異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ファンビンビンの武則天、武媚娘傳奇 93話 すれ違う二人

中国時代ドラマ 武媚娘傳奇

最終回1話前と言うことで93話と94話は一話のようです。
皇帝、武媚娘共に結構歳をとっています。

93話


皇帝は寝込んだままです
次の日の朝廷で郭瑜が武媚娘を弾劾します。
武媚娘は許さないと言いすぐさま郭瑜を処刑する命令を出します。


目覚めた皇帝は武媚娘と言い合いになります。
郭瑜はもっと早く処刑しておくべきだったと。。
今郭瑜を処刑しても李贤は戻ってこないと。。
李贤を皇太子にするようです。


皇帝は外でぼ〜と外を見ていますが、そこに敏月があらわれます。
皇帝は武媚娘だと思い「媚娘」といいますが、敏月でした。
皇帝は敏月に李弘の昔話を聞かせます。
敏月は心にもないことを行って皇帝を慰めます。



明崇俨が酔っぱらって酒場?から出てきます。それを付ける人物が。。。
馬車からボウガンがはなたれ明崇俨に刺さります。


皇太子になった李贤母から送られてきた孝子伝を見て怒ります。


皇帝の所に公公が密書を持ってきます。
絶対に天后に見せてはいけないと言うことです。
それを見た皇帝はあわててその場を去ります。
皇帝が去った後瑞安が入ってきてその密書を読みます。
瑞安が呼んだ上奏文は皇太子(李弘)は皇后が殺した、
更に安定も皇后が殺したと言う内容でした。
それを武媚娘に伝えます。


皇帝は最近はずっと敏月と居るようです。
昔は皇帝と武媚娘は毎日話をしていたと。。。
今はさっぱりだと。。
李弘が死んでから私たちの距離はさらに遠くなったと言います。
そこに知らせが入ります。
毒を盛った侍女は長安の外で殺されていたようです。
知らせは瑞安を調べると言いますが、皇帝はこの件はこれで終わりだと言います。
皇帝は暴れます、もしかして本当に武媚娘なのかと。。。
敏月は皇帝にキスをします。。


どうやらすべては李贤が計画したようです。
瑞安が仲良くしていた侍女は李贤が送り込んだ者だったようです。
更に敏月が成功したと知らせ儲けます
更に李贤は明崇俨を処理するように命令します。



明崇俨は武媚娘に襲われた話をします。
明崇俨は最後に意味深なことを話します。
孙无生この名前を覚えておいてくださいと。
武媚娘は意味が解りませんが、覚えておけばわかると言います。



武媚娘は甘露殿に戻ってきましたが皇帝は敏月の所に行っているようです。

朝廷が開かれますが、皇帝は今日の朝廷は天后に任せると言うことで出てきません。
皇太子も出てきていません。熱が出たという事のようです。
裴炎が上奏します。赵道生がどうのこうのと言い合いになりますが、
天后はもういいと言ってやめさせます
いろいろ解決しなければ問題があるのにくだらない言い合いばかりして、
解決策がないならお前ら黙れと言って怒ります。


夜皇帝に会う武媚娘、朝廷の話をしますが、
武媚娘は私に任せたんだから、貴方はそんなに気にかけなくてもいいよと言い
敏月と一緒に居ればいいと話します。
皇帝は武媚娘にいろいろ言い訳しますが、
武媚娘はそんなに説明しなくてもいいと話します。
武媚娘は皇帝が側室を取るのは私の願いでもある、私は喜ばしいと話します。
皇帝はちょっと切れた感じで上奏文を武媚娘に任せでていきます。
その時武媚娘は敏月に封号でも上げればいいと言います。
皇帝は分かったと言って去っていきます。



街で明崇俨がまた襲われそうになります。
逃げるように馬車に乗りますがその場者には皇太子が乗っていました。。。
明崇俨は謝りますが、
配下の指輪を見てボウガンを打った奴の指輪と同じ事を発見します。
そのまま明崇俨は去ろうとし、馬車を止めますが、
そのまま首を絞められナイフを刺されます。
皇太子は自分が李弘をやったと明崇俨の死に際に話します。
明崇俨は天后、孙无生と話して無くなります。
皇太子は最後に残した言葉「孙无生」は誰か探せと命令します。



武媚娘は李弘の死に際を思い出しています。
そこに敏月が現れます。武媚娘が呼んだようです
そして敏月の母がどうやって死んだかの話を聞かせます。
敏月の母は武媚娘の食事に毒を入れたようです。
そして皇帝にそれがばれて、自殺したと話します。
信じられない敏月は不機嫌そうです。
武媚娘が皇帝に敏月と一緒に居ろと言ったのはどうやら計画のようです。
そして敏月を監視しろと命令します。



ある日魏国夫人(敏月)が病気になります。
慌てて向かう皇帝、どうやら毒を盛られているようです。
武媚娘が渡したブレスレッドから毒が発見されたようです。
皇帝はこのブレスレッドは武媚娘が敏月に送ったものだと言うことを思い出し。
このことは誰にも漏らすなと話します。

皇帝から武媚娘に明日からは太极殿に来なくていいと言う知らせが入ります。
更に狄仁杰から知らせが入ります。
明崇俨が死亡したということです。