異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国の戦国時代ドラマ芈月傳 70話あらすじ 训诫

中国時代劇 中国時代ドラマ 芈月傳


とうとう70話まで来てしまいました。後11話です。
今回は演説がメインです。演説部分とても長いです。注目の一話ではないでしょうかね
ちょっと感動しました。
芈月传(mǐ yuè zhuàn)は乐视网(http://letv.com),腾讯视频(http://v.qq.com/)で見ることができます。

芈月传 70話

嬴稷は太监らが母と义渠王のうわさをしているところを聞き怒ります。
そこに义渠王が現れます。嬴稷は义渠王に向かっていきますが、軽くあしらわれます。
しかしちょっとした油断で义渠王は嬴稷の剣で傷を負います。
芈月が出てきますが、义渠王は怒って去っていきます。
芈月は嬴稷に部屋で反省するように言います。
追いかける芈月、义渠王に子供のすることじゃないかと言い、説得します。
义渠王は自分のことを名前(翟骊)で呼べと言います。
二人がいちゃいちゃしているところ弓が飛んできます。刺客です。
义渠王は一剪かわしますが、矢を受けてしまいます。
刺客は尚も襲ってきます。穆辛が兵を引き連れてやってきます。
それを見て刺客は去っていきます。


义渠王は芈月の部屋で看病を受けます。
それを聞いた嬴稷はまた怒ります。


芈月は刺客の黒幕は芈姝と嬴华だと分かります。
禁軍の中にはまだこういう輩がいると悟った芈月は禁軍を宣室殿の前に集め训诫を行います。

W:魏冉のセリフ
B:白起のセリフ
M:芈月のセリフ
J:兵士たちのセリフ
X:蒙骜のセリフ
――――――――

M:诸位将士请起
M:吧他们解开
B:太后
M:解开!
M:诸位将士
M:我问你们
M:你们为何从军
J:・・・・・
W:当兵吃粮领饷
W:在秦国当兵有前途
J:・・・・・
J:当兵吃粮领饷
J:在秦国当兵有前途
M:魏冉将军
M:你不必代他们回答
M:听声音
M:明明都是口不对心
M:你们为什么要造反?
X:让你还位与大王
X:请回甘相
X:与诸公子罢兵
M:朕当政
M:就真的有违天意
M:赢华甘茂等人的主张
M:就真的这么受人拥戴吗
M:你们当初当兵
M:必定不是为了造反
M:你们沙场浴血卧冰尝雪
M:千里奔波 赴汤蹈火
M:为的不仅仅是效忠君王
M:保家卫国
M:更是为了让自己活得更好
M:让自己在沙场上挣来的功劳
M:能够荫及家人
M:为了让自己能够建功立业
M:人前显贵
M:是 也不是
J:・・・・・
M:今日站在这里的
M:都是大秦的佼佼者
M:你们是大秦的荣光
M:是大秦的倚仗
M:是 也不是
J:是!
M:我大秦曾经被人称为虎狼之师
M:令列国闻风丧胆
M:可就在前不久
M:五国陈兵函谷关外
M:可我们却束手无策
M:任人勒索宰割
M:这是为什么
M:我们的虎狼之师呢
M:我们的王军将士呢
M:都去哪儿了
M:大秦将士
M:曾经的大秦的荣光
M:可如今却是大秦的耻辱
M:当敌人兵临城下的时候
M:你们不曾迎敌为国而战
M:却在王位相争中自相残杀
M:这就是你们的作为
M:曾经商君之法约定
M:只有军功才可受爵
M:无军功者不得受爵
M:有功者显荣
M:无功者虽富无所荣华
M:可有些人就是不愿意遵商法
M:要恢复旧制
M:所以派人来杀我
M:你们也不情愿
M:也不想实行新法 是吗
M:为何你们站在了
M:靠祖上余荫吃饭的旧族那边
M:自愿成为他们的鹰犬
M:助纣为虐
M:使得他们随心所欲 胡作非为
M:使得商君之法不能推行
M:兄弟相残 私斗成风
M:你们的忠诚
M:不献给能够为你们提供公平
M:军功荣耀的君王
M:却给了那些对你们作威作福
M:只能赏给你们残渣剩饭的旧族们
M:是吗
M:将士们 我承诺你们
M:从今以后
M:你们所付的一切血汗
M:都能够得到回报
M:任何人触犯秦法都将受到惩处
M:秦国的一切
M:将是属于你们和你们儿女的
M:今日我们在秦国推行这样的律例
M:他日 天下就都有可能
M:去推行这样的律例
M:你们有多少努力 就有多少回报
M:你们可以成为公士 为上造
M:为不更 为左庶长 为右庶长
M:为少上造 为大上造
M:为关内侯 甚至为彻侯
M:食邑万户
M:你们敢不敢去争取
M:能不能做到
J:我们能 我们敢 我们做得到
J:太后太后太后太后太后太后太后太后太后

謀反で捕えられていた蒙骜らの前に出てなぜ謀反を起こしたと問います。あなたたちは本来そういうものではないと言い。
芈月は全ての禁軍の兵士の前で承諾します。旧式の政治を捨て、法に触れるものはどんなものでも処罰すると
そして、軍人は功績によってのみ昇給、昇進できると話し、誰にでも機会を与えると言います。
将士達は芈月の言葉に鼓舞され、士気は一気に上がります。
太后太后太后!と叫び声が上がっています。
樗里疾らもあわててやってきて話を聞いています。
蒙骜らも自らの罪を認め芈月に処罰を求めますが、
芈月はそう思うなら軍績をあげて償えと話します。



甘茂はあわてて雍城に逃げ、芈姝、嬴华の元に身をよせます。
芈月は魏琰も雍城に送り届けます。魏琰に息子、嬴华を説得させるためです。
魏琰は軍を解散して朝廷に戻るように勧めますが、
嬴华は芈姝は自分を王にするといったと言い、もう戻れないと話します。
ただひとつ咸阳を責めることが道だと。。。



芈月は巴蜀の乱を抑えるため司马错に遠征させます。
白起、魏冉には周辺に散らばった兵士たちを集めて咸阳の平和を保つように指示します。

感想

芈月は巧みな演説で兵士たちの心をつかみました。
嬴华と芈姝、甘茂も一枚岩ではないようです。それぞれ思惑が違います。
先に咸阳を責めたい芈姝、先に王位がほしい嬴华、
正当な王位さえもらえば焦る必要のない嬴华と、芈月を殺したいだけの芈姝。。。
甘茂は秦に3代も使えてこの程度なのですから、
やっぱり無能なんでしょうかねWIKIに書いてあることと話が全然違います。