異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国の戦国時代ドラマ芈月傳 77話あらすじ 昏君

中国時代劇 中国時代ドラマ 芈月傳


残す所、後5話です。
芈月传(mǐ yuè zhuàn)は乐视网(http://letv.com),腾讯视频(http://v.qq.com/)で見ることができます。

芈月传 76話

楚国の朝廷では靳尚が秦と和平を結ぶべきだと提案します。
大王を金で買い戻すと話します。黄歇は今大王は拘留されているので、
私たちが買い戻すとすれば新しい王が必要だと言います。
秦人が大王を軟禁しても无济于事(むだなことであると知らしめる)必要があるということです。
そうすることにより楚国は秦国の脅しから逃げることができる。
そしてそうすればもしかしたら大王が戻ってこれるかもしれないと言います。
黄歇の主張は古い家臣たちを納得させます。
しかし南后郑袖はそれならばと言い、公子兰を王にしようとします。
黄歇は楚国には太子横がいるのになぜ公子兰を王にする必要があるといいます。
郑袖は大王が出て行く時に太子横を廃して公子兰を皇太子にするという話をしていたといいます。
黄歇は口で言った事は何の意味もないといい诏书はあるのかと話します。


郑袖は何も言えません。。靳尚以外に郑袖の味方はいません。
靳尚は太子横は齐国の人質として行ったと話しますが、太子横が現れます。
郑袖は太子横に逃げてきたのかと言い、取り押さえようとします。
その時に楚国の昭阳公がやってきます。国书を齐国に渡し呼びもどしたと話します。
そして郑袖を宮廷に戻らせます。靳尚は郑袖に代わって話をしますが、
昭阳君は靳尚に貴方は「蛇鼠小人」だといって朝廷から追い出します。
そして太子横が楚国の王となります。


秦国太后はこの知らせを聞き、白起に撤退を命じます。
樗里子は遊説で各国を回り帰ってきましたが、咳が止まりません。
太后は今回の楚国攻めの目的は楚国の力を弱めること、滅ぼすことではないと話します。


芈月と翟骊の子供芾儿は7歳になりました。
芈月は戦功があった白起、芈戎、魏冉をそれぞれ封じます。
また芾儿も一緒に封じます。
しかし虎威は不満です。
义渠は秦国の一部というならなぜ封地を义渠人にあたえないと文句を言います。
芈月はある人を訪ねるといいます。
青儿と大监は誰か興味を持ちます
芈月は楚国大王に会いに行きました。
楚怀王を見て私のことを覚えているかと話す芈月。。。
そして楚怀王に楚国は既に新しい王を立てたと話します。
楚怀王は芈月に向けてもし私を楚国に戻してくれれば
国の半分を上げてもよいといいます。
誓ってもよいという楚怀王に
芈月は笑います。
貴方は楚国のことを考えてはいない。。
一番欲しいのは王位だと話します。
楚王は言います王位さえあれば美人が手に入るといいます。
芈月は最後に楚国の豊富な食料庫を交渉にだすとはなします。
さもなければ貴方は秦国で暇な日々を送ると。。。


义渠君が帰ってきました太后は赢稷も参加させようとします。
义渠君が要ると知って赢稷は行かないといいます。
しかし芈瑶に説得されて行くことにします。
家族会は芈月、赢稷、义渠君、芾儿で開かれます。
义渠君は故意に赢稷を挑発します。
赢稷は母の顔を立て我慢します。


赢稷は母に义渠人と距離を取ってほしいといいます、
そして义渠君をそばに置く理由を話せと言います。


义渠君と芈月が話をします。
义渠君は芈月が义渠人に封地をあたえないことを恨んでいると話します。
今の秦国があるのは半分は义渠人の功労だといいます。
そして芾儿を草原に連れ帰り騎馬や草原を学ばせたいと話します。
并且想带着芾儿回到草原,让他从小学习骑马,学会如何治理草原。

感想

政治のできない义渠人は封じることができません。
これは芈月も頭の痛いところだと思いますが。。。
赢稷と义渠君の関係が険悪になってきました。。。