異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

射雕英雄伝(2017)The Legend of the Condor Heroes 30話 皇宮内での武穆遗書争奪戦


2017年版射雕英雄传(郭靖=杨旭文,黄蓉=李一桐)が始まりました。
全52話です。東方衛視での放送は終わってしまいましたが、爱奇艺等でも見ることができます。
爱奇艺

30話 皇宮内での武穆遗書争奪戦

雷がなり、雨が降る中、杨康は穆念慈と会います。
キスをしようとして拒まれます。
そして武穆遗书の話をします。明後日宮廷にはいると話します。
穆念慈は自分も一緒に宮廷にはいるといいますが、
自分を信用していないのかと話す杨康。穆念慈は貴方が心配なだけだといいますが、
気分を悪くした杨康は出ていきます。

楊康は気分がよくないので欧陽克を訪ね酒を飲みます。
欧陽克は身分があり、権力があれば武力など要らないだろうと話しますが、
楊康は自分の力があってこそ、欧阳锋のように人に一目置かれるといいます。
そして女性の話をします。
欧陽克はこの薬を飲ませれば女性を自由にできると話し、薬を楊康に渡します。
穆念慈は上着を持って楊康を探しにいく最中、それを聞いていましたが、部屋に戻っていきます。

しばらくして楊康は部屋に戻ってきます。穆念慈は冷たくしますが、
楊康は欧陽克にもらった薬を出し、用途を教えます。

穆念慈は汚らわしいといいますが、楊康は自分は欧陽克とは違うと話しだします。
二人が初めてであった時の事を話しだし、穆念慈の心はなごんでいきます。

次の日、街で郭靖と黄蓉は偶然杨康と穆念慈に会います。
4人で座って話すことになりますが、穆念慈は杨康の誤解を解きます。

杨康は郭靖は虎穴に入っていたと誤解を解きますが、黄蓉はそういうことなら、
武穆遗书をのありかを話せといいます。
杨康はうろたえてまだ分かっていないと話しますが、穆念慈は複雑な気分でした。
その様子を灵智上が見ていました。

黄蓉は洪七公のために料理を作りますが、洪七公は感謝しながらもあまり食欲がないようです。
洪七公は鸳鸯五珍烩という料理を食べたいようです。この料理は宮廷料理のようです。
黄蓉は師匠のために蒙宋同盟の日に宮廷にはいるといいます。

老顽童にもついてくるように命令します。

灵智上は街で見た事を完颜洪烈に話します。
完颜洪烈は顔には出さず、杨康に欧阳锋を呼んでくるように話します。
このとき欧阳锋は欧阳克の部屋で欧阳克の足の治療をみていました。
やはり郭靖達を探さなければ九阴真经の謎は解けないようです。
杨康が入ってきて説明をします。欧阳锋は欧阳克のことしか考えられないようで
彼らが来るか来ないかは分かりませんが、つき合うことにします。
完颜洪烈は自らも宮廷にはいるといいます。

黄蓉は郭靖に宮廷にはいるのには少し心配があるといいます。
師匠の体がよくないのでリスクがあるといいます。
武穆遗书が皇宫にあるということで完颜洪烈も手を出してくるかもしれません。
黄蓉は怖い顔の面を買いに行きます。
そして周伯通に宮廷内で師匠を守ってくれるように頼みます。

穆念慈は蒲団の上の紅衣を見て、何かを思います。
結局杨康を見に行くことにします。

洪七公と周伯通は皇宫内で厨房を探しに行きます。
周伯通がついているので安心して武穆遗书を探しに行きます。
周伯通は早く面白いところに行きたいようです。洪七公は食べ続けているので、自分は出ていきます。

郭靖と黄蓉は翠寒堂で完颜洪烈達を見つけます。
郭靖は何度か隠れて戦いますが、結局見つかってしまいます。
郭靖には武穆遗书を探すように話し、黄蓉は官兵を連れてくる作戦です。
杨康と欧阳锋も入ってきます。
郭靖は欧阳锋と退治します。
杨康は武穆遗书を見つけますが、郭靖が阻止します。
欧阳锋と戦いながらも武穆遗书を手に入れた郭靖ですが、
欧阳锋と力比べの際に後ろから杨康に刺されます。
郭靖はこの状況を信じられませんでした。
誰もいない場所でその様子を一部始終見ていた穆念慈。。。