異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

武神趙子龍 三国志の英雄趙雲のドラマ(16)

中国時代劇 中国時代ドラマ 武神趙子龍


三国時代のドラマ、武神赵子龙が湖南卫视で放送されているようです。
私は爱奇艺(http://www.iqiyi.com/)で見てみることにします。


16話

赵子龙は高则を助ける為に自分の名義を使って街頭で勇者を募集しますが、百姓は誰も信じませんでした
気落ちする赵子龙は去って行った百姓の中に最後まで残っていた轻衣を見つけます。
轻衣は赵子龙を見てすぐに去っていきます。
赵子龙はなぜ彼女にそういう態度をとられるのかが分かりません。
轻衣は言います。
機能の午後自分を一人で帰らせた、それは山賊の痕跡を見つけたから。。。
自分を危険に巻き込まない為に隠れて自分で行った。
赵子龙貴方のにとって私はそんなに災難を共にしたくない人なのか?
そして赵子龙に自分は真定县の客ではない。真定县を守る責任があると言います。
轻衣の言葉は赵子龙を感動させました。


飞燕と李全は赵子龙と轻衣が帰ってきたのでとても喜びます。
そして何があったのかを聞きます。
赵子龙の話を聞いて李全は后福无穷だと言い、慨嘆します。
师叔は子龙に自分が师父の田舎に行ってきたことを話します。
「乐毅百战术」の下巻は見つかりませんでしたが、重要なことをこち帰ったようです。
自分の师父の名前は乐渊と言い、常山郡灵寿县人だと言います。
戦国時代の乐毅の15代めの孫で武功はすごかったが、性格は怪僻(ひねくれていた)といいます。
正式に弟子としたのは自分と赵安だけだったが、後から呼んできた一人の弟子がいたと言います。
しばらくして乐毅百战术の下巻は亡くなったが、同時にその弟弟子もいなくなったようです。
当時彼らは弟弟子は何かに巻き込まれたとおもっていたようですが、
25年たった今その弟子はまだ死んでいないと分かったそうです。
ただ名前を変えただけのようです。自分も探しに行って詰問したが、その弟子は承認しなかった。
自分に手をかけてきた。。あの時はもう少しでやられそうになったと。。。
今回は面を見つけたと話します。赵子龙の父の前に現れた面の男の面と同じです。
父と师爷を殺害した人物は同一人物のようです。
そして最も疑がわしい人物は。。。。师爷の弟弟子。。。


轻衣は自分のことをとうとう話します。
自分は常山郡の夏侯杰の娘だと言います。
师叔(李全)はそれを聞いて顔色が変わります。
子龙を裏山に引っ張っていきます。
师叔は心の中で思います。
天は人をからかう。。赵子龙と夏侯轻衣を知り合わせておきながら、夏侯轻衣はもっとも合わせて行けない人。。
子龙に轻衣と情愫(友情関係)を持ってはいけないと言います。

乐毅百战术を使い李全と周怀忠達は数十名で朝食料を運び夜食料をまた持ち出すということをしています。
二日目の朝再び食料を持ち込み、これを繰り返しました。
これにより街の人たちには毎日たくさんの食料が蓄えられるという現象に見えます。
そうなると有志の募集も速やかに進みます。高则はこの赵子龙の作戦をすぐに見抜き、
手助けをします。大きい黒鍋を送ります。
黒鍋の底には金がありました。これを使って赵子龙は兵士の武装、修錬をさせます。


赵子龙は柳擎儿に粽子(粽)を作ってくれと頼みます、
練習中槍法のネックにぶつかった為、再び绝命谷に修行に行くことにします。

感想

本当に話が進みませんね。。。