異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

上海から一泊二日、男だけの黄山旅行(4) 頂上を目指せ。そしてとうとう降り出した雨

旅行 世界遺産 安徽 黄山

2015-06-07日、黄山旅行2日目の続きです。

朝食はせっかく持ってきたカップラーメンを食べます。
帰ってきたのが6時ぐらい、一度座るともう起き上がれません。。
結局、8:30分過ぎにチェックアウトをして出発します。
この日のルートです。出発地はちょっとおかしいです。

目的地は光明頂,この山の頂上です。
この道のり、当たり前ですが、ひたすら上りです。
果てしなく続くかのような登り道、先を見ると萎えそうになります。。。

山に登りなれていない私たち、休みながら目指します。
途中、どでかい飛来石の場所にたどり着きます。

この石、どうやってできたのでしょう???
登ってみると、片側には柵がありますが、反対側は柵無しの絶壁。。。。
やば過ぎですね。。。
降りようとすると昨日会った日本人ツアー一行様が。。。
どうやら私たちとは反対回りに回っているようです。
結構年配の人たちに見えましたが、この人たち山登りに慣れているのでしょうかね?
体力あるな〜と思いました。


そして私たちは群峰頂までのひたすら長い登りが始まります。
群峰頂まで着くと山にうっすら雲がかかってきました。
群峰頂からの景色



このルート途中途中にスポットがあって休みながら登れるので結構いいかもしれません。
そして遂に光明頂です。丸い玉がついた建物はレーダーでしょうかね?
光明頂付近の景色



頂上の景色はやっぱりいいですね。
頂上には喫煙所、売店などもあります。
雲が先ほどより多くなってきた気がします。
しばらくすると一面雲になってしまい。。景色が全く見えません。。。。



間一髪と言うところでしょうか。。。

ここからはひたすら下りです。。分かれ道は、白俄山庄方面に向かいます。


この下りルート途中に何もスポットがなく、
ただ林の中を下るだけ。。ここから登る人は相当大変だと思います。
道半ば、そしてとうとう雨が降ってきます。白俄山庄あたりに着くころには、
結構大きい雨です。
用意しておいた雨具を着用してひたすら下ります。
鲤鱼跳龙门でひと段落つきます。こっち側から上る人が、
この坂上までどのくらいかかるのかを聞いてきました。
30分ぐらいじゃないかな?と答え、さらに凄くしんどいよと伝えておきます。
ここからロープ―ウェイを目指せばすぐ到着するので、ちょっと時間があるので、
途中で昨日松の話をしていたので、黒虎松を見に行くことにしました。
鲤鱼跳龙门

道に霧?が掛かってきてます。

これが黒虎松。。。。

この黒虎松、実は昨日通りかかってその手前30mぐらいで違う道に行ってみてなかったようです。
黒虎松をみましたが。。。やっぱ。。こんな感じだよね。。。
その近くに龙爪松と言うのもありましたが。。。。


これはちょっとがっかり。。黄山のくだりも佳境です。
後は昨日の道を逆に進むだけ。。。雨はやむ気配なし。。
サルが心配でしたが、今回はサルはいませんでした。


やっとロープーウェイまで到着。。下ります。。
雨降ってるし、日曜の昼に登ってくる人はさすがに誰も居ないようですね。。。
ロープーウェイを降りると、また例の日本人ツアー一行様が。。。
ちょうど同じバスに乗っ他ので話をしました。
東京からのツアーで杭州まで飛行機でそこから黄山に来たようです。
最近は中国に来る日本人観光客めちゃ減っているようですね。
円安いですからね。。。
行く人は多いようですが。。。
ツアーの人たちはこれから黄山市に行くと言っていました。ここでお別れです。
バスを降ります。雨はひたすら降り続けています。