異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国明時代の時代劇「女医·明妃傳」 49話 報い

中国時代劇 中国時代ドラマ 女医·明妃傳


女医·明妃传は
乐视网(http://letv.com),腾讯视频(http://v.qq.com/),爱奇艺(http://www.iqiyi.com/
搜狐(http://tv.sohu.com/),土豆(http://www.tudou.com/)等で見ることができます。



49話 報い


自分たちの子供を皇太子にはしないと願う允贤に皇帝は答えます。

好了别说了        わかったもう話すな
朕答应你          私はOKする
朕不会改立太子的    私は皇太子を変えることはしない
允贤 朕也不想瞒你   允贤 私もあなたに隠したくない
朕曾经还默许过别人  私は太后に危害を加えるある人を黙認した
去加害太后呢       
可现在想想        でも今考えてみると
真是愧疚得很       自分をすごく恥じている
朕以后不会这样了    私はこれからそういう事はしない。

そして兄(英宗)が帰ってきたら二人で協力して国を治めると話します。
允贤もそれに同意します。



皇帝の飲んだ杨梅汤。。。。。




朝廷で太上皇(英宗)がもうすぐ帰ってくるという知らせが入ります。
自分が出迎えると話す皇帝。
汪国公は英宗はたくさんの兵を引き連れて危険だから絶対に行くべきではないと忠告します。
しかし皇帝はそういうことは言うなとはねつけます。
太后に贈り物をするという皇帝、うれしさのあまりやはり自分で行くと言い出します。
すると皇帝は体が痛み出しました。
冷たいものを食べすぎたという皇帝ですが、吐血してしまいます。



程村霞が皇帝を診療します
どうやら胃が悪いようです。しかしその診断に万宁はちょっと違和感を感じます。
允贤もやってきて皇帝を見ようとしますが程村霞は自分を信じられないのか言われ、
允贤は脈を測りません。


数日後太医院で万宁は程村霞に皇帝の症状は
胃火只炽盛之态(胃熱が盛んな状態)ではないと話します。
そして误吞异物(異物を間違って飲んだ)症状に似ているといいます。


程村霞は皇帝の周りの人に聞いたり尿を調べたりします
程村霞は皇后の処に急いで報告に行きます。
皇帝の病気は普通の病気ではなく中毒かもしれないと話します。
程村霞はこの話は大事なので先に皇后に報告しに来たと話します。
この毒は普通の鹤顶红,牵机药ではないといい、無色で味がない異物だと話します。
それで皇后は思い出します。。。


程村霞は何か知っているなら話してくれといいます。
さもなければ皇帝は助からないと話します。
それを聞いて皇后は自分は皇帝を傷つけるつもりはなかった、ただ万安宫(允贤の部屋)に送っただけだと。。。
それを聞いて程村霞は皇后の意図を察します。
程村霞は誰にも言わないので何を使ったかを話してくれといい、金刚石粉を使ったと聞きだします。
そして允贤を傷つけるつもりだったと話します。
程村霞は怒りますが、
皇后の侍女は逆切れして、今その事で討論しても仕方がないといい、治療が先だと程村霞に迫り、
さもなければ誤診をした責任からは逃げられないと脅します。


皇帝の部屋に允贤がやってきます。部屋には吴太后がすでにいました。
太后は允贤に親子で会話している処だといい、誰が万安宫から出ていいと言ったと怒ります。
皇帝は自分が読んだと允贤をかばい、そして允贤の文句ばかり言っている母に帰れといい追い返します。
皇帝は母を負い返した後、自分の母はもうどうしようもないと話し、あれならまだ孙太后のほうがましだと話します。
太后は皇帝が病気にもかかわらず、自分の心配ばかりする母に愛想が尽きたようです。
允贤は今はそういうことは話すなと、皇帝を寝かせます。


程村霞は金刚石粉を体から取り除く方法をウサギを使っていろいろと試しますが、見つからないようです。
皇后はうろたえます。。。そしてたくさん水を飲ませればよいといいますが
程村霞はやってみたが効果はそんなになかったと話します。
また皇帝が吐血したようです。程村霞は急いで皇帝のもとに行きます。


