異邦人になってみた~上海の人blog

上海在住です。上海情報満載です。また中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

上海韩湘水博園での戏剧COSPLEY撮影会「玉簪記」

2018-11-04 上海

だんだん撮影会に行くのが習慣づいてきました。
という事で今回も上海で撮影会に参加してきました。今回は古装です。
表題の「玉簪記」という劇自体よくわかりませんが、まあモデルさんが、そういう感じの京劇みたいな服装をするんだろうなと思ってました。
今回は申し込みをしてから結構いろいろと変更がありました。

前日の予定変更(2018-11-03)

日曜の撮影場所が上海の闵行区の上海韩湘水博園という事で、これがまた遠い。
以前行った事がある映画村よりは近いようですが、結構な距離です。

そしてこの撮影会ですが、遠いから人気が無かったのでしょうか?
第一場=13時30~
第一場=15時30~
となっていたのですが、人が集まらなかったようで、前日に14:30からの一回のみになってしまいます。
最初は2人でモデル独占か!と思ってましたが、残念でした。
当日とりあえず、一緒に行く友達と人民広場で待ち合わせる事にします。

当日の移動(2018-11-04)

この日私は朝から人民広場の辺り、南京路をぶらついていました。

ちょっと変わったスタバがあったので入ってみましたが、これがまた高いw
コーヒー44元もします。後で聞いたらスターバックスR(リザーブ)というらしいです。
そして味は。。。私にはわかりませんw多分二度と行かないと思います。

百度の地図では到着まで2時間弱かかる事になってました。
という事で、待ち合わせは12時過ぎに、地下鉄一号線、人民広場駅にしました。
上海地下鉄一号線の南の終点莘庄まで行き、そこから地下鉄5号線に乗り換えて、終点(闵行开发区)まで行きます。
上海地下鉄一号線もこの辺まで来ると地上に出ます。
そこから5号線ですが、5号線。。。全てが地上なので地下鉄じゃないです。さらに人が少ないですね。。。。
上海では地下鉄がどんどん増えて行ってますが、もう
そしてこの路線は东川路で二手に分かれるようですが、もう片方はまだ完成していません。
当然終点まで行くんだろうと思ってましたが、东川路に着くごろ、ターミナルステーションだとアナウンスがあります。
どうやら乗り換えが必要なようです。

そして闵行开发区行きは丁度対面の路線のようです。
この時点で時間が。。。結構余裕があります。そして毎回の事ですが、撮影会は遅れて始まることが多いので、少し遅れ気味でもよいと思い、途中で寄り道しようという事になります。

コーヒー屋さんを探し、一つ手前の駅で降ります。そして目的のコーヒー屋さんを見つけますが、何と。。。。

休日ですwマジか


シャー無いので、自転車でもう一つ手前の駅まで行きます。

そこでコーヒーにしようかと思いきや。。。そういえば昼飯食って無いですね。という事で昼食を食べる事にしました。

丁度「すき屋」があったので、そこで食べる事にします。上海のこんな果てまですき屋が進出しているとは、凄いですね。
するとメッセージで撮影会は予定通り14:30から始まるとの知らせがあります。。。
こういう日に限って。。。。時間通りなんですね。。。
さっさと食事を終わらせて、外に出て、滴滴で快车を探して、目的地の上海韩湘水博園に着いた時は14:30を回ってました。
そして百度で調べた時には25元だった入場料が何と30元になってます。

撮影会開始

あわてて入りますが、幸いにもまだ撮影は始まってはいませんでした。
モデルさんはまたこの子です。天真爛漫な感じの笑うとかわいいのですが、撮影中はあまり笑いませんw
前置きが長かったですが、ここから撮影です。

上海韩湘水博園ですが、結構広いです。丁度桂林公園を大きくしたような感じの庭園が広がっています。
何で桂林公園にしなかったのでしょうね?と友達に話すと、桂林公園で撮影会をすると人が多すぎて、皆が撮影しだして、大変なことになった事があるようです。
それで場所を変えたのではないかという事らしいです。


一行は目的地に向かいますどうやら演劇舞台に向かってるようです。
途中で別の個人撮影をしている人がいました。
演劇舞台に着きましたが、横断幕があったので。。。。これはちょっと撮影出来ませんね。
という事でもっと奥に行きます。
そこで気付きましたが、モデルさん衣装が小さすぎる?のかスリットがもう腰のあたりまであります。
というかこのモデルさん180ぐらい身長があって、さらにハイヒールと頭の飾り物で190超えてるんじゃないでしょうか?
さらに細いので、体のサイズに合わせるとそうなってしまうのでしょうねw
そしてこの日はなんかめっちゃ機嫌が悪そうです。


ようやく撮影開始です。実は55mmのレンズを忘れてきたので今日は135mmと15mmの2本だけです。
最初は135mmで撮影します。


撮影していて思いましたなんか。。。足出すぎですね。。。というかこれって元々こういう感じのつもりだったのか??

当のモデルさんはあまり気にならないようですね。機嫌が悪いのかと思いましたが、いつの間にかノリノリです。


主催者曰く

「骚一点」


と言ってましたが、骚(サオ)は乱れると言う意味です。



次々と場所を変え撮影していきます。
途中で広角のLAOWA15mmF2 ZERO-Dを使います。私はこのレンズ、開放で使うよりも一段絞ってF2.8にした方が解像度が上がるような気がするのでいつもF2.8にしています。

流し撮りしていますが、いまいちでした。この写真もLAOWA15mmですが、トリミングしています。

広角のパース効果で足がめっちゃ長いです。


場所を変え、最後は煙を使うようです。最近煙を使う事が多いです。。。もう好き勝手してますね

くるくる回転する場面ですが、α7S2だと全然ピントが合いません。

というか連写した写真は全てピンボケでした。
O-MDを持ってこなかったのが残念でした。


私は途中でもういいやって感じになってましたが、モデルさんはまだまだやる気なようです。
「ちょっと待って」という日本語はさんざん聞いているので分かるようです。
途中からあんたたちこれから日本語で話しなさいよと言ってきます。。。
今度変な言葉でも覚えさせようかなwwって感じです。


結局日が沈むまで撮影していました。

この庭園を出るころには真っ暗です。
まあここからまた一時間強の時間をかけて、上海中心まで戻るのですけどね。


この日は結構疲れました。最後は居酒屋で食事です。ビールがうまいです。

それではまた