異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

ドキドキ!円安のせいで資産が増えた気がする。

日本円と人民元 国際

為替相場が急激に円安に進みました。
日本人だから元で給料をもらっててもやはり基本円で計算してしまいますね。
上海に来たのが2010年だから一元が13円強ぐらい
例えば、10000元もらってたら140000円
それからもうどんどん円高で一元が12円ぐらい
10000元もらってたら120000円に
10000万に付き2円万も差が出てきます。
今回円安で一元が15円ぐらい
に10000元もらってたら150000円に。。。
中国国内にいるとほぼ何も変わらないんですけどね。
というか全ての物が一気に値上がりしたきがします。
そっちのほうがやばい。

http://jp.advfn.comから引用

これはこれでいいのですが、日本の会社として、円が下がると中国に仕事を出すのに割高に感じてしまう。
実際には単価は変えてないので、給料は増えるが(日本円換算)、会社の儲けが減るというジレンマが。。。
これもしかして会社としては相当ダメージあるんじゃないかと思います。


ずっと日本国内にいて、円だけの生活をしていればら分からないですが、
これはこれでショッキングです。
例えば、今まで80万元(960万円)で買えていたマンションが値段変わらないんだけど円換算だと(1200万円)になるってことです。


逆に日本の輸出会社はいい感じになってくると思いますが、
値段よりも商品の中身、デザイン、適度な品質、今はそういう時代になってきていると思います。
魅力のある製品でないとだれも買わないですよ。
品質と、値段の関係も重要ですね。
どうでもいいけど、中国のユニクロ無印良品も同じものでなんで日本より値段高いの?
日本では「安い」が売りだけど中国だと「ブランド」として定着させようとしてる?
それでも売れるから?
がんばってください。