程村霞の到着前、皇帝は程村霞はだめだといい允贤に治療を頼みます。
程村霞がやってきます。允贤は皇帝に寝ろといい、程村霞の処に行きます
允贤はすでに皇帝の脈を診て、尿も確認していました。
そしてどういう事か説明しろと話します。
程村霞は話すことはできないとうろたえます。そしてすでに南京の刘平安に手紙を出し、来てもらうように頼んだと話します。
南京からは二十日かかる。それでは遅いと話す允贤。。。罪があるなら私が許してくれるように頼むと話します。


そこに皇后が現れます。そして皇帝を救ってくれと話しだします。
允贤に跪き、救ってくれれば皇后の椅子もあなたに渡すといいます。
さらに自分は故意に皇帝を傷つけたのではないと。。。。。
説明を程村霞から聞く允贤。。。


自分を殺すためだったと知った允贤は何でそんなに私が憎いかを聞きます。
涙を流す二人。。。皇后は寵愛と、子供のことを話します。
皇后はさらに自分の心臓を薬にしてもよいから皇帝を救ってくれと允贤にすがります。


そこに皇帝が小马子に連れられて現れます。すべて聞いていたようです。
そして报应(報い)だと話しだします。
そして孙太后を陥れたことを話し、自分にもするとは思ってなかったと話します。
故意ではないという皇后を皇帝ははねつけます。
皇帝は皇后を廃するといいます。そして命だけは助けるといい冷宫に送るといいます。
皇后はあなたのために姨妈(孙太后)も殺したのにといいますが。。。
皇后は相手にせず、追い出させます。
拟旨を出します。皇后を排して允贤を皇后にするといいます。
だめだという允贤ですが、皇帝は允贤と夫婦で死にたいといい、辞退しないでほしいといいます。
允贤はそういうことは話さないでと、自分がきっと直すと話します。


允贤は太医院と医女らに金刚石粉を取り除く方法を探せと命じます
そして程村霞にも説教をします。


允贤はしばらく部屋には戻らないといい医房に篭り、本を読み方法を考えることにします。
さらに江南戏班の王道士のもとに連絡を入れ何か方法がないか問い合わせます。


允贤は皇帝にいろいろなものを飲ませ何とか金刚石粉を取り除けないか試しますが、効果は薄いようです。
皇帝の顔色。。。だんだん悪くなっていきます。。。


太后は皇帝に会いに来ますが、允贤は合わせないようにします。
皇帝を母に合わせるとケンカになるからです。。
太后は允贤に許さないと話しながら追い出されます。


允贤も相当疲れているようです。医房で倒れてしまいます。
程村霞が診断しますが、体が相当弱っています。目覚めた允贤は薬を使って元気を保とうと程村霞に頼みます。


そのときある医女が金刚石粉を取り除く実験に成功したようです。
猪油を使ったようですが。香油をつかえばよいと判断します。
早速皇帝に飲ませます。結果は成功しました。
皇帝も希望が出てきたようです。
そこに英宗と刘平安が面会に来ます。
刘平安は允贤にその方法でよいと話します。


皇帝は起き上がり帰ってきた英宗をねぎらいます。
そして自分はこういう状態だと話し朝廷を兄に任せたいと話します。
英宗は弟にあんたの病気は治ると言って元気づけます。
しかし皇帝は皇太子はまだ幼い自分に何かあればもう一度皇帝になってくれといいます。


そしてあなたにつらい思いをさせた報いがこれだといいます
そして允贤の子供が生まれたら男であろうが、女であろうが名前は见济とするといいます。
涙をながす皇帝、そして立ち上がり英宗に深く礼をします。
そして謝り許してほしいと話します。


二人は抱き合い、兄弟は再び兄弟に戻ります。



家臣たちと何かを相談する英宗。。。



太后は皇帝が皇帝を退くことを許しません。自分が仁寿宫にいられなくなるからといいます。
皇帝は母にあなたの望みはすべて叶えたと話します。
でも自分は疲れたといいます。それでもだめだという吴太后ですが、
皇帝は母を下がらせます
太后は追い出されながら、なぜか允贤を贱妇とののしりながら連れていかれます。


二人っきりになり皇帝の胸で休む允贤。。。


外では雪が降ります。もうすぐ正月のようです。
允贤の看病で皇帝の状態は少しずつ回復していきます。


二人はやっといい日々を過ごせているようです。



感想

今回は報いということで汪皇后が自爆しました。皇帝にとっても報いということになるかと思います。
しかし皇帝が目覚めたk遠出允贤と皇帝の関係は良くなりました。
皇帝の母は相変わらずですが。。。。
後1話です。どういう結末になるのでしょうかね