異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

Angelababyの大漢情縁之雲中歌 30話あらすじ お香の謎が発覚、云歌は薬を探しに行きけがをする

中国時代ドラマ 雲中歌

今日11月11日は光棍節といって独身の日だそうです1が並ぶからでしょうかね
また買物の日なっています。最近は便乗して日本でもやり出したようですが、
中国では数年前からタオバオで凄い売上を出している日でもあります。
私もついいろいろと買ってしまいました。
それでは本題です。

30話 お香の謎が発覚、云歌は薬を探しに行きけがをする

百合を再び尋ねる孟珏、
百合は病気の元を突き止めるしかないと話します。
百合は皇帝の病気を治したくて仕方が無いようです。
孟珏は私に方法を伝えろ、どうせ私はもう掟を破ったと話しますが、
百合は患者を診なければ判断は出来ないと話します。
何もしないと皇帝は亡くなってしまうと話します。
百合は規則を破る事を決意して皇帝を看病に向かいます。



皇帝と会う百合と孟珏、孟珏は皇帝のつけている巾着を見つけます。
皇帝は中には昌邑王にもらった沉香が入っていると言います。
これが無いと云歌は眠れないと話します。



刘病已と碁を打つ昌邑王
皇帝の病気の噂を話す刘病已、
囲碁は真剣にやらないと負けるぞと話す昌邑王。
二人は真剣に打ち合います。
自分が不利になった昌邑王は料理の臭いを嗅ぎつけて
食事にしようと言います。


夜、孟珏を尋ねる昌邑王
昌邑王は孟珏に皇帝の病気を見ているのかと聞き、
何で自分にそのことを言わないと問い、険悪なムードになります。
孟珏はならなぜ田丞相が病気になったことを私に話さなかったと話します。
昌邑王は田丞相も私がやったと思っているのかと。。。
昌邑王はなぜ皇帝の病気を見ると聞き、
治療しなければ云歌をものにできるのにと話します。
そして昌邑王に云歌の沉香は自分が送ると言い、
貴方はもう送らなくてもいいと言います。



朝廷で皇帝は気分が悪そうです。
霍光の意見に反対する人が沢山出てきます。
皇帝は倒れてしまいます。



皇帝を診る孟珏、駆けつける小妹と云歌
孟珏に出て行けと言われた云歌と孟珏は喧嘩になります。
孟珏を残して人払いをした皇帝は
自分の命はどれくらいなのかを聞きます。
希望を失ってはいけないと言う孟珏ですが、
皇帝は自分と云歌には隠さずに言えと言います。
皇帝に身に着けている香囊をよこせと言う孟珏
皇帝は香囊を孟珏に渡します。


娲皇娘娘にお祈りをする云歌、おみくじは下下签(大凶?)です。
娲皇娘娘に八つ当たりをします。
それを止める孟珏。


孟珏は云歌に新しい沉香をわたし前の物は使うなと話します。


百合に香囊を渡す孟珏、
皇帝の病気はこの香囊が原因だと考える孟珏です。


霍府で食事をする
昌邑王と刘病已
今日は何で私たちを呼んだのかを聞きます。
霍光は皇帝の事をどう見ると話します。


酔っぱらって帰る昌邑王
実は昌邑王は酔っぱらっていません。


霍光は皇帝の病気は軽くないとみているようです。
霍光は刘弗陵は良い皇帝だ惜しいと話します。
霍成君に今から思うと宮廷に入らなかったことは良い事だったと話します。
将来どっちと結託するか考えようと話します。



夜寝ている皇帝を尋ねる云歌


刘病已は徹夜で仕事をしていたようです。
刘病已は霍光のように状況をうかがって奔走はしないと言い、
民衆の為に頑張ると話します。


百合と孟珏が皇帝を尋ね原因がわかったと話をします。
皇帝はどうやら中毒のようです
百合は香囊の中の香を調べ、その香に問題があったようです。
彼らの師匠が皇族の治療をするなと言ったのはこのためのようです。
刘贺が云歌を通して皇帝に渡していた沉香。。。
この事から犯人は刘贺と言うことになります。
百合は何から中毒になったのかを話しません。
病状から見る限り、八仙毒草を使えば解毒できると言います。
八仙毒草は100年に一度しか咲かないようです。


云歌は八仙毒草を探しに行くと言います
百合と云歌が八仙毒草を探しに行きます。
百合は云歌に皇帝とはどんな関係なのだと問います。
水と魚の関係だと言います。



崖の上に都合よく八仙毒草が見つかります。



一方ヒルを使って皇帝の血を抜こうとする孟珏。。
血を抜いて成分を調べようとしているようです。
ちょっと気持ち悪いです。。



云歌は危険を冒して八仙毒草を何とか取ることができました
喜んた二人でしたが、足を踏みはずして、花を落としてしまいます。
何とか云歌を助ける百合、
云歌は言葉の中から百合も皇帝を愛していることに気づきます。


怪我をして帰ってくる云歌。。。。
皇帝に謝る云歌。。。。
泪を流す百合。。。



部屋に戻り
孟珏は万事休すと話しますが
百合はまだ手があると言います。