアという看板を持って立っているではないですか。
きっとこれだと思って宜昌まで行く船でしょうと聞くと、そうだというので名簿を調べてもらいましたが、ありません。。。
そしてこのお姉ちゃん、ビクトリア号はいくつかあってそれぞれ宜昌まで行くといいます。船の名前をみて凯琳だといい、その船はあっちだと。。。来た方角を指差します。あそこに船ないんだけど。。と話すときっとまた来てないと話してくれました。
戻ってみますが、やはりそれらしい船はこれしかありません。。。さっきのお姉ちゃんはまだ来てない船もあるという話しを信じて待って見る事にします。


ぶらぶらしながら5:30ぐらいでしょうかなんかでっかい船が埠頭にやってきます。
ビクトリア号
そして遊覧船をどかせるように、さっきのVictoria Cruisesと書かれた看板の埠頭に停まろうとしています。
きっとあれだとおもいあわてて現場に向かいます。さっきの愛想ないおばあちゃんはいなくなってました。
階段を下りてそれらしいおばちゃんに名簿を確認してもらいますが、中国語拼音での自分の名前がありません。
名簿を全部見せてもらいます。するとパスポートのローマ字名で書かれていました。。。。
いや。。。そうですね。普通はそうですね。。

さっきの船はお姉ちゃんだったのに、こっちの船はおばちゃんかよ!と思っていると、このおばちゃんもう入れるから乗っていいよといわれました。まだ18時前です。


早速船に乗ることにします。


上海もそうですが、ここ重慶も作って古くなってきた?ので壊し、再開発するという感じのようです。朝天門の再開発がいつまで続くのかわかりませんが。。。
私が方向音痴なだけ?なのかもしれませんが。。。もうちょっとルートをわかりやすくしてほしいですね。




つづく