異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海ポートレート撮影-今年最後の秋【逆光大宁】【最后一秋】

2017-12-10
秋ももうすぐ終わりです。というか季節的には冬ですが。。。

週末撮影会にいってきました。場所は上海大寧公園です。
この公園も以前来たことがあります。
www.sonnagaya.com

今回はモデルさんを入れての撮影ということで少しはましになると思われます。
集合時間は13:30分でしたが、14人でモデルさんが2人、7人ずつに分かれますが、一人モデルさんが来ませんww
先に到着していたモデルさんのは前回撮影したことがある人だったので今回は別の人にしようとおもいます。
結局14:00過ぎにモデルさんが到着です。


それから公園をまわりながら撮影を始めます。
テーマは「逆光」、「最後の秋」ということで、逆光状態で撮影するスポットを探すようです。
というか、そこまであまり考えてないとおもいますが。。。
公園の紅葉もそろそろ終わりですかね?葉が散りきってるところもあります。

今回はカメラを一台だけ持ってきました。ポートレートはもうOMDだけでよいかなと感じています。

光がある時、逆光の感じを出す場合に、ソフトフィルタがあるとめっちゃ良い感じになりますね。
私は持ってなかったのですが、PSでソフトに。。。


秋っぽい場所をさがして回ります。


途中で今回もやはり鳥の撮影隊がいました。しかも何と鳥が停まっているではないですか。。。

これは飛び立つ瞬間を構えているんでしょうかね。。。



私たちはそれにかまわずモデルさんの撮影を続けます。
このモデルさん少し杨幂に似ている気がします。

色々動いてくれます。

中国人のおじさんは凄い装備です。このカメラに連動するストロボも担いでいます。



16:00ぐらいになると太陽がしたのほうまで落ちてきます。

逆光で太陽の光芒を出すには絞る必要があります。

オリンパスの40-150mmF2.8のレンズ、光芒はあまり奇麗ではないとおもいます。
オリンパスのレンズで光芒がきれいなレンズがあるのかはわかりませんが。。。
大体F8ぐらいですかね。光芒が線になって出てきます。しかし角度によってはでないような気もします。
後はそうすると人の顔が暗くなってしまうところでしょうかね。またモデルさんの動きにSSがついてきません。難しいです。

おっさんのストロボの連動に合わせると良い事に気付きましたwww。


結局16:30近くまで撮影をして終了です。
このモデルさんどうやら彼氏?が車で来ているようで、その車に乗って帰っていきましたww


その後、今回参加していた日本人4人で反省会です。

実際前回この公園にきたときよりも充実した撮影になったとおもいます。




つづく