異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

劉詩詩の醉玲瓏(Lost Love In Times ) 5話 古装、奇幻、爱情のドラマ。


醉玲珑というドラマが始まりました。 時代と舞台ですが、一応南北朝時代の西魏が舞台のようですが、余り時代劇とは言えない感じのドラマですね。
世界観は全くの架空とのことです。同一の名前の小説が元になっているようです。
これを時代劇に入れようか、最後まで見ようかどうか迷ってしまう感じです。。。。
主役の凤卿尘は劉詩詩が演じています。

5話

氷と雪の中で凤卿は自然からの攻撃をしのいでいます。危ない時に元凌がやってきます。
卿尘は元凌をののしります。
元凌はそれに笑って答えます。どんな雨風、刀山火海出あっても一緒に乗り切ると話します。
氷山が終わり、次は火山です。逃げられなくなり二人は溶岩の崖に手をつないで落ちていきます。
死ぬ時は一緒だと。。。


二人は亡くなってはいませんでした。刀山火海陣を乗り越えたようで、离镜天に落ちていました。

七皇子府で元湛は皇帝が离镜天に凤卿尘を救いに行った事を知ります。
彼の作戦では百姓と家臣たちに元凌は政治より色を重んじる愚昧であると思わせる予定のようです。
元湛の命令で秦国公らが率いる家臣たちが宮廷街で反対の抗議をしています。


この時离镜天では卿尘が桃殀長老より受け取った九转灵石を返しているところでした。
そして今後は凤卿尘という巫族は存在しないと宣言します。
刀山火海阵を抜けられた者は初めてだったようです。


式の日になりました。家臣たちは秦国公の亡骸の入った棺桶と共に跪居ています。
元湛が現れ大衆を落ち着かせますが、ここで何かを施したようです。


その時、元凌は赤い服に着替えていました。11に命令して秦国公棺桶の様子を見に行きます。
その者たちは既に亡くなっていましたが、すぐに暗巫により、ゾンビとしてよみがえります。

沿いの時、元安(前皇帝)も元湛の手紙を受け取ります。自分の為に死んでくれという事のようです。

式が始まります。祝福の花火が上がります。

この時、元凌はぼうっとする感じに襲われます。瞬間に毒の煙だと分かります。
謀反が起こりました。
元凌と卿尘は刀山火海陣出受けた傷が治っていません。
混乱の中で元安は自ら元凌の剣に刺さります。
これで元凌は父殺しとなります。。。。。
元湛はここで本性を現します。四皇子元凌は父を殺し、帝位を奪ったと。。。

元凌は覚悟を決めたようです。ここで二人で死のうと。。。

この時に桃殀が巫女達を連れて助太刀にやってきます。
そして桃殀は九转灵石を天に投げます。すぐに天地変色し、雨が降ります。
そして卿尘が九转玲珑陣を開くことにより、大魏は暗巫の手に落ちることからまぬがれると話します。

元湛が向かってくる中、元凌の後ろの卿尘は自分の血で灵石を回転させ、空間を停止させます。
卿尘は動かない元凌の前で、自分は結局やはり聖巫女だったと言います。
流行り貴方とは一緒になれないと、次にこういう事があれば、自分を愛さないでほしいと話し別れを告げます。
そして卿尘は九转玲珑陣まに飛びつきます。

感想

話の展開がものすごい急で、もう何が何だかという感じですね。
裏では暗巫というものが暗躍しているようですが、元湛がその黒幕なのでしょうか?その辺全然わかりません。。。