異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

劉詩詩の醉玲瓏(Lost Love In Times ) 26話 古装、奇幻、爱情のドラマ。

やっと半分です。時間はかかっても最後まで書きたいと思ってましたが、なんか気力がなくなってきました。。
最近東方衛視では琅琊榜(Nirvana in Fire)がダイジェストで放送されていましたが、2015年のドラマをなぜやっているかと言いますと。。。
どうやら琅琊榜2が始まるようです。題名は今の所、「琅琊榜之风起长林」となっています。
キャストは黄晓明、刘昊然、佟丽娅等ですが、琅琊榜の結末を私自身見てはいないのですが。。。こっちのほうが興味ありますww


26話

元溟は武娉婷を使い定水に伝言を託けます。
これは連絡は通常蝙蝠を利用していいるようですが、今回に限っては蝙蝠の行方を追うことができたようです。
そしてわかったのが彼女は皇宮にいるということです。
はたしてこれは故意なのか?
武娉婷は元溟が巫族を使って彼らをコントロールしていた定水を取り除こうとしていると思っています。
しかし元溟は定水が桃殀達を取り除こうとしているならそれもよいと考えます。

夜になり、11は采倩を連れて离镜天に向かいます。廃墟となったそこは恐怖の森のようでした。
桃殀は澈王が来たことをしります。手下に気をつけて監視するように、邪魔をしないように言います。
森では蛍が光っています。采倩は喜びます。しかし采倩は四哥と一緒なら良かったのにと考えます。
それを聞いて気分を悪くする11。。。


密室の中で莲妃は霊力を使って再び偽の定水を作っていました。
よしんば偽定水が死んだとしても彼女の損失は大きなものになります。大きな代償を払っても彼女は諦めないとはなします。
昔邪はそれをみて面白くありません。そして桃殀が彼女の計画を打ち破ってくれるよう願います。

同時刻、牧原堂では卿尘が明日の行動を巫族の姐妹に伝えています。
碧瑶達は巫族冤罪が晴れるように願っていると話すと、卿尘は感激します。そして同時に気をつけて動くように話します。

莲妃は黒ずくめの衣装で元溟にあいます。そして同盟を持ちかけます。
明日の巫族除去を助けると、しかし元溟は既に卿尘と同盟を結んでいます。明日は結果次第と考えているようです。

元灏は皇帝の指示の下佛堂内に自分の信頼しているものを配置します。
何かが起これば佛堂を火に囲み巫族が反撃してもそこに閉じ込める手筈です。
彼の心のなかでは巫族が母を殺した犯人となっているからです。


元溟は卿尘に会いに行き莲妃側の情報を与えます。そして成功するように安心させます。そして彼も卿尘ならできると信じています。

卿尘が戻ると元凌がやってきます。お土産を持って来ていました。
元凌は長老が宮廷にはいれるように手配をしました。しかし巻き込まれることが有ったら貴方を許さないと。。。
元凌はそれを聞いてこんな矛盾したことを言う人ははじめてだといいます。

助けろと言ったり助けるるなと言ったり。。。

そうしていると自分が何をしたいのか分からなくなるぞと忠告します。

元凌が去ってから、今度は元湛がやってきます。玉の笛を渡しに来たようです。
明日何かあったらこれが彼女をまもってくれるといいます。卿尘は受け取れないと話しますが、それを持つ持たないは、あなたが決めろといいます。


翌日、宮廷内で式典が始まります。皇子達が次々とお参りをします。卿尘は風家の者として参拝しています。
桃殀長老も尼として紛れ込んでいました。
祭典が始まってしばらくして蝶が舞い、佛堂の扉が閉められます。
皇帝は桃殀を見つけ出します。桃殀は巫族は潔白を晴らすためにきたといいます。卿尘ももう一度調べてほしいと頼みます。
元凌は以前莲妃から聞いた焰毒の話をして、皇帝に真実を知りたいと再び話します。
桃殀は証拠があるといいます。
桃殀は亡くなった皇后の手紙を見せます。中には定水が皇后を殺害し、昔邪を陥れた証拠の手紙です。

同時に莲妃が定水にわざと吹き飛ばされます。(莲妃はこれを前もって準備しておいた)
莲池宫を守っていた冥魇と戦いになります。

知らせが届き元凌が母を救うためにやってきます。皇帝たちも駆けつけます。

皇帝は皇后の死はあんたと関係があるのかと話します。定水は否定しますが、卿尘は纤舞の鏡を持ってきます。
定水はそれを聞いて皇后殺害を認めます。そして皆殺しにすると話しだします。

定水は卿尘達に霊力を向け襲いますが、元凌が剣を抜き卿尘の前に現れ定水にとどめをさします。
しかし元凌も重傷を負ってしまいます。

卿尘は霊力を使おうとしますが、元湛が止めます。ここで正体をばらすわけにはいかないと考えたからです。
桃殀長老が霊力を使います。

桃殀は御林軍と密室に入ります。そこには既に亡くなった昔邪が。。。。
しかしこの昔邪も莲妃が作った偽物です。

离镜天内では桃殀が昔邪をみています。今回巫族は濡れ衣を晴らせましたが、昔邪は戻ってきません。。。。

卿尘は昏睡状態の元凌の前で、涙をながしながら、今回貴方が目を覚ましたらもう貴方を避けたりしない、そして永遠にそばにいると話します。
そこに莲妃がやってきます。昔邪の話をして卿尘を離れさせます。
莲妃は自分の息子の顔をみて元凌が卿尘のことを本当に好きなんだと感じます。

感想

今回でまた一区切り付きました。この物語の黒幕がわかってしまいましたね。
でも矛盾はまだ取り払われていません。。。。