異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

Angelababyの大漢情縁之雲中歌 13話あらすじ

中国時代ドラマ 雲中歌


このドラマ雲中歌ですが、风中奇缘(風の中の縁)と関係があるようで、
风中奇缘の原作は、桐華小説《大漠谣》です。
同じ桐華小説《云中歌》は続きの作品です。
风中奇缘で「石舫」は九爺の組織ですが、雲中歌内の謎の組織「流星帮」はおそらく「石舫」の後の姿であるとおもわれます。

13話

二人は仲直り増します
今日は4人で食事をすると言います。
云歌は恥ずかしがります。


霍府に居る孟珏を霍成君の侍女が呼び止めます。
霍成君と孟珏は話をしますが、孟珏は自分にはすでに好きな人がいると言います。
そして去るなら川に飛び込むと言いますが、かまわず孟珏は去ります。
すると霍成君は川に飛び込みます
それを見た孟珏は霍成君を助けます。


霍成君の母は孟珏を帰らせようとしません。


夜になっても帰ってこない孟珏。
云歌は心配します。
云歌は一月に聞きに行きます。
云歌は孟珏が霍府にいることを知ります。


云歌が戻ってくると2人は帰っていました。
朝になり霍成君が起きた時すでに孟珏はいなくなっていました。
云歌が起きると许平君がいました。
孟珏が帰ってきます。


孟珏が説明しますが、云歌は面白くありません。
云歌は問いますあの日の話はまだ有効なのかと聞きます。
孟珏はもちろんだと言います。
また食事を作ってくれと言う孟珏ですが、
云歌は嫌だと言います。
孟珏は自分も一緒に作ると言います。
云歌は少し機嫌を直します。
そして大司马にはどう対応するんだと問います
孟珏は自分に策があると言います。


買い物に出かけた云歌を霍成君が呼びます。
霍成君は云歌と話をします。
霍成君は云歌に孟珏から離れろと言い長安から離れるべきだと言います。


孟珏は私に近づいたのは私を利用するため
今あなたに近づいたのは何か貴方に利用価値があると言う事だと言う事。
彼はそういう人だと言います。

孟珏はそういう人ではないと言いますが、
霍成君は本当に確かかと話します。
云歌は怒ってその場を去ります。


街で乞食を助ける云歌
云歌も一緒に逃げます。
侯老头は妙手空空と言う技を使うスリの達人でした。
そう言って云歌の財布をスって見せます。
弟子にしてくれと頼む云歌、じゃあ何か見せてみろと言う侯老头、
自分は料理ができると言い、
自分が七里香の雅厨だと言います。
侯老头は友達に会いに、長安に来たと言います
たどり着いたのは风叔の家です。
お参りする侯老头。。。


侯老头は云歌が风叔を知っていて驚きます。
孟珏は妙手空空の唯一の弟子だと言います
なんで孟珏を弟子にしたんだと聞きます。
そして侯老头は孟珏の過去を話します。
そして孟珏が风叔の義父になったことも話します。
孟珏は流星帮がほしいがため风叔の子供になったようです。
侯老头いわく流星帮はすごい勢力のようです。



孟珏は云歌を探しに来ました、ちょうど刘病已に会います。
刘病已は孟珏にいつ私が皇族だと知ったと話します。
孟珏はこの間の件はあんたが原因じゃない、安心しろと言います。
刘病已は今は心配していないと言います。
孟珏は何で突然考え方を変えたと問います。
多分平君が変えてくれたと言います。



云歌は孟珏が自分に近づいたのは流星帮の為だと思うようになります。
云歌の財布をすったのも孟珏だと思うようになります。
そして自分は霍成君と同じ利用されていると考えます
孟珏が帰ってきて云歌を尋ねますが、云歌は孟珏に会いません。
傷つく云歌。。。


朝、部屋の前にはたくさんの花が。。。孟珏がやったのだと思いますが
云歌はもう孟珏の事が信じられなくなったようです。
云歌は平君と街に出ます。云歌は家族に手紙を送ります。
许平君は孟珏を見つけ呼びます。云歌は会いたくないので逃げます。
そこに侯老头が現れ孟珏を呼びつけます。
侯老头は云歌の話をします。孟珏は侯老头に云歌に会ったのかと聞き
侯老头はそうだと答えます。ばつの悪そうな孟珏。。。。