異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

江西省への高速鉄道の旅(2)中国で最も美しい田舎、婺源(ぶげん)

旅行 江西 婺源

婺源
上海→婺源(うーゆぇん)
今回は友達である中国人のデザイナーさんとの二人旅です。
朝8:27分に虹橋駅出発で婺源には12:47分に到着します。
4時間20分ぐらいかかります。

駅に着くといろいろ呼びこみの人たちが待ち構えています。
とりあえず。ホテルまでの交通手段を探そうとおもいますが、
今回は中国人と一緒なので、私が交渉しなくていいのでとっても楽ですwww
呼びこみの人がしつこいです。ホテルまでは10元で送ってくれるようなので
とりあえずこの人の車を利用することにします。


運転手は江さんと言ってこの辺で観光客を観光地に連れて行って稼いでいるようです。
名刺を持っていました。
ライドシェアという行為は日本では白タクになってしまうのであまりないですが、
中国はこういう規制がゆるくていいですね。
そして自分で金額を納得して乗る。高いと乗らない。
地方の観光を活気づけるのにはいい方法なのかもしれませんね。


婺源には14の観光地があるようですが、その一つ一つが結構離れていて、なおかつ、
公共の交通手段がないようです。
必ずタクシーか、歩くか、運転手を雇わないといけないようですね。
その辺は観光地として整備されていないところでしょうか。。
運転手の江さんと交渉が始まります。行きたい所を言っていくらでいってくれるかどうか
の交渉です。運転手さんは200元、我々は100元、結局200元で雇うことにします。
道路S201の観光地を回ります。
江岭という場所があるようですが、ここは菜の花が有名らしいのですが、
共通チケットには含まれていない場所で、
さらに3月4月じゃないと何もないと言われて今回は行かないことにします。

李抗

婺源,李抗
最初に行ったのは李抗、ここで共通チケットを買います。江岭以外はすべては入れる様です。
値段は210元です。結構高い。
ここは古い町で、建物のデザインががすべて統一されています。
まあそれだけであまり何もないのですが、画を描いている人がやたらと多いです。
ここってなんか画家の聖地なんでしょうか、デザイナーさんも興味津津の様です。
私が見るとただの古びた町なんですが。。。。
婺源,李抗
婺源,李抗
婺源,李抗

月亮湾

月亮湾ここには町はなくただ、三日月の形をした川が見れるだけです。
婺源,月亮湾
婺源,月亮湾

旺口

旺口は外から見るだけにします。道沿いの外のスポットに停車して景色を眺めます。
婺源,旺口
婺源,旺口
婺源,旺口


江湾

ここは李抗よりも大きな街で、少し新しい感じがします。
江沢民ゆかりの土地なんでしょうか?大きな看板が立っています。
デザイナーさんはここは面白くないと言って、すぐ立ち去ろうとします。
婺源,江湾
婺源,江湾

晓起

本日最後の観光地は曉起、ここは規模が小さいです。
ほとんど観光客がいません。見る所もあまりありません。。
ここでお茶を飲むことにします。この編は菊花茶(菊茶)が有名なようす。
婺源,曉起
婺源,曉起
婺源,晓起
婺源,晓起

婺源の夜

婺源,蓝湾精品酒店

運転手の江さんには明日朝8:30にホテルまで来てくれと予約します。
ホテルは蓝湾精品酒店に泊まりました。これはCtripで事前に予約したホテルです。

ホテル情報:
tripadvisor:蓝湾精品酒店

チェックインして、少し待ったりした後、食事に外に出ようとすると、
ホテルの前の橋がライトアップされています。
婺源
婺源
この辺は农家菜(農家の料理)の店が多く、以前から興味があったので、そこに入ってみます。
農家菜
この农家菜ですが、わたし的に味がとても塩っ辛い料理です。ちょっと口に合わないかも。
その後ホテルの周りを周りをぶらつきます。


食べ終わって、運動がてら川沿いを散策しましたが、このへんは何もないので、適当に歩いて帰ってきました。
運転手さんに聞くべきだったのですが、後で知った(翌日)のですが、婺源には老街がある様で、
そっちの方が繁華街だったようです。そっち側にホテルを取ればよかったですね。



感想

やっぱり地元の人の案内は安心できますね。まあ良い人であることが条件ですが。。。
江さんからは知り合いに配ってくれと大量に名刺をもらいましたが。。。
正直婺源ですが、私的には期待はずれ。。10月だと肝心の紅葉にはまだ早い様です。
紅葉は11月下旬の様です。
ここ婺源への旅行は3月~4月の菜の花の時期が一番良いと言われますが、それも怪しいとおもいます。
でももしかしたら絶景が見れるかもしれませんねww
婺源の町中は徹底して統一された建物のデザインや雰囲気ですが、
この村は観光地化しようとしておもいっきり失敗しているような感じを受けます。
デザイナーさんが興味を示した場所があった様に、画家とか玄人向けの観光地かもしれませんね。
もしかして官僚接待の恩恵を受けれなくなってすたれたのかもしれません。
観光シーズンではなかったので、各観光地もあまり人がいなく、建物と、人のバランスが取れていないと感じました。。。
とてもさみしい町でした。