異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

Angelababyの大漢情縁之雲中歌 34話あらすじ 刘贺の復讐

中国時代ドラマ 雲中歌

上官小妹は太后の地位になりました。
おそらく小妹は歴史上唯一の処女の皇后ではないでしょうか?
6歳で嫁いで、15歳で皇帝が亡くなったのですから。。
そしてそのまま太皇太后にまでなってしまうのですが。。。


34話 霍成君が红衣を干掉、刘贺の即位し霍家に復讐

红衣は痛いと訴えますが、霍成君は膿を出していると説明します。
そして髪の毛を褒め、なでまわします。
红衣は自分は家来だと言って霍成君と話する資格はないと言います。
红衣が自分の身分をわきまえていることに霍成君は感心しますが、
刘贺はそうは思っていません。


刘贺が入ってきます。霍成君のことを悍妻(気性の荒い妻、じゃじゃ馬な妻)と言います。
そして孟珏が要らないと言ったのもうなずけると話します。
霍成君は刘贺に手を出そうとしますが刘贺はそれを止めます。
霍家の意見を聞いたので満足だろうと話しますが、红衣に手を出すのは許さないと言います。


数日後、刘贺は红衣の傷口が悪化しているのを見つけます。
走って霍府に向かい解毒剤を渡せと言います。
霍成君は红衣を手放せば解毒剤を渡すといいますが、
刘贺は同意しません。霍成君は私が皇后になったら彼女を手放させると話します。
刘贺は投鼠忌器(仕方なし)に答えます。
刘贺が戻ってきました、红衣は孟珏が看病していました
红衣は解毒剤を投げ捨てます。
刘贺が即位してから自分をを盾に脅されることを心配してのことです。
それをよしとしない红衣ははしばらくして亡くなります。


刘贺が即位します。哀悼の意を表する居る時に刘贺は質素な服を着ず、皇帝の服を着てきます。
そして酒を飲みながら暴れます。そして先帝が早く死んだことを祝賀します。
そしてどうして先帝が生きていくのがこんなに苦し買ったのかを悟ります。
小妹は于安に皇帝をこの場から去らせるように言います。
刘贺は死んだ红衣をずっと守っています


孟珏が入ってきます。
刘贺は皇帝になるために孟珏と云歌を利用したと、今それが報いとなっていると話し、
孟珏に自分を殺せと話します
孟珏は貴方が今着ている龙袍は红衣の血が変わったものだと言い、
自暴自弃になって権力を霍光に渡たら红衣の犠牲はむだになると話します。
自分も兄弟都は認めないと話します。
刘贺は冷静になります。红衣に最後の別れを告げます。


霍光は太后に会います。刘贺は政治にかかわらず、女性の死体と一緒にすごしていると。。。
小妹は祈りましょうと言います。その時刘贺が入ってきます。
太后に向かって謝り、これからは愚かなことをしないと言います。
そして霍光に先に出て行くように言います。


その後、下旨を下し、霍成君に即刻宮廷に入るよう命令します。
刘贺は霍成君に詔書.詔[みことのり]を渡します。
紙にはこう書かれていました

封霍成君为婕妤        →霍成君を婕妤に封じる
隔年因婕妤无所出下贬至昭台宫 →各年毎に格下げして昭台宫にたどり着く
自此孤单一人终老致死     →一死ぬまで人生を終えるまで一人で居る

霍成君は詔書を捨て、皇帝になれたのは霍家のおかげでしょうと言いますが、
刘贺は耳光(びんた)をします。
そしてあんたは宮廷内で孤独に歳をとり、毎日红衣を殺したことを後悔する。
今私は何も怖くないと。。。早く来るようにと言います。
刘贺は狂ったように笑いそして泣きます。
そのすきに霍成君は逃げ帰ります。


霍光夫妻は霍成君を見て服が破れていることに気づきますそして腕につかまれた後が、
何があったかを問い詰めます。
霍成君は本当のことを言い、宮廷に入るのが怖いと話します。
霍光は必ず霍成君を皇帝の母にしてやると言います。


刘贺が大臣達と協議している中に霍光が家の事情があったと言い遅れてやってきます。
刘贺はそれなら家のことをすればいいじゃないかと話します。
刘贺は塞外の事を解決したいと討論していましたが、霍光が賛成しません
刘贺と霍光が対立します。
zhēn fēng xiāng duì【针锋相对】針の先が向かい合う.真っ向から対決する.鋭く対立する


感想

皇帝になるため先帝を中毒にさせた刘贺、結局皇帝位を手に入れることによって、
紅衣を失ってしまいます。生きるのがつらくなり、
自暴自棄になってしまった刘贺ですが、
孟珏に説教されて霍家に復讐しようとします。
もっと復讐してほしいですが、
歴史的にそうはいかないのですよね。。